本日は火曜日の夜の音楽のひととき♪
第一線で活躍されているミュージシャンによりますリヴィングルームスタイルのライヴ「Tuesday Night Music Club」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴォーカリスト EMiKO VOiCEさんとベーシスト 安田 幸司さんによりますデュオユニット「Gibier」です。

160517001

声とベースというシンプルな1対1のユニット。
ヴォーカルとして、そして究極のインストゥルメンタル楽器として「声」を操るEMiKO VOiCEさん。
安定したウォーキングで、スウィンギーな安田さんのベース。

EMiKO VOiCEさん作の日本語歌詞「Donna Lee」の歌詞ではありませんが。
「帰る場所があるから安心して遊びも仕事も自由にできる」。
そんな信頼感で結ばれたような「Gibier」のサウンドは、緩急のダイナミズムの歩調がぴったりで、プロダンサーの優雅なペアダンスを観るようです。

また、当店では生声&生音での演奏。
だからでしょうか?
ヴォリュームの強弱のダイナミズムもすばらしく、とくにピアニッシモのさらに弱音とも言うべき音でのデュオは、その繊細さに惹き込まれてしまいます。

EMiKO VOiCEさんに「ヴォーカルとベース」でこの曲をやりたい!
と思った「Little Willie Leaps」はもちろん、スウィンギーなジャズナンバー「Mr. Paganini」、そしてEMiKO VOiCEさんのスキャットとベースのデュオによるブラジルのインストゥルメンタル曲「Forró Brasil」など。
ジャンルにもとらわれることなく、「Gibier」のサウンドは紡がれます。

今回のライヴでも、ビタースウィートな「Teachers pet」、ブルージーなジャズ「Moanin'」、そしてA.C.Jobimのバラード「Se Todos Fossem Iguais A Você」といった新たな曲もリストインされていました。

ますます愉しみな「Voice & Bass」の世界♪

来場くださいました皆さまにとりましても、楽しい音楽のひとときでありましたならば、幸甚に存じます。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Honeysuckle Rose
2. All Blues ~ Chovendo na Roseira
3. Skylark
4. Little Willie Leaps
5. Teachers Pet ~ Teach Me Tonight
6. Moanin' 

<2nd Set>
1. April In Paris
2. Mr. Paganini
3. A Nightingale Sang In Berkeley Square
4. Forró Brasil
5. Se Todos Fossem Iguais A Você
6. It Could Happen To You
7. Donna Lee (日本語歌詞:EMiKO VOiCEさん)

<Extra> 
Twisted