U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユウ)の日々を綴るblogです

DAY 5 実習:エスニック

‘エスニック’という語で以って明確に料理の種類は定義されないそうである。
イメージとしては‘スパイシー’、‘アジアンテイスト’なものが‘エスニック’と総称されるらしい。

そこで今日はタイ料理のメニューに挑戦することとなった。

生徒が実習で作るのは以下の3品

・牛肉のハーブ炒め[パッ バイカパオ ヌア]
・トムヤンクン
・焼きビーフン[パッタイ]


これに加えて、先生がデモとして作ったのが以下の2品

・グリーンカレー
・アクアパッツァ


アクアパッツァとはイタリア料理の一つ。
通常は水だけを加えて作るのだが、トムヤンクンのベースを加える事でアジアンテイストな仕上がりができる。

最近ではタイやその他アジアの食材も本国と同じ物が手に入りやすい。
いくつかそのお店も教えてもらった。

料理は全て簡単。
とはいえ、肝心の味を決める調味料ソースの下ごしらえは担当の方が全て手配済み、ということもあるのだが。

焼きビーフンは冷めても十分に美味しかった。
こういうのはお弁当メニューには最適。

牛肉(ひき肉)のハーブ炒めは単品で給仕るのではなく、ご飯の上にプレーンオムレツを乗せ、その上に掛ける形で完成。
プレーンオムレツはなかなかに難しそうで、半熟の部分がとろぉ?っとするには鍛錬が必要なことが良く分かった。

今回はエスニックだが、オイスターソースは中国産のものを使用。タイ産のオイスターソースもあるのだが、塩分が薄めらしい。

また牛肉を炒める時に老酒を使用した。
肉の嫌な匂いを消すのには老酒が最適とのこと。

料理は全て美味しくできあがった。
先生が作成されたグリーンカレーも一人一人に分けて頂いた。
が、とにかく辛い。
嫌な辛さではないが、辛さが残る。
そこに先生からココナッツミルクで作ったアイスが配られた。
このアイスはタイ料理の締めとしては最高の味だった。

写真は自分達が作った3品に、グリーンカレー、ココナッツミルク・アイス、そしてアクアパッツァ(魚はメバルを使用)。
-----------------------------------------
7a443354.JPG

Good Luck

Good Luck

ドラマではなく、「Good Luck」というタイトルの本のこと。
平たく紹介すると「幸運を手に入れるための心構えについて書かれた本」

幸運とは運とは違い自ら作れるもの。幸運を自ら作るとはすなわち条件を自ら作ること。
といった内容が、平易なおとぎ話の形態でもって紹介されている。

そして自分はまさに今この下ごしらえをしているところなんだな、と実感をしている。
授業を専攻しているという、一歩目を踏み出しているし。
今日は講義の先生と授業を離れていろいろとお話をさせてもらう時間も得られた。

今まで自分が思い込んでいた「調理師免許取得」も調理師資格を極めるため、例えばふぐの調理師になる、といったためには必須資格だが、カフェの店舗経営では必須でない、という情報も知ることができた。
ちなみにカフェなどの飲食店経営には
・食品衛生管理者資格
・甲種防火管理者資格
の2つが必要なことを教わる。

自分はまだ経営という部分には自信が持てない。
がそれについても、いろいろと正直ベースでお話をさせていただけた。

自分は今まさに幸運をつかむために下ごしらえをしているところなんだ、と思う。
いつかチャンスが訪れた時に、きちんと幸運が根付くために。
そう強く思えた、そんな一日だった。
この思いが一つ一つの経験を積んでいくことで、確たるものになった時・・・。

課外授業 カフェ見学

今日は課外授業として、講義2回目の中で紹介されたカフェを、同じコースを専攻する数人とで訪れてみた。

カフェの名前は「KOOTS GREAN TEA
その原宿店に行ってみた。

途中で講義の講師の方も偶然に加わっていただき、このカフェ以外の別のカフェも紹介がてら案内していただいた。

KOOTS GREAN TEAはタリーズ・カフェの日本法人が緑茶をキーワードに新たに試みているカフェスタイルのお店である。
自分はこの店で、最初にアイス・抹茶ラテを、その後で、ホットの抹茶ラテ(クロミツ掛け)と海老とゴーヤを食材に使った和風デリを注文した。
味の感想から言うと、抹茶ラテはホットの方が美味しかった。和風デリは美味しかった。
同行者と頼んだものの試食会をしたのだが、プリンは一様に美味しかったが、抹茶チーズケーキは私にはやや甘さが重かった。

その他気付いた点を列挙する。

・出迎えの挨拶は「こんにちわ」である。
・お店の作りは基本的にはタリーズと似ている。
 屋内と屋外があり、喫煙は屋外のみ。
・客層は10?20代が中心。
 注文を済ませ商品を持って席に着いた後にさらに注文に行くのはほとんど無い。
 回転率が早いというよりも、一時話しに興じるような感じの過ごされ方がほとんど。
・お店の商品はテイクアウトも可能。
 だがテイクアウトだけをしていくお客さんは私が見ていた限りではいなかった。

調理器具

実習の授業を受けてつくづく思うのは、「調理器具は用意すべく用意されているのだなぁ」ってこと。

自分の家では包丁は一つ。鍋には水切り用のパンがない。などなど。

包丁は少なくともペティ・ナイフは必要と実感。
ニンニクのみじん切りなどの時には断然使い勝手がいい。
パスタを茹でる際には水切りパンがある方が、茹で汁を使えるので、いい。
茹で汁は塩分調整にもってこいの調味料であることを切に実感。

ということで、用事があったので有楽町駅で下車したついでに「無印良品」で買い物をした。
そこでは、トマトソースを作る時にホールトマトの裏ごしで使った裏ごし器も見つける。

今週末はトマトソースの復習をしようかな?
という気分になっている。

学校生活

今私が受講しているクラスはそれこそ老若男女という言葉がぴったりなくらいの人員構成である。(男性が圧倒的に少ないが。)

自由に使える共通の時間をゆっくりと過ごす機会が少ないので、互いに知り合っていく時間はやはり緩やかではあるが、先ずは顔見知りになることから始まっている感じである。

共通の目的・興味で集まった世代の異なる「学友」というのも、なかなかに新鮮なものだなぁ、と思う。

実は今度の週末にクラスの何人かで、講義の中で紹介されて課外授業として実際に見てくるように薦められたカフェを見に行くことにした。
場所は原宿。
※見学結果はまた追って書こうと思います。

こんな感じで、学友との関わりが大きくなっていくと、それはそれでまた楽しい。
ガレリアカフェ ユウ憲章
U_U サポーター'sチケット
営業スケジュール
今月の展示

齋藤 龍弘展 History
旧作から新作までさまざまな齋藤さんの作品を一堂に展示した個展です。
Tuesday Night Live

12月19日
出演:
 「すみれいこ」
  栗林 すみれ(Pianoforte)
  山本 玲子(Vibraphone)
  Jazz

12月26日
出演:
  ヤマカミヒトミ(Alto Sax)
  佐藤 直子(percussions)
  Brasil Music, etc.

みんな de ライヴ

12月24日
出演:
 「PAN CAKE」
  原田 芳宏(Steel Pan)
  大塚 雄一(Accordion)
  小畑 和彦(Guitar)
  Original music

1月28日
出演:
  坂上 領(Flute)
  帆足 彩(Violin)
  Latin music, etc.

Salone


1月11日(木)20:00

Express Yourself in English!


1月17日(水)19:30

自分を表現する生き方術講座


1月19日(金)20:00

Wine Lovers Club


4月24日(火)14:00

谷口由美子の茶論トーク 英米児童文学の愉しみ

記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード