本日は火曜日の夜の音楽のひととき♪
第一線で活躍されているミュージシャンによりますリヴィングルームスタイルのライヴ「Tuesday Night Music Club」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニスト 斎藤 タカヤさんとベーシスト 伊藤 寛康さんによりますデュオ・ユニット「Project Duo」です。

160426001

日本のラテン音楽を牽引するベーシストとピアニストで結成されたデュオ。
ですが、お二人がデュオで創りだす音楽はラテンの枠に収まらず、音色も表現も自由で多彩!

オープニングは「Project Duo」のアルバムにも収録されている斎藤 タカヤさんのオリジナル曲「Outsteps」。
ラテンの期待をいい意味で裏切るファンクなサウンドで幕開けしました。
そして次に、斎藤さんがメロディオンを取り出して演奏したのがボサ・ノーヴァの名曲「Wave」。

ラテンの演奏は12人以上の編成で演奏されることが多いそうですが、そんなラテンの名曲をデュオで奏るチャレンジ溢れる「A Maria Cervantes」。
そして、同じくアルバム収録曲の伊藤 寛康さんのオリジナル曲「Juramento」 。
こちらはフラメンコのブレリアのリズムをベースにしたもので、1stセットの演奏曲はすべて曲調が異なる編成となりました。
まさに、Project Duoならではのサウンドとコンポーネント!

2ndセットは、ジャズのスタンダードをProject Duoならではのサウンドで演奏くださいました。
アルバム収録曲のうつくしいバラード「Lawns」 、そしてラテンのエスプリが利いたアレンジが面白かった「All The Things You Are」などなど。
ライヴの最後の曲は、ラテン界の奇才 エディ・パルミエリの「Adoracion」。
そしてアンコールは、ブラジル音楽界の奇才 ジョアン・ドナートの「Amazonas」 でした。

軽妙かつ博識溢れるMCと、軽快でかつ濃密なデュオサウンドのライヴ。
Project Duoのこれからのプロジェクトがますます愉しみです♪ 

来場くださいました皆さまにとりましても、楽しい音楽のひとときでありましたならば、幸甚に存じます。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Outsteps (斎藤タカヤさんオリジナル曲)
2. Wave
3. A Maria Cervantes 
4. Juramento (伊藤寛康さんオリジナル曲)

<2nd Set>
1. Lawns
2. All The Things You Are
3. On Green Dolphin Street
4. Adoracion

<Extra> 
Amazonas

1st-2,2nd-3:with melodion by 斎藤タカヤさん