U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

演劇鑑賞

本日は役者業を目指す友人を通じて交友を持たせていただいている、友人と同じ舞台を踏む方が出る舞台を観にいった。

演目はトロイア戦争を題材としたストーリーで、最後にとても含蓄のあるメッセージが込められていた。

演劇という表現はそのまま自分を表現するのではなく、まったく自分と違う役になり切って表現をする、というすごく難しい表現だと思う。
そういう世界に身を置く人を友人として、交友を持てるのはすごく貴重なことだと、思う。

単純に自分のリフレッシュとか、自分の楽しみ、以上の何かをいつももらっているように、思う。

4/24に向けて -4-

いよいよ明日、2回目のケイタリングCafeです。
場所は前回と同じくギャラリーロードさん。

今回は彫金アクセサリーなので女性が多いでしょう
とのことだったので、ドリンクメニューにアイスティーを加えることにした。
となるとアイスティーに合う添え菓子は・・・。
イメージとしてやはり甘くて柔らかいもの、ということでパウンドケーキを用意することに。

で添え菓子の準備も完了。
紅茶葉も水色が赤が強いケニア産の茶葉を手に入れました。
これで明日、やってみようと思います。

-----------------------------------------------------------------------

8d81307a.jpg


5ef8736c.jpg

天地(あまち)のLive

4/10にお世話になったひろべかばんの広部さんの奥さんが組まれているUnit、天地(あまち)のLiveを聴きに中目黒にあるオーガニックCafe ASMARAに行ってきた。

天地の音楽は、太古の日本の音楽とはこういう感じだったのだろうなぁ?
というインスピレーションが研ぎ澄まされるような音楽。
とても居心地の良い音楽空間でした。

広部さんもいらっしゃって、この前のご挨拶も交わし。
としていると広部さんが以前勤められていた方とその友人の方がすぐそばに座っておいででした。
その広部さんの友人の友人方は横浜で障害者の方とご一緒にCafeを営まれているそうで、Cafeめぐりも相当にされている方だとのこと。
広部さんにもケイタリングCafeを私がやっていることを紹介頂き、しばしCafe談義。

意思を持って、自分のアンテナをオープンにした状態で、自分に対して開いている場に出向くとこのように予期せぬ出会いが待っている。

あらかじめ期待は抱かず、それでも自分の意思はしっかりと持って行動をすると、不思議ときらめく出会いがそこにはある。
自分の意思を持っていることはとても大事なことだと、改めて思いました。

4/24に向けて -3-

いよいよ今度の日曜日。
アイスドリンクのもう一品はターキッシュティーを、と考えてみました。
ということで、限られた器材で淹れる練習。

試した結果、淹れることは問題なし。
ただし・・・。
先ず、紅茶葉。
今手元にあるニルギリは水色がクリアなオレンジ色なのだが、自分のイメージ的にはもう少しクリアな赤色の紅茶葉が欲しい。
あと、アップルジュースもできたら濁りのある水色のジュースが欲しいところ。

ということで品を手に入れるべく探さなければ・・・。

f6a57029.jpg

4/30に向けて -2-

「4/30に」とご提示を受けたアイリス・エンタープライズの方と打ち合わせを行いました。
ケイタリングCafeに必要な事項(会場にてご用意いただける備品の確認など)の打ち合わせの他に、アイリスのご担当の方が提供したいと思うコト、そして私がCafeという業態で実現をしたいと思うコトについても語り合いました。

ご担当の方が求めていらっしゃるコトと自分が理想とする形に共通する部分が合ったことが嬉しく、またそういうところでお話を頂けたのでは? とも思いました。

打ち合わせの後、実際にケイタリングCafeを行う場所まで行き、立地の確認をしました。
今回はアートスペース瑠璃での給仕となります。

246号線から細い筋のようなビストロ通りから少し奥に入るような立地は、ちょっと穴場のような雰囲気です。そのビストロ通りは狭い小路のようなところなのですが、Cafeも含めた飲食関係のお店がびっしりとある場所でした。
でも、暗黙のドレスコードがあるような着飾った印象のある青山・表参道にこんな一画があるのか? と妙に和む場所でもあります。
テナント代のことを考えなければ、すごく惹かれる空間です。
※その分、競合もすっごく犇いてますけど・・・。
ガレリアカフェ ユー憲章
営業スケジュール
今月の展示

「Midori K Luck展
アンダルシア在住のMidoriさんの油彩画展です
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード