本日は火曜日の夜の音楽のひととき♪
第一線で活躍されているミュージシャンによりますリヴィングルームスタイルのライヴ「Tuesday Night Music Club」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、アルトサックス奏者の菅野 浩さんとギタリスト 佐津間 純さんです。

150609001

主に横浜でデュオ・セッションされている菅野さんと佐津間さん。
当店の「Tuesday Night Music Club」には2度目の出演です。

ある方の引き合いで初めてデュオ演奏をされた時に、菅野さんと佐津間さんがそれぞれ持ち寄ったのはバラードばかりだったそうです。
お互いに「この曲を一緒に演ったらいいだろうなぁ」と選んだのがバラード、ということを彷彿させるように、菅野さんのサックスの音色と佐津間さんのギターの音色は温かみがあり、聴いている私たちの芯からリラックスさせてくれます。

今回は初デュオの時に菅野さんが用意された曲の中のひとつ「Late Lament」 と、佐津間さんが用意された曲の中の一つ「Listen To The Dawn」を演奏してくださいました。
またお二人のデュオでは珍しいブルースも取り上げてくださいました。
演奏された曲は、「ここぞと言う時のブルース」として佐津間さんが選ばれた「Bag's Groove」 。
佐津間さんも参加された菅野さんのアルバム「LANDMARK BLUE」に収録されている曲「I Wish You Love」は、アルバムとは違ってボッサ調で演奏してくださいました。

また菅野さんが大好きな手嶌 葵さんが映画「コクリコ坂から」で歌われた「さよならの夏」 を、菅野さんのクロマチックハーモニカで演奏してくださいました。

菅野さんが「柔らかなトーンとメロディアス重視のスタイルを踏襲している」と公言されている巨匠ポール・デスモンド。そのポール・デスモンドの曲ももちろん演奏くださいました。

うつくしい曲をよりうつくしく。
菅野さんと佐津間さんのデュオの真髄をたっぷりと聴かせていただきました♪

来場くださいました皆さまにとりましても、楽しい音楽のひとときでありましたならば、幸甚に存じます。

♪♪♪♪♪♪♪  ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. When It's Sleepy Time Down South
2. I Wish You Love
3. Bag's Groove
4. Late Lament
5. Line For Lyons

<2nd Set>
1. Listen To The Dawn
2. Vivo Sonhando
3. さよならの夏
4. Just Friends
5. Take Five

<Extra>
I Need To Be In Love 

2nd-3, Extra:Chromatic Harmonica by 菅野さん