U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

【Live Report】 Afternoon Tea Live 2020.12.27 助川 太郎( gt. )

12月27日は、ハッピーサンデーの午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴをお楽しみいただく「アフタヌーンティーライヴ」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 助川 太郎 さんです。

201227001

2013年よりソロギターワールドと題した独奏ライブを立ち上げて、フォルクローレ、タンゴ、クラシック、口琴、即興などたくさんの要素が渾然と一体となったステージ活動も行う助川 太郎さん。
今回も助川 太郎さんならではのソロギターワールドが展開されました。

1stセットのテーマは「2020年を振り返る」。
2020年に制作したアルバムに収録した曲を中心に、今年を象徴するロングバケーション中に作ったオリジナル曲などが演奏されました。

ゆったりした曲をゆったりと弾く
これは、思った以上に難易度を要するものとのことで、ましてやそれを他のミュージシャンに理解してもらうのは本当に難しいこと
譜面に書いてある先のことをどのように伝えるか?
それを突き詰めることで、助川 太郎さん自身にフィードバックされた「ゆったりと弾く」表現。
今回は、古き良きブラジル音楽「Rosa」で、味わわせてくれました。


MCも、ただ自分の想いを言葉にするのではなく、
自分が感じていることを、どの言葉を使えば、聞いてくださる方と共感し合うことができるか
と、丁寧に言葉を紡ぐ助川 太郎さん。

ギターで放つ音も同じように、どんな音色で奏でれば、この曲のすばらしいところを共感してもらえるか?
を考え抜いた音作りをされます。

オリジナル曲「マウンテン・チャイルド」は、同じ空間で共感し合うお客さまが思い思いに放つ音を取り込んで完成する構成になっているように、助川 太郎さんのソロワールドは、助川 太郎さん“独り”の音を聴かせるのではなく、お客さまと共感し合う、そんなステージです。

アンコールでは、この日訪れてくださったパーカッショニストの見谷 聡一さんとも共演くださいました。


悲しみやと儚さをうつくしさで彩るブラジル音楽のような助川 太郎さんの音の表現。
そして表現することの先の、共感し合えることまでにも想いを馳せたソロワールドステージ。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、助川 太郎さんのソロワールドのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Insensatez (How Insensitive)
2. 北へ向かうサンバ (助川太郎さんオリジナル曲)
3. Rosa
4. Deixa
5. João e Maria
6. So Wonderful (助川太郎さんオリジナル曲)
7. Triste
 
<2nd Set>
1. 口琴Improvisation
2. 春のない男 (助川太郎さんオリジナル曲)
3. Pannonica
4. 春風 (助川太郎さんオリジナル曲)
5. マウンテン・チャイルド (助川太郎さんオリジナル曲)
6. El dia que me quieras
7. 土の道 (助川太郎さんオリジナル曲)
8. Pop'n Morning (助川太郎さんオリジナル曲)

<Extra>
Alegría Vida (助川太郎さんオリジナル曲)

Extra:guest 見谷 聡一さん(percussions)

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.12.21&22 黒沢 綾( pf. & vo. ) & 小林 宏衣( pf. & vo. )

12月21日、22日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Twodays Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

出演くださいましたのは、ピアニスト&ヴォーカルの 黒沢 綾 さんとピアニスト&ヴォーカルの 小林 宏衣 さんです。

201221001

201222001

黒沢さんと小林さん。ふたりの弾き語りニストの共演によるクリスマスシーズンの2days。
演奏とハモリの妙に加えて、選曲、アレンジの妙をも兼ね備える二人らしい選曲、アレンジ、構成となりました。

クリスマスソングは、雪景色とはまったく無縁な土地を舞台にしたジョニーミッチェル作のクリスマスソングや、小林さんのヴォイストランペットをフューチャーしたかわいらしいクリスマスソング、そして子供の頃の貰う嬉しさの立場から大人になって与える嬉しさを感じる悦びを歌ったクリスマスソングなどなど、お二人ならではの選曲でした。

お二人の生演奏ではJ-Popの選曲も愉しみなのですが、今回は90年代に新たに冬の風物詩として生まれた商品のCMソングだったり、黒沢さんが大好きと敬愛するピアニストが組んでいたグループの曲など、この季節にふさわしい曲が取り上げられました。

恒例となっている黒沢さん、小林さん、それぞれのソロ演奏は、
初日は、このご時世、「全身で直接風を感じたい」という欲求を歌うような“風”をテーマにした曲、
二日目は、日本の男性シンガーソングライターが書いた曲、
と、期せずして、お互いに関連のある曲をセレクトされたのには、二人ならではの連帯感を感じました。


2days公演のそれぞれに、ミュージシャンの方が遊びに来て下さり、飛び入り参加してくださいました。
初日は黒沢さんと小林さんとでYMOメンバー(ゆったりまったり音楽祭)というユニット活動をしているピアニストの岸 淑香さん。
二日目は、同じくピアニストの北村 真紀さん。
岸さんは、共演の黒沢さんにさえサプライズという、まったく油断させない関係のお二人でした。


特に海外では、クリスマスは必ず家族が集まるイベントとなっています。
ですが、例えば戦時など、どうしても帰ることができない時、そんな時は互いに離れ離れだけど、一緒のクリスマスを祝い合おうね。
Have Yourself A Merry Little Christmas」にはそんな想いが詰まっているそうです。

今年はクリスマスだからとなかなか集まる雰囲気にはならないところもありますが、それぞれみんなクリスマスを愉しくすごしましょうね。
そんな想いを込めて歌われた黒沢さんと小林さん。


互いに、互いが気付いていない自分の可能性を導き出すような「Best Part」なステキな関係のお二人。

その選曲の妙、アレンジの妙。
聴かせ、響かせ、引き込む演奏。
笑いで弾けるMC。
ゆったり、まったりしていながら、熱く、そして愉しい二人の創りだす生演奏♪


2days、来場くださいました皆さまにとともに、愉しいうちにゆったりまったりとトキが過ぎていく心地よい生演奏のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪
 
♪♪♪♪♪♪♪ 21日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. River
2. 冬がはじまるよ
3. Once I Walked In The Sun
4. 星影の小径
5. Best Part
6. His Eye Is On The Sparrow
 
<2nd Set>
1. The Christmas Waltz
2. 風をあつめて
3. Sailing
4. 花が咲くまで (岸 淑香さんオリジナル曲)
5. My Grown Up Christmas List
6. Spirit Of Love

<Extra>
Have Yourself A Merry Little Christmas

1st-1,2,5,6,Extra:小林 宏衣さん on pianoforte、黒沢 綾さん on vocal
1st-3,4,2nd-1,6:黒沢 綾さん on pianoforte、小林 宏衣さん on vocal
2nd-1:voice trumpet by 小林 宏衣さん
2nd-2:solo by 黒沢 綾さん
2nd-3:solo by 小林 宏衣さん
2nd-3,4:guest 岸 淑香さん on pianoforte

♪♪♪♪♪♪♪ 22日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. The Christmas Waltz
2. Once I Walked In The Sun
3. River
4. 冬がはじまるよ
5. Best Part
6. Have Yourself A Merry Little Christmas
 
<2nd Set>
1. The Christmas Song
2. My Favorite Things
3. 祈り
4. クリスマスイブ
5. Spirit Of Love

<Extra>
らいおんハート

1st-3,4,5,Extra:小林 宏衣さん on pianoforte、黒沢 綾さん on vocal
1st-1,2,2nd-1,2,5,Extra:黒沢 綾さん on pianoforte、小林 宏衣さん on vocal
1st-1:voice trumpet by 小林 宏衣さん
2nd-3:solo by 黒沢 綾さん
2nd-4:solo by 小林 宏衣さん
1st-6:guest 北村 真紀さん on pianoforte

【Salone Report】 2020.12.19 お茶 de フローライフ習慣

12月19日は、サローネ「お茶 de フローライフ習慣」を開催しました。
参加くださいました皆さま、ありがとうございます♪ 


「フロー」という状態は、
最高にリラックスしていながら、意識もはっきりしていて、かつ集中して行動ができている状態」を表す言葉で、その状態の時は心と身体と脳がしっかりと連携して、そしてその状態こそが「本来の状態」というのが私たちの解釈で、同義な言葉として広く知れ渡っている言葉に「マインドフルネス」があります。


マインドフルネス」状態に誘う手法にはヨガや瞑想、座禅などさまざまにありますが「喫茶」も有効な手段の一つです。


お茶 de フローライフ習慣」では、「喫茶」のティーとして「おひるねヨガ」ナビゲーターの鈴木 めゆさんと共同開発したオリジナル・ブレンド・ハーブティ、“飲むヨガ”こと「フローティ」をお出ししています。


201219001

フローティ」1杯につき、飲む方に“今”必要なメッセージが書かれたカードが1枚付きます。

参加くださった方には、「自分がマインドフルネスになった」と感じた時点で、ご自分の手で1枚カードを引いていただいています。


集まったみなさんで交わす「おしゃべりカフェ」では、前回から今回までの間に体験したこと、から始まって、いろんな会話を交わします。

そして、喫茶によって、心と身体と脳が一体となった、と感じる状態になった方から、私が用意したマインドセットチェックを行ってもらいます。


どなたの人生も、「100%思ったとおり」の出来事が起きます。
ですから、「どんなことを思っているか?(マインドセットをしているか?)」を自分で知ること(自覚していること)はとても大切なことです。


今回のマインドセットチェックでは、自分に向いていると思うコトについて設問してみました。

周りがどう思うか?
ではなく、自分がどう思うか
このことが本当に大切です。


参加くださった方同士の経験や思っていることを語り合うことを通じて、

自分ではしっかりと気付けていないことがはっきりするという感想もいただきました。

いろんな経験から得た気付きを分かち合う機会としてのお茶 de フローライフ習慣」。
次回は1月23日(土)に開催致します。

【Salone Report】 Wine Lovers Club 2020.12.18

12月は、「いろんなワインを味わいたい/ワインのことをもう少し識りたい」方に向けて開催しております体感型ワイン・テイスティング講座、「Wine Lovers Club」を開催しました。
テイスティング下さいました皆さま、ありがとうございます♪

ただいま、「フランス」の生産地域と葡萄品種の関係にフォーカスしたテーマでワインをセレクトして開催しております「Wine Lovers Club」。
フランスの“ワイン産地”にフォーカスして、さまざまなフランスワインの産地を巡っています。

フランスワイン産地を巡る旅の最終回となる第14回目は「ブルゴーニュ」でした。

201218001ブルゴーニュは、ボルドーと共に、フランスの誇る大銘醸地。ワイン造りの歴史は古く、ローマ時代にまで遡ります。ですが、今日の名声を築く基になったのは、12 世紀、シトー派修道僧による葡萄畑の開墾です。かのロマネ・コンティやクロ・ヴァーショをはじめ、銘酒は殆ど修道院所領であった畑のものです。
ブルゴーニュと言う名称は、14~15 世紀にかけてフランス王家を凌ぐほどの勢力でベルギーやオランダをも支配していたブルゴーニュ大公国だったことによります。

夏は日照量が多く冬は寒さ厳しい大陸性気候は葡萄栽培に最適で、素晴らしいワインが生まれます。この気候とこの地に適した醸造法が長い時間をかけて練り上げられ、ブルゴーニュワインのスタイルを完成させました。

ブルゴーニュの特徴は単品種でワインが造られることです。
単一の葡萄品種でワイン造りを行いますが、変化に富む自然条件から、畑の区画ごとにミクロクリマ(微気候)が見られ、産出されるワインは多様性に富みます。

赤は、ピノ・ノワール。白はシャルドネ。(例外はボージョレーの赤でガメイ種)
ですがAC の中には、ごく例外的にピノ・ノワールおよびシャルドネ以外を使うものもあります。

今回は、ブルゴーニュの白ワインに焦点を当てて3種類、ピックアップしました。
ブルゴーニュを代表する白葡萄品種“シャルドネ”はもちろん、ブルゴーニュの固有品種である“ピノ・ブラン”(アルザスで使用されているピノ・ブランと別品種になります)、そしてブーズロンがAOC と認められてからは、酸味だけが際立つことのない、ふくよかな厚みのあるワインとして、世間の注目を集めるようになった“アリゴテ”、そのブーズロンのアリゴテのワインを取り上げました。

今回取り上げましたワインのノートは下記のとおりです。

201218002

201218003

201218004





【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.12.15 堀 秀彰(pf.)&増原 巖(b.)

12月15日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 堀 秀彰 さんとベーシストの 増原 巖さんです。

201215001

堀さんはカフェ・ユーでのライヴではいつしか「テーマ」を決めてセットを組むことをスタンダードにしています。
今回のテーマは、1stセットが「冬を感じる曲」、そして2ndセットが「クリスマスソング」でした。

モダンジャズのスタンダード・ナンバーは季節を感じる曲もたくさんあります。
オープニングナンバーは、モダンジャズが育った街“ニューヨーク”の冬の風物詩がタイトルとなった「Skating In Central Park」。

「冬を感じる曲」ということで、堀さんのオリジナル曲で、冬のモチーフ、冬を喚起させるイメージがタイトルになった曲も選曲されました。

堀さんの選曲で面白かったのが「All The Things You Are」。
スタンダード・ナンバーとしてよく知られた曲ですが、「冬」とはどう結びつくのか・・・?
実はこの曲の歌詞は「恋」を“春”に例え、恋叶うまでの状態を“長い冬”に例えている、それで今回選曲されました。

Pure Imagination」は、ジョニー・デップ主演のリバイバル映画のオリジナル版「夢のチョコレート工場」のための映画音楽で、映画のシーンで寒々しい家の様子が印象的なことでセレクトされました。

そして「冬を感じる曲」セットのラスト曲は、あまり聴き馴染みのない冬の曲として堀さんが探した中で出会った曲。タイトルの「Skatin'」から想像されるイメージとはほど遠いアグレッシヴな曲でした。


2ndセットは「クリスマスソング」セットとして、全曲、クリスマスソングでした。
今年は、例年に比べ、クリスマスの雰囲気が遅め、そして控えめな感じですが、それでもクリスマスソングは明るく、愉しい感じにしてくれるすてきな音楽。堀さんアレンジでのすてきなクリスマスソングをたっぷりと演奏くださいました。

すてきなホリディ」は、クリスマスシーズンになるとある企業のCMソングとして、日本でとっても耳にする曲ということでタイトルを伏せて演奏というクイズ形式で演奏されました。
このレポートをお読みの方には、曲のタイトルから“何のCMソングか?”を想像してお愉しみください。


どんな状況であっても、
音楽は、そして生演奏は、聴く方の心を癒し、動かし、満たしてくれる。
生命維持に必要不可欠なものだと、生演奏に触れる度に感じます。

この日も、さまざまなモダンジャズ曲、そしてクリスマスソングの生演奏に心も身体もすっかりと癒されました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、都会のヒーリングミュージック“モダンジャズ”の生演奏に癒されるひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Skating In Central Park
2. All The Things You Are
3. 雪のかけら (堀 秀彰さんオリジナル曲)
4. Oslo (堀 秀彰さんオリジナル曲)
5. Pure Imagination
6. Skatin'

<2nd Set>
1. Christmas Time Is Here
2. We Wish You a Merry Christmas
3. Coventry Carol
4. Winter Wonderland
5. すてきなホリディ
6. I'll Be Home for Christmas
7. Jingle Bells

<Extra>
The Christmas Song
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード