U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

Las Chicas

Las Chicas
このカフェは7/11に原宿のKoots Grean Teaの見学に行った際に、講義の先生に2軒目として紹介をされたカフェ。

オープンカフェの老舗とのことだった。
カフェの雰囲気は一言で言うと、欧風。
店員さんも来店しているお客さんも外国籍の方が多く、そこかしこのテーブルからは英語での会話が華やいでいた。

スタイルはアルコールも飲めてご飯もしっかり食べられる感じ。お店の一角では料理の撮影もされていて、結構取材で取り上げられるお店とのこと。

お店の雰囲気でくつろぐというよりも、楽しみたい仲間と訪れてそれぞれでくつろぐ、といったスタイルのよう。
いい意味で、ほっておいてくれる感がいかにもヨーロッパ的だな、と思う。(といってもイタリアに一度しかまだ行ったことがないのですが・・・。)
--------------------------------------
アクセス:地下鉄 千代田線 表参道駅 B2出口を出て青山通り(R246)沿いを渋谷へ向かう。
 無印良品が角にある筋を右に折れた入った道の左手にある。

ECRU

ECRU
これでエクリュと読みます。
エクリュとはフランス語で「生成(きなり)」という意味。ナチュラルなエコライフをお客とともに分かち合う、というのがこのお店のコンセプト。
オーガニックそして自然(有機食材)を素材コンセプトに食事、飲料のメニューが取り揃えられている。

今日入った時はBGMにはハワイアンのバラード系が掛かっていた。

今日はオーガニック・コーヒーを注文。

このお店は調度といい、店に展示された販売品といい、とても落ち着く感じが気に入っているお店。
代官山駅からはちょっと歩くのが難点だが、バプテスト教会のすぐ前にあるので、教会に用事のある人にはいいくつろぎ場になっているものと思う。
---------------------------------------
アクセス:東急東横線 代官山下車。
 旧山手通りに出て渋谷(R246)の方に歩いていく。
 東京バプテスト教会を過ぎてすぐ、クリーム色の外壁と緑色の扉が目印。
 近くには西郷山公園もある。

eau cafe

eau cafe
これで「オゥ カフェ」と読みます。

最寄駅は代官山。
渋谷から東急東横線で一駅なのに、人の量も流れも落ち着いた感じなのはなんなのでしょう?

このカフェはビルの3Fにある。
のに、人が満席に近い状態。
お店の雰囲気は間接照明の感じやテーブル・イスの調度類、インテリアなどナチュラルな感じで落ち着く感じ。
BGMは耳に心地好いJazzが掛かっていた。

メニューで見ると食べ物の種類も豊富にあった。厨房は2人が並んで立てるのがやっとなほどの幅であるが、効率よく対応しているんだろうなぁ・・・と感心。

テーブルのレイアウトはテーブルの間はそんなに広くない。が、ゆったりとした感じがあるのは不思議。

このカフェではミネラルウォーターのペリエを注文。給仕はペリエの瓶(ノーマル)が蓋を緩めた状態とグラスのセットで出される。
グラスにはライムの8つ切りを刺してある。
ライム汁をお客に搾らせるのはいい方法だと思った。
が、できたらレモンかライムかの選択ができたらいいのにな、と思う。
それと搾った後の果実の置き皿もほしい。

とはいえ、雰囲気は最高に良かった。
夜になるともっと雰囲気がいいのでは? と思うカフェ。
---------------------------------------
アクセス:東急東横線 代官山駅下車。
 代官山アドレス沿いに渋谷側に道を下る。
 末廣ビルの3Fにあります。

スターバックス SHIBUYA TUTAYA店

今日は自分を含めて学友3名と代官山のカフェ探索を行った。
待ち合わせ場所にしたのは、スターバックスSHIBUYA TUTAYA店

待ち合わせ時間の15:00よりも30分ほど早く店に入る。
今日は暑いためか、それともいつもそうなのかとにかく人が多い。
注文をレジにする前、注文後に商品をもらうまでにすこしづつ待つ。
レジに行くまでにメニューを渡され、レジに案内される頃には注文を決めていた。
そして商品をもらうところでも列を作って待たされ、店員が購入品を各お客に確認をして、出来上がった順番に注文品をお客に渡していた。

人の流れが多いお店ならではの工夫が見られた。
2階の席は予想通り満席状態。
2階へ上がる階段の踊り場にはスタンドタイプのテーブルが用意されている。
ここも満席になると、2階で座りたいお客は階段に腰を掛けて待っている状態。
しょうがないとはいえ、見た目にはあまり好ましい状態ではない。

さばききれない来客量というのも問題だな、と思いながら合流者を待っていた。
------------------------------------
アクセス:渋谷駅 ハチ公口出てスクランブル交差点の正面。FrontQの1・2階。

DAY 6 講義:コンセプト カフェ講座

本日のテーマは[コンセプト]

授業の前半は、課題となっていたカフェのリサーチ報告の発表会。
生徒全員がそれぞれの視点で発表をした。
同じ店なのに、それぞれの注視している点や感想が違うのが面白かった。
この感想の違い、特に「好き・好ましくない」がお店のユーザターゲットと合致しているかどうかが大事となってくるのだろう。

また発表の中で、「自分が過ごしたいシチュエーションによってカフェを変えている」という意見もあった。
自分のカフェ像を想像する上で、いろいろと参考になる意見が多かった。

リサーチ報告で時間を多く費やしてしまったために、「コンセプト」についての授業はやや駆け足となった。

授業では、「コンセプト」の定義とコンセプトを組み立てていく方法、いわゆるコンセプトワークについての説明を受けた。

コンセプトはマーケティング視点に立って言うと「戦略的な独自性」になる、とのこと。
自分のお店はどういったところにこだわり、どういった特徴があり、誰を対象に商売をするのかを具体的にしたもの、それがコンセプトとなる。

そしてそのコンセプトについて、
?何を売るのか?/何を売りとするのか?
?どういった形態で売るのか?
?誰をターゲットにするのか?
を具体的に決めていくのがコンセプトワークである。
これをより詳しくするには6W2Hに沿って書いていくことが良い、と説明を受ける。

今日の課題として、「言葉の連想」によって自分のイメージするお店を表現する、ということが出された。
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード