本日は火曜日の夜の音楽のひととき♪
第一線で活躍されているミュージシャンによりますリヴィングルームスタイルのライヴ「Tuesday Night Music Club」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニスト 斎藤 タカヤさんとベーシスト 伊藤 寛康さんによりますデュオ・ユニット「Project Duo」です。

151208001

「Orquesta de la Luz」に2014年まで在籍されていた伊藤さんと、「Orquesta de la Luz」の現役ピアニストの斎藤さんとのデュオは、日本のラテン音楽を牽引するベーシストとピアニストで結成されたデュオ。
ですが、お二人がデュオで創りだす音楽はラテンに留まらず、音色も表現も自由で多彩!

今回のライヴでは、「Project Duo」のアルバム収録曲を中心ではありましたが、それでもジャズのスタンダード・ナンバーなども取り入れての演奏でした。

オープニングはスティーヴィー・ワンダーの曲、「You Are The Sunshine Of My Life」。
ジャズのスタンダード「For All We Know」では、しっとりしたバラード調で、でもdown southなアレンジで演奏。

博識でありつつも軽妙な伊藤さんと斎藤さんのMCを織り交ぜながら、ラテンの名曲や「Project Duo」のために作曲されたお二人のオリジナルを演奏くださいました。

151208002

斎藤さんも伊藤さんも、マイクを使って、歌やコロ、ヴォイスパーカッションにヴォイストロンボーン、メロディオンにパルメと、ライヴにして幾重にも音を創りながら演奏されました。

またお二人の真骨頂のラテン曲も、本来はサルサ調の「A Maria Cervantes」はアフロキューバンリズムのルンバ調で、ジャズのスタンダードにもなっている「What a Difference a Day Made(邦題:緑は異なもの)」の原曲でメキシコではボレロで演奏される「Cuando Vuelva A Tu Lado」はチャチャチャのリズムで、と斎藤さんと伊藤さんのデュオならではのアレンジで演奏くださいました。

斎藤さんと伊藤さんのこれからのプロジェクトも楽しみな「Project Duo」のライヴでした。

来場くださいました皆さまにとりましても、楽しい音楽のひとときでありましたならば、幸甚に存じます。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. You Are The Sunshine Of My Life
2. For All We Know
3. A Maria Cervantes 
4. Setembro
5. Juramento (伊藤寛康さんオリジナル曲)

<2nd Set>
1. Lawns
2. Cuando Vuelva A Tu Lado
3. Outsteps (斎藤タカヤさんオリジナル曲)
4. Pillow Talk (斎藤タカヤさんオリジナル曲)
5. Adoracion

<Extra> 
赤とんぼ

1st-4,2nd-1,Extra:with melodion by 斎藤タカヤさん