U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

【Salone Report】 2020.2.16 人生を愉しくする「フローライフ」習慣

2月16日は、「おひるねヨガ」によって「頭を占め続けるモヤモヤ」がすっきりすることで、自分のやりたいことや、自分を大切にすることに気付くということを参加くださった方に実際に体感していただいておりますサローネ、「人生を愉しくする「フローライフ」習慣」を開催しました。
参加くださいました皆さま、ありがとうございます♪ 


「フロー」という状態は、
最高にリラックスしていながら、意識もはっきりしていて、かつ集中して行動ができている状態」で、それが「本来の状態」というのが私たちの解釈です。


今回は初めての参加の方も含めて、職業も、住んでいるところも、今までの経歴も、今置かれている状況もさまざまな方が参加されました。
アイスブレイクトークのあと、鈴木めゆさんによる「おひるねヨガ」をみなさんで行いました。

200216001

おひるねヨガ」は認知症の方へのヨガ、小学校低学年のヨガ、赤ちゃんや小さな子とお母さんのヨガ、妊婦さんなど、ヨガをするのが難しい方々でもできるヨガとして、めゆさんが伝えているヨガで、「普段着から着替えることなく、靴を履いたまま、座ったままの状態でもできるヨガ」です。

おひるねヨガ」で大切なこと。
それは手で全身に触れてあげること。
そして手から伝わって来る身体のさまざまな情報についてはジャッジせずにただただ受け入れること、です。
身体が硬いからといって、なんとかしようとしない。「どうしてこうなった」と責めもしない。
もし何かをしたいと思うならば、「こうなるまで頑張ってくれていてありがとう」と感謝の言葉を掛ける。

今回の「おひるねヨガ」で特に行ったのが「長い呼吸」をすること。
肺には7億個の肺胞があるそうで、そのすべての肺胞に酸素を届けてあげることを意識すると大きく深い呼吸になります。
さらに、脳は同じ量の筋肉の10倍の酸素を使うそうです。
だから脳をしっかり働かせるためにも、たくさんの酸素を取り入れてあげることが大切なのですね。 


おひるねヨガ」のあとは、食による脳のお片付け習慣「徳し人メニュー」 とともに「おしゃべりカフェ」。

本日の「徳し人メニュー」 は「カポナータ」を実食していただきました。


200216002

今回の「フローライフ習慣」の告知の中で触れたこと。それは「宇宙の未知の部分90数%と脳の未解明の領域90数%は何?」ということでした。
鈴木めゆさんが思ったのは、「90数%は“”ではないか?」 です。
これはアインシュタインが娘さんに送った書簡の中でも触れていることです。

そして2月は聖ヴァレンタイン・ディがある月。
海外では、恋人、だけではなく友人や家族などの間でプレゼントを贈り合う日で、ポピュラーなのは「花束」です。
なので、今回の「徳し人メニュー」は、花の部分を食べる野菜(ミョウガ、菜の花、ブロッコリー、カリフラワー)だけで作ったカポナータ、「食べるブーケ」 です。


おしゃべりカフェ」では「愛」を軸におしゃべりを展開しました。
なぜ未知の部分90数%が愛と思うのか、それはその部分がきちんと働いているから私たちは生命活動をきちんと行えているから。
90数%は常に私たち一人ひとりを「生かそう、生かそう」としている。

ではなぜ、4%が私たちに委ねられているのか?
そんな疑問から「おしゃべりカフェ」は展開していきました。

参加された方の経験なども通じて、とてもステキな話が展開されました。
「愛」を与えること、さらには「自分は何ものかに守られていること」は女性の方は感覚的に、体感されているようです。

与えるためにはまずは自分が満たされること。そのためには、「自分が愛されている」ということを自覚すること。


「フローライフ習慣」、次回は3月22日に開催いたします

【Salone report】 2020.2.12 「自分をしあわせにする生き方術」講座

2月12日は、スペシャルサローネ「自分をしあわせにする生き方術」講座を開催いたしました。
ご参加くださいました皆さま、ありがとうございます。

200212001

本講座では、講師を務めてくださる芸歴44年、歌って踊って話せるマルチタレントとして、またプロ和太鼓チーム「太鼓打 魁」の主宰として活躍されている よしだもみじ さんが自ら経験して感じ取られたこと、実践されていることを惜しげもなくお伝えくださいます。

本日の講座も盛りだくさんの智慧をお伝えいただきました♪

今回も今までお伝えくださった「しあわせになるための智慧」のおさらいから。
質問形式で、改めてお伝えくださったことを再確認するのと同時に、実践しているかどうかの確認もされます。

また、今月も毎月の筆記課題の質問がありました。それは、
自分が幸せだと感じること/思うことをひとつ
自分自身がこうしたい/こうなりたいと思うことをひとつ
自分のできること/得意なことをひとつ
最近見た夢
自分にとって一番大切な人
そして、
よしだもみじさんに聞いてみたいこと
です。

今回も素朴な疑問から深い質問まで、よしださんはみんなの質問にお答えくださいました。


今までの講座でよしださんがお話くださった内容のおさらいのあと、今回の講座で新たにお話くださったのは「しあわせの4原則」として、毎日唱えると良い4つの言葉を教えてくださいました。
そして孔子の言葉で、「耳順」という言葉についての解説もありました。

“自分のもの”にしさえすれば効果が確実に現れる智慧がたくさん盛り込まれた講座。
日々是実践♪

次回は3月11日です。
「自分自身を幸せにしたい方」、お待ちしております♪

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.02.11 ヤマカミヒトミ( a-sax. ) & 佐藤 直子( perc )

2月11日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、アルトサックス奏者の ヤマカミヒトミ さんとパーカッショニストの 佐藤 直子さんです。

200211001

カフェ・ユーでのヤマカミヒトミさんと佐藤 直子さんとのライヴでは、ヤマカミヒトミさんのソロワークパート、そして佐藤 直子さんとのデュオ演奏パートで構成されます。

ヤマカミヒトミさんのソロワークパートは、アルトサックス、そして木製フルートを、曲想に合わせて持ち替えて演奏されます。
「単音楽器ひとつでどこまでできるか?」
という試みで始められたソロワーク。
ヤマカミヒトミさんのふくよかな音色、豊かな表現、そして他の楽器の音が聴こえそうな“間”が、カフェ・ユーの木質空間と親和してさらに豊かに響きます。

デュオワークでは、前回と同じく佐藤 直子さんはフットペダルもセットして、ナチュラルな音色のドラムセットで参加。

ヤマカミヒトミさんの音に寄り添うようなパーカッションスタイル。
そして、バスドラムのビートでグルーヴを生み出すドラムスタイル。
時には“音”として、時には“曲”としてと、ふたつの表現を使い分けてライヴが進行していきました。

ヤマカミヒトミさんのメロディー、そしてそこに加わる佐藤直子さんのパーカッションのデュオの音は、「奏でる」という意識的な音でなく、「そこに在る」ようにすごく自然体な存在感。
「曲を演奏する」というよりも、目には見えないけど身体では感じる“ナニカ”を音というカタチにして伝える感じ。
その世界観は、今回のライヴの2ndステージのメドレーに表れたように、ライヴを重ねる毎に“自由度”が高まっています。


ヤマカミヒトミさんと佐藤 直子さんのライヴでは、ヤマカミヒトミさんのギター弾き語りの選曲もどんどん増えています。
ヤマカミヒトミさんがギターを弾き始めたきっかけは、ブラジルを訪れた経験。
ヤマカミヒトミさんはブラジルを訪れるまでは「ひとつの楽器を追及すること」を意識していましたが、ブラジルに行ったときに友達になったヴァイオリニストが、さほどうまくないトランペットもやるのに疑問を持って質問をしたところ、
「(トランペットが)好きだから」
と答えが返ってきて、そこで「はっ!」となったそうです。
「好きだから」というシンプルな想い、その「大事なことを忘れていた」ことに。

佐藤 直子さんが“波”という状況を想起させた「Lugar Commun」で本編が幕を引いたあと、
アンコールは、ライヴ当日にこの世を去ったPat Metheny Groupのピアニスト Lyle Maysに哀悼を表しての選曲でした。

繊細な音色と響き、そして表現力。
使用する楽器の枠、“ジャンル”という枠に収めることができない二人の感性、“演奏”というトーク。 
ふたりだからこそ理解し合え、音として表現できる世界。
でもそれが、聴いている方にもきちんと伝わる“音”。
 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、繊細でうつくしい感性の響きを愉しむひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. 小春 (フルートソロ)
2. Rosa (フルートソロ)
3. Vaidoso (アルトサックスソロ)
4. めぐり逢い (アルトサックスソロ)
5. Chorinho Pra Ele (アルトサックス&パーカッション)
6. 空のはじまり (ピアノ&パーカッション)
7. Green Heart (ピアノ&パーカッション)
 
<2nd Set>
1. Medley
  1. 風 (フルート&パーカッション)
2. 雪 (ピアノ&パーカッション)
3. Painbow After Rain (ピアノ&パーカッション)
4. John (ピアノ&パーカッション)
5. Palhaço (ピアノ&パーカッション) 
2. Honey Bee (ギター弾き語り&パーカッション)
3. Lugar Commun (ギター弾き語り&パーカッション)

<Extra>
Letter From Home (ピアノ&パーカッション)

2nd-2:コーラス by 佐藤 直子さん
1st-1,6,7,2nd-1-3:ヤマカミヒトミさんオリジナル曲 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.2.4 堀 秀彰(pf.)&増原 巖(b.)

2月4日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 堀 秀彰 さんとベーシストの 増原 巖さんです。

200204001

新カフェ・ユーでの堀さんと増原さんのデュオの演奏は、放つ音、特に余韻が豊かで、余韻の音に放つ音が重なっていくことでより豊かになります。そんな豊かな音とともに、今宵もモダンジャズの世界を堪能致しました。

堀さんはカフェ・ユーでのライヴではいつしか「テーマ」を決めてセットを組むことがスタンダードにしているのですが、今回のテーマは「オマージュ」でした。

オマージュ(英語: hommage)とは、芸術や文学において、尊敬する作家や作品に影響を受けて、似たような作品を創作する事を指す用語で、しばしば「リスペクト」(尊敬、敬意)と同義に用いられます。
特に英語では、単独でも「尊敬を込めた作品」の意味で使われます。(by wikipedia)

ライヴのオープニングは、モダンジャズの巨匠のひとり、Wayne Shorterの曲が2曲。
Oriental Folk Song」と「This Is for Albert」。
2曲目の「This Is for Albert」がWayne Shorterが尊敬する“Albert”に捧げた曲なのですが、その“Albert”とは誰なのか?
それは同じく、ジャズの巨匠のひとり“Bud Powell”なのだそうです。
しかしここで疑問が。
通称の“Bud Powell”にも、そして“Bud Powell”の本名“Earl Rudolph”のどこにも“Albert”がない・・・。
この謎は、Wayne Shorter自身がインタビューに答えている中にあるそうで、それは、Art Blakey & Jazz Messengersのリーダー Art BlakeyがBud Powellのことを「Bud Arbert」と呼んでいた、そこからなのだそうです。

そして3曲目は、堀さん作曲のWayne Shorterへのオマージュ曲、その名も「Wayne」を、4曲目はWayne Shorterから捧げられた方、ビバップの申し子と知られるBud Powell作のうつくしいバラード「I'll Keep Loving You」が演奏されました。

1stセットでは増原さんをリスペクトして、このデュオでは定番となりつつある、堀さんもピアニストとして参加していた増原さんリーダーのバンド“What's Up”時代の増原さん作の名曲、いつ聴いてもカッコイイ、飽きることなくまた聴きたくなる曲「That's Not Cool At All」も演奏されました。


オマージュセットは2ndセットでも組まれました。
まずは、ボサ・ノーヴァの父として知られるAntônio Carlos Jobimの数多ある曲の中から、クラシカルな調べのうつくしいバラード「Luiza」が演奏されました。
ちなみに、Jobimの娘さんの名前もLuizaなのですが、この曲とは関係がない、とのことです。

続けて演奏されたのが、Jobimへのオマージュを捧げたピアニスト Cedar Walton作の軽快なサンバ調の「Theme For Jobim」。
そのCedar Waltonが大好きな堀さんが作曲した、その名も「Mr. Cedar Walton」と続けて演奏されました。

堀さんが共演し、全国をツアーした伝説的なベーシスト “Harvie S”ことHarvie SwartzIf。
当時御年71歳だったことから、堀さんがHarvie Sさんに過去共演したことがあるプレイヤーを尋ねたところ、巨匠の名前が出るわ出るわ。
そんな “Harvie S”が、余命が短いと知って捧げる曲を書いたのがCharlie Hadenのための、その名も「Charlie Haden」。その曲に関する、本人直々のエピソードの紹介も交えて演奏くださいました。

そのHarvie Sのすばらしい演奏に直に触れた堀さんがオマージュとして作曲した「Harvie's Tune」の演奏で、今回のオマージュ物語は完結。


ジャズでは特にこのようなオマージュ作品が多く、それだけ、先人の曲に影響され、その影響を与えてくれた先人へのリスペクトを持っていること、そしてそのリスペクトをカタチにすることで、後世へと先人のモチーフが連綿と受け継がれていくのですね・・・。
このようなジャズ解説の視点は面白く、それが解説だけじゃなく、演奏でも愉しめたのは贅沢な構成でした。

アンコールでは、ジャズを知らない人でもどこかで聴いたことがあるようなスタンダード、Duke Ellington Orchestraの名曲のひとつ「It Don't Mean A Thing (if it ain't got that swing) 」でした。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、モダンジャズがぐっと身近に感じられるモダンジャズのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Oriental Folk Song
2. This Is for Albert
3. Wayne (堀 秀彰さんオリジナル曲)
4. I'll Keep Loving You
5. That's Not Cool At All (増原 巖さんオリジナル曲) 
6. The Way You Look Tonight 

<2nd Set>
1. Luiza
2. Theme For Jobim
3. Mr. Cedar Walton (堀 秀彰さんオリジナル曲)
4. Charlie Haden
5. Harvie's Tune (堀 秀彰さんオリジナル曲)
6. I Were A Bell

<Extra>
It Don't Mean A Thing (if it ain't got that swing) 

【Galleria U_U】 西村 玲海展 「大地を生きる」 〜ハワイが僕に教えてくれたこと〜

1月になりました。
2月のガレリア・ユーの展示は、「西村 玲海展 「大地を生きる」 〜ハワイが僕に教えてくれたこと〜」を開催致しております。

「人とのコミュニケーションが苦手だった僕をいつでも優しく暖かく受け入れてくれた海。
 そして海をキラキラ照らす太陽は僕に勇気をくれた。
 山は僕に沢山の笑顔と力強さを教えてくれた。」

ご両親が、
「我が子が教えられずに、素直に自然に描き続ける水彩画に不思議な力を感じ
私たちは、希望と生きる力をもらっています。」
と仰る西村玲海さんの作品は、ハワイの雨が降ったときの海と山を描き、またハワイの晴れ渡る山々の笑顔に見える水彩画。
その後名画の魅力に惹きつけられ、笑顔の名画を描き始めました。
「宇宙に大きな大きな花を咲かせる」という希望を感じさせる水彩画です。
きっと、ハワイの大いなる力をキャッチできる力を分け与えられた者にのみ見える色や光、
そんなパワーあふれる作品を、2月、1ヶ月間、お愉しみください。

作品展は2月29日(土曜日)まで開催します。 

200201004

200201001

200201002

200201003

大塚店地図
東京都文京区大塚3-5-4 茗荷谷ハイツB1F
Tel/fax 03-3944-2356

東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅下車
2番出口を出て左折 徒歩5分


※来店の折にはカフェオーダーをお願いいたします。
※休館日時がございます。詳しい情報はこちらの“Event Schedule”ご覧いただきますか、
 03-3944-2356 ガレリア カフェ ユーにお電話にてご確認ください。
ガレリアカフェ ユー憲章
今月の展示

切り師 『長屋 明』 奇跡の切り絵展
長屋 明さんの切り絵展です
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード