本日の講義は、先ず前半は前回の販促で扱ったPOPの追加説明。
いいPOPとはどういったものか?
といったことについて、念頭におくべきこととテクニック的なことの両面を教わる。

後半は「運営計画」として、作成すべきマニュアルの紹介と概要の説明を受けた。
ここで言うマニュアルというのは、オーナーがカフェを運営するに当たり、細かな事柄一つ一つに至るまで、「どうあるのが望ましいことなのか」ということを文章化したもの、を意味する。

例えば、キッチンのマニュアルでは「フライパンはどこにあるのが正常か」とか、「床はどういう状態が掃除をしたといえる状態か」といった清掃マニュアルなどなど。

オーナーが「こうありたい。こうしたい。」ということをスタッフ全員が実践できるようにスタッフに伝えるためのもの。それがマニュアルとなる。

作るのは大変かもしれないが、なるほど、一つ一つ文章化することで、より自分のカフェの「在るべき状態」というのを明確化できる、と思う。