本日は火曜日の夜の音楽のひととき♪
第一線で活躍されているミュージシャンによりますリヴィングルームスタイルのライヴ「Tuesday Night Music Club」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴォーカリスト 長島 百合子さん、ピアニスト 楠 直孝さん、そしてヴァイオリニスト 北床 宗太郎さんによりますトリオユニット「P2V」です。

160524001

ヴォーカルとピアノとヴァイオリンのジャズトリオ、というユニークな編成はヴォーカルの長島さんが中心となって結成したユニットとのこと。

各セットのオープニングは楠さんと北床さんのインストゥルメンタルデュオでの演奏。
多彩なタッチと躍動感溢れるアドリヴが惹きつける楠さんのピアノと、心地よく伸びやかでスウィンギーな北床さんのヴァイオリンで、心弾むような「Manhattan」や、情感あふれる「Manhã de Carnaval」が演奏されました。

長島さんのヴォーカルはどっしりと存在感のある声。ブルージーな曲がまた似合うヴォーカリング。

おおらかに伸びやかに歌う長島さんに、歩調を合わせるように響く楠さんのピアノ。
そして絶妙に彩りを加える北床さんのヴァイオリン。
楠さんと北床さんのソリストの魅力と合わせて、アコンパニストとしてのすばらしさも感じられるトリオサウンド♪

2ndセットでは、長島さんが立ち位置をよりお客さまの近くに移してのライヴ。

160524002

臨場感がさらに増大!

ヴォーカルがあるトリオ編成のライヴですが、「今まさに音が創り上げられている」というライヴ感が、聴く側にはたまらない、ライヴで聴く魅力が迸るトリオのライヴでした。

ライヴで聴くのが愉しいジャズトリオ!

来場くださいました皆さまにとりましても、楽しい音楽のひとときでありましたならば、幸甚に存じます。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Manhattan
2. Beautiful Love
3. I Can't Give You Anything But Love
4. Like Someone In Love
5. There Will Never Be Another You
6. Come Rain Or Come Shine
7. I've Got You Under My Skin

<2nd Set>
1. Up Jumped Spring
2. Manhã de Carnaval
3. Taking A Chance On Love
4. Cheek To Cheek
5. No More Blues ("Chega De Saudade")
6. But Not For Me 
7. Bewitched
8. It's Only a Paper Moon

<Extra>
Ain't Misbehavin'

1st-1,2,2nd-1,2:楠さん&北床さんデュオ