9月21日は、ハッピーマンデーの午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏をお楽しみいただく「アフタヌーンティーライヴ」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、フルート奏者の 坂上 領 さんとヴァイオリニストの 帆足 彩さんによるデュオユニット「ぽよDUO」です。

200921001

子供は夢を膨らませ、大人は子供の心を取り戻す、ほんわかぽよよ~んラテン系脱力バンド「チャランガぽよぽよ」の発起メンバーの坂上 領さんと帆足 彩さんで結成されているデュオ・ユニット「ぽよDUO」。

エンターテインメントに関しては、提供する方も、提供する場を運営する方も、愉しむ方も、
春も梅雨も、夏さえも通り過ごしたロングバケーションを経験した年。
通り過ぎた季節を愉しむかのように、帆足さんは浴衣姿、坂上 領さんは「傘のデザインシャツ」の舞台衣装でした。

カフェ・ユーでの「ぽよDUO」生演奏のオープニングはリコーダーデュオ演奏。
これはカフェ・ユーでしか聴けないアンサンブルとのこと。

ヴァイオリンとフルートのアンサンブルでしっとりうっとり系としては、唱歌の「夏の思い出」、そして2ndではベートーヴェンのピアノソナタが新ラインナップとして加わりました。
今月の展示、カリグラフィーアートの中に、たまたまベートーヴェンの残した言葉の作品があり、坂上 領さんの朗読も付いての演奏。アートと生演奏の偶発的なコラボレーションとなりました。

お客さん参加型ぽよDUO曲「ブローチのうた」。
お客さまからの提案「おかあさん」からヒントを得て、帆足さんが大好きだった「おじいちゃん」バージョンで今回は演奏。
そして、これもぽよDUO恒例「テキーラバトル」。
今回のお題は「“夏”と言えば」、結果は・・・

エンターテインメント界もロングバケーションから、さまざまなニューノーマルの導入とともに開け始めています。
Over The Rainbow」は、とある舞台のニューノーマルを体験された坂上 領さんの思い出の曲でした。

また今回のお初曲、そのタイトルは「あかねちゃん」。
チャランガぽよぽよをご存知の方は、このタイトルが表す意味もご理解いただけると思います。
「坂上くん」を作曲した茜ちゃんへのエール曲です。


演奏もMCも、生演奏が終わったあとの泡アワーも
演奏されたミュージシャンの方も、来場くださったみなさんも
本当に本当に「愉しい」という感情が溢れていました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ほんわかぽよよ~んデュオによるいろんな心のこもったタノシイオトのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. いつも何度でも
2. 夏の思い出
3. チャランガぽよぽよのテーマ (チャランガぽよぽよオリジナル曲)
4. 雨上がりの空  (帆足彩さんオリジナル曲)
5. ブローチのうた  (帆足彩さんオリジナル曲)
6. Englishman in New York 
7. Tequila:“夏と言えば”編
 
<2nd Set>
1. いのちの名前
2. ベートーヴェン ピアノソナタ8番 悲愴第二楽章
3. Over The Rainbow
4. アタラシイオト (坂上領さんオリジナル曲)
5. あかねちゃん (坂上領さんオリジナル曲)
6. まるぼっち (ぽよDUOオリジナル曲)

<Extra>
Under The Sea

1st-1:リコーダーデュオ
1st-5:帆足 彩さん on Vocal, percussion & 坂上 領さん on Andes
2nd-1:帆足 彩さん on Vocal & 坂上 領さん on pianoforte