本日は、火曜日の夜の音楽のひととき♪
第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏を、リヴィングルームスタイルでお聴きいただきますライヴ、「Tuesday Night Music Club」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリスト 山口 友生さんとベーシスト 若林 美佐さんです。

150922001
 
友生さんと若林さんは、共演機会はあるもののデュオでというのはあまりない、という貴重な編成でのライヴとなりました。

友生さんの指弾きでのアコースティックサウンドは、モダンジャズのスウィングとクラシックギターの音色が融合したようなサウンド。
そこに、若林さんの厚みのあるベースの指弾き音が融合する指弾きストリングスの音色が、床と壁が木材の当店の中で心地よく共鳴しました。

曲は、ジャズのスタンダード、ボサノーヴァ、そしてバート・バカラックの曲が、バランスよくセレクト。
フレーズの進行の美しさが、友生さんと若林さんの奏法でさらに美しく表現される曲がセレクトされました。

友生さんといえば、ウクレレでジャズのスウィングが演奏できる方。

150922002

今回は、2曲、若林さんのベースとのデュオにて演奏くださいました。

若林さんのベースをフューチャーした曲も2曲セレクト。
重厚な雰囲気のバラードと、弾むような気分にさせてくれる(でも失恋の)曲がセレクトされました。

友生さんがラジオで耳にしたある温泉場のエピソードから着想したオリジナル曲。
出来上がった曲が爽やかな午後のイメージになったことから付いたタイトルが「スクール水着の午後」 。
この不思議な曲の誕生秘話は、ぜひ友生さんのライヴ会場でお聞きください。

ラストの曲は、デューク・エリントンのスウィンギーな曲を、ブルージーな感じで演奏くださいました。
アコースティックな弦楽器のデュオサウンドの心地よさに満ちたライヴでした。

来場くださいました皆さまにとりましても、楽しい音楽のひとときでありましたならば、幸甚に存じます。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Beautiful Love
2. I'll Never Fall In Love Again
3. Like Someone In Love
4. You Don't Know What Love Is
5. Wave

<2nd Set>
1. One Note Samba
2. I Let A Song Go Out Of My Heart
3. スクール水着の午後 (友生さんオリジナル曲)
4. Look Of Love
5. Things Ain't What They Used To Be

1st-3,2nd-1:Ukulele by 山口 友生さん