4月10日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Saturday Afternoon Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴォーカルの萱原 恵衣 さんとピアニストの上長根 明子さんです。

210410001

火曜日の夜に開催する予定でした萱原さんと上長根さんの生演奏。
今回は、土曜日のお昼間に時間を変更して開催となりました。

季節は春
青空広がる午後
場所はカフェ

そんなシチュエーションにぴったりの曲を選曲、演奏くださった午後。

オープニングは萱原さんのバードコール演奏から「Skylark」。

ボサノバの曲や、「Close To You」をサンバ調で歌ったりと、春の午後らしいアレンジがあったり。
カフェにちなんだ選曲があったり。

「世界は愛を求めている」、「そよ風の誘惑」、「恋よ、さようなら」といったタイトルで日本でもお馴染みの曲を取り上げたり。

甘いメロディ、とはうらはらなちょっとビターな歌詞の内容紹介も交えつつ、
ラジオ番組のプログラムのようなトークと演奏が続きます。
ただ、ラジオと違うのは、ナビゲーターとリスナーが同じ空間にいる、ということ。
リアルタイムでの交流が、生演奏とトークに彩を添えます。


セット中、上長根さんのピアノソロでは、このたび新たにリリースされるニューアルバムに収録されている上長根さんのオリジナル曲が演奏されました。
2ndセットの「Walking on air」は、そのアルバムリリースライヴのチラシをみて、お客さまが気になる、とリクエストされた曲。
こんな交流も“生演奏”ならでは。


今の時期
とても大切な通過儀礼を経験する機会を奪われる方もいらっしゃることでしょう。
卒業写真」を演奏されて、聴くことで、改めてその経験の貴重さを感じました。


そんなご時世ではありますが、
それでも“人生って 輝く太陽みたいにもなる”ものなんです。
ご機嫌に過ごすことができるんです。

なぜって?

リズムがある
音楽がある
愛する人もいる
他に何が必要?

アンコールとして演奏された曲「I Got Rhythm」の歌詞から、そんな元気をいただきました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ステキな演奏とともに歌詞の世界をも味わう生演奏のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Skylark
2. Tangerine
3. Have You Never Been Mellow
4. Tea For Two
5. ポロポロ (上長根 明子さんオリジナル曲)
6. What the World Needs Now Is Love
7. One Note Samba
8. If I Had You
9. Close To You

<2nd Set>
1. In My Life
2. I'll Never Fall in Love Again
3. Honey Suckle Rose
4. I Wish You Love
5. Walking on air (上長根 明子さんオリジナル曲)
6. Calling You
7. 卒業写真
8. Like A Lover

<Extra>
I Got Rhythm

1st-5,2nd-5:pianoforte solo by 上長根 明子さん