本日は火曜日の夜の音楽のひととき♪
第一線で活躍されているミュージシャンによりますリヴィングルームスタイルのライヴ「Tuesday Night Music Club」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ブラジル系ヴォーカル TOYONOさんとギタリスト 竹中 俊二さんです。

150324001
 
TOYONOさんのオリジナル曲、そしてバンドサウンド作りのキーマンである竹中さんとのデュオ・セッション。
1st セットでは、TOYONOさんのバンドで演奏される曲をデュオ・ヴァージョンで演奏くださいました。
TOYONOさんのライヴでは必ず演奏される「Rock with you」 ももちろん、竹中さんアレンジヴァージョンでの演奏。
ほかにも、ジャヴァンやタニア・マリアの名曲も、竹中さんの厚みのあるギターの演奏とTOYONOさんの歌唱にて、かっこいいサウンドとして堪能させていただきました♪

2nd セットのオープニングはお客様のリクエストで、「garota de ipanema」。
これをオリジナル・ヴァージョンと竹中さんアレンジヴァージョンのミックスで演奏くださいました。

ブラジルでのライヴでは、観客が大きな声で歌うのが常とのこと。
なので、TOYONOさんは、ご自分のオリジナル曲をお客様が一緒になって歌ってくださるのが夢なのだそうです。
そんなありがたい夢を私たちのお店でのライヴでは、いつもご用意くださっています。
今回はTOYONOさん作詞/伊藤 陽一郎さん作曲の「Brasilian Colors」のコーラス部分の発音と歌唱指導をいただき、TOYONOさんと竹中さんの演奏とともに皆さんで歌いました。
さらに、TOYONOさんの師匠 マルコス・スザーノさんが名付けた造語「afríssima」 、そして過去2回歌唱指導いただいたTOYONOさん作詞/竹中さん作曲の「três-marias」 と、3曲続けてコーラス参加型の演奏をしてくださいました。
ライヴの度に曲が増えていくのも、当店でのTOYONOさんと竹中さんのライヴの楽しみのひとつです♪

C. Coreaの名曲「Spain」 のポルトガル語ヴァージョンで締めたあと、アンコールに演奏くださいましたのは「one note samba」。これも竹中さんのアレンジ・ヴァージョンで演奏いただきました。

聴いて楽しい、そして参加して楽しいTOYONOさんと竹中さんのライヴ♪

来場くださいました皆さまにとりましても、楽しい音楽のひとときでありましたならば、幸甚に存じます。

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. flor de liz (Djavan)
2. Funky tamborim (Tania Maria)
3. Rock with you (Rod Temperton)
4. Cara Valente (Marcelo Camelo)
5. Popó (Chico Pinheiro/ Aldir Blanc) 
6. samba dobrado (Djavan) 

<2nd Set>
1. garota de ipanema (Vinícius de Moraes/Tom.Jobim)
2. 君は1000%(有川正沙子/和泉常寛) *ポルトガル語ver.
3. Brasilian Colors (TOYONO/伊藤陽一郎)
4. afríssima (TOYONO)
5. três-marias (TOYONO/竹中俊二)
6. Spain (C. Corea/Joaquin Rodrigo/Al Jarreau/Yana Purim)

<Extra> 
one note samba (Tom Jobim/Newton Mendonça)