おかげさまで、2015年10月22日の営業を終えることができました。
2006年10月22日にスタートして10回目の「10月22日」です。

Dare allegria e la cosa più bella che cí sía al mondo.」 
「喜びを与えることは世界で一番ステキなことです」
というイタリア語ですが、茗荷谷にお店を構える前から、お店をやろうと決めた時のモットーにしていた言葉です。

そこからお店を続けていくに従って、理屈ではなく、感性に従ってメニューだったりイベントだったりを取捨選択していくことで、「ココロとカラダの健康」というキーワードが浮き彫りになってきました。

そして「ココロとカラダの健康」を実現するためには、私たちと共生関係にある「腸内フローラ」を喜ばせてあげること、というところにつながってきました。

頭で考える理屈ではなく、自分の感性の方が自分の目的をよく理解しているようです。
まるで、自然の中から法則を理解するように、やはり自分という自然があらかじめ持っているようです。

「腸内フローラ」という言葉でクリアになり、私たちのお店もネクスト・ステージに進むことになりそうです。
これからも、いろんなものがより明確になっていくのが楽しみです。
「変化する」ことは唯一の自然の法則。
どんな変化を遂げていくのか、私たちも楽しみです♪

151022000