U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

黒蜜

このレシピもピクルス液で参考にした「高山 なおみ」さんのレシピ本にあったもの。
黒糖の素朴な甘味がとても滋味深いソースで、いろいろなものに使えそう。
黒糖自体は安くは無いが、黒蜜としてデザートなどに一度に使う量は少ないので原価率的にも優良なソース。

-----------------------------------------------------------------------
【材 料】
・黒糖 60g
・はちみつ 大さじ2(メイプルシロップを使いました)
・水 100cc

【作り方】
?黒糖は粗くくずす。
?鍋にくずした黒糖と水を入れて弱火に掛け、黒糖を溶かす。
?黒糖が概ね溶けたらはちみつを加え、一煮立ちさせる。
??の粗熱が取れたら密閉容器に入れる。

-----------------------------------------------------------------------

1839d8c5.jpg


写真はプレーンヨーグルトに掛けたもの。

4/10に向けて -4-

本日は4/10にお世話になるギャラリーにお伺いして、ギャラリーのイベントの雰囲気の確認とギャラリーのオーナーの方との打ち合わせをさせていただいた。

先ず、今回展示される「ひろべかばん」さんの作品群はすっごくいい雰囲気でした。
もうそれだけでぜひギャラリーに足を運んで欲しいです。
そしてひろべさんご本人も奥様もとても雰囲気の良い方で、今回場所をお借りすることにも快諾くださり「とても楽しみ」とも言っていただけて嬉しかった。

ギャラリーのオーナーの馬渡さんとも打ち合わせをして、当日ドリンクを淹れる紙コップも支給くださることで決定。とてもかわいらしい紙コップです。

その後、銀座店が撤退をしていたので自由ヶ丘店に行ってコーヒー豆を購入。
600gと100gの2つにわけて購入。100gは自宅での試飲用、帰宅後早速飲んで味を確認。
自分の求めていたコクとほのかな甘味のある酸味の少ない味でした。後は濃さの調整をもう少し。

これで準備品も当日の消耗材のみとなった。
いよいよ来週です。自分でもとっても楽しみだぁ!

勉強会 Day 4

オプションコースも本日が最終日。
今日は先週の収支計算の続きから。先週のモデルケースともう一つのケースを元に収支計算シミュレーションがなされた。

「収支計算シミュレーションは「どれだけ売れればトントンになるのか?」を把握するためのもの」との説明を受ける。最終的なP/Lを見て、どの値が異常なほどに圧迫しているのかを確認し、その項目を再度見直す。
それも一回ではなく、例えば、メニューを決め試作をし原価が分かり売値を決めた時点で、再度収支計算に反映させて収支計算の結果を眺める・・・、それを繰り返して「本当にやれるのか?」を考える。

収支計算の使い方に関して、まさに目から鱗の感覚だった。

また、最後の説明として「サービス」で気をつけることとして「作業」と「サービス」の違い、という話をいただいた。
曰く、
「作業は上達するもの」、「サービスは成長するもの」

作業は
?トレーニングを受ける→?練習する→?慣れる→?上達する→?「プロ」と呼ばれる→?さばく ようになって結果→?お客様は離れる。
さばくは感じだと「捌く」と書く。まさに手で別れを招く、と。

サービスは
?気持ちを受ける→?感動がある→?思いやりを持つ→?成長できる→?「人間」の評価→?尽くす ようになって結果→?お客様に愛される。

ぜひ、このサービスのスパイラルで成長したいものだと思う。

4/10に向けて -3-

先ずは今回、ドリンクサーブの機会を下さいましたギャラリーの場所をご紹介します。
ギャラリーロードさんです。(公式サイトはこちら
オーナーの方はとても柔らかいオーラをお持ちの方で、心地よさを周りの方に分け与えてくださるのが分かります。
そういうオーラを備えていることもすごく大事なことだと思います。
が、恐らくそういったものは後天性のものではないんでしょうねぇ・・・。

そして今回、イベント開催期間中の4/10の日にドリンクサーブの機会をいただくことを了承くださったのが「ひろべかばん」さんです。

こんな素晴らしいぬくもりを感じる作品が並ぶ場所で、ドリンクを提供できる機会にすごく嬉しさを感じます。
プロフィールによりますと、「ヨーロピアンなものに惹かれる」方で「一つ一つ気持ちを込めて作られること」を大事にされている方のようです。

ギャラリーのオーナーの方より、サーブするメニュー内容(ドリンク、その他)は私に一任下さることとなりました。
なので、今回はこのblogでも書いているオリジナルブレンドのコーヒーをホットとアイスで提供し、つまみモノとしてカントゥッチを用意しようと思います。
自分のブレンドはマイルドベースと言われるブレンドに少しだけ深入り豆種を加えますので、イベント主催オーナーさんの「ヨーロピアン」に通ずるのではないかと思います。

私も当日は一回一回、ペーパードリップでコーヒーを作っていきます。

以上、宣伝でした。

ピクルス

ピクルスの漬け汁のレシピは、それこそレシピ本の数だけあるといっても過言じゃないほど種類が豊富。
そこで今回は、いろいろ読み比べてみて一番シンプルだった「高山 なおみさん」のレシピを参考にした。

今回はピールドキャロットのピクルス。
味としてはとてもすっきりとしていて、後味に酸味がほんのり残る感じで、自分としては気に入っている。

-----------------------------------------------------------------------
【材 料】
水 500cc に対して
酢 100cc(白ワインビネガーを使用)
はちみつ 小さじ1(メイプルシロップを使用)
塩 小さじ1
黒胡椒粒 5?6粒

【作り方】
?ピクルスに漬ける野菜は茹でて、保存ビンに入れておく。
 ※歯ごたえが楽しめる程度の硬さで。
?ピクルスの漬け汁の材料を鍋に入れ軽く混ぜ火に掛ける。
??が沸騰したら?の保存ビンに注ぐ。
??の粗熱が取れたら密閉して冷蔵庫に入れて保存する。
 最低、3時間は漬ける。

-----------------------------------------------------------------------

4eb2fb4f.jpg


----------------------------------------------------------------------- 続きを読む
ガレリアカフェ ユー憲章
営業スケジュール
今月の展示

「いつもの生活をオーガニックに」 ハーブとアートとeこころグッズ展
ガレリア カフェ ユー オンラインショップオープン記念展です
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード