本日は火曜日の夜の音楽のひととき♪
第一線で活躍されているミュージシャンによりますリヴィングルームスタイルのライヴ「Tuesday Night Music Club」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、クロマチックハーモニカ奏者のマツモニカさんとギタリストの長澤 紀仁さんによりますデュオユニット「もにじん」です。

160412002

ブラジル音楽を中心に、ビートルズやバカラックの曲など、旋律のうつくしい曲をハーモニカとギターとのハーモニーで演奏する「もにじん」。
当店でのライヴでは、毎回、完全な生音での演奏のライヴを行っていただいています。
完全生音環境だから表現できる音の響き、演奏のダイナミズム。
自然な音の響きと繊細な音の表現で、うつくしい「もにじん」のハーモニーが心地よく身体に伝わります。

今回のライヴでは、今までの演奏ではなかった選曲もいくつかありました。
長澤さんの車の免許の教習所通い中のエピソードを元に生まれたオリジナル曲、「Lica's Dilemma」。
長澤さんのエピソードを聞いてから聴くと、その表さんとする情景が浮かんできます。

タンゴ界の革命児ピアソラの曲「Oblivion」では、マツモニカさんが重音演奏を組み入れたりと、さながらバンドネオンのような音色で演奏されました。

世界でもっともカヴァーされている曲「Garota de Ipanema」は、長澤さんが全面プロデュースされたミュージシャンのアルバムのアレンジヴァージョンで、ビートルズの名曲「Here, There and Everywhere」はブラジルの古い音楽スタイル「ショーロ」のリズムをベースに長澤さんがアレンジされたヴァージョンで、と演奏はもちろん、アレンジも「もにじん」ならではの曲でした。
 
ブラジル音楽ライヴでは、「Feel Brasil!」限定メニューとしてブラジル名門ワイナリー サルトン社のワインをマリアージュするのですが、今回セレクトしたのは「SALTON スパークリングブリュット」です。
サルトン社はブラジル本国でスパークリングワインのシェアを40%持っています。
それだけ広く愛されているワイン。
広く愛されている曲をブラジルテイストで愉しませてくれる「もにじん」の音とマリアージュしてみました。

来場くださいました皆さまにとりましても、楽しい音楽のひとときでありましたならば、幸甚に存じます。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Desafinado
2. Corcovado
3. Lica's Dilemma (長澤さんオリジナル曲)
4. Oblivion 
5. Você e Eu
 
<2nd Set>
1. Olhos nos Olhos
2. Garota de Ipanema
3. Here, There and Everywhere
4. Amazon River 
5. Baião Barroco

<Extra>
Lamento