U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.7.27 「Ritmo de Sentiments」 見谷 聡一(perc.)&土屋 恵(acc.)

7月27日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、緊急事態宣言モードにて開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、パーカッショニストの 見谷 聡一 さんとアコーディオニストの 土屋 恵さんのデュオユニット「Ritmo de Sentiments」です。

210727001

見谷さんはブラジルのサンバのリズムを創り出す打楽器“パンディロ”奏者を主として活動されているパーカッショニスト。
そして、土屋さんはタンゴを奏でるアコーディオニストとして活動されています。

そんなお二人がデュオを組む「Ritmo de Sentiments」。
そのユニット名は「南米の喜怒哀楽のリズム」といった意味合いが込められています。
ラテン音楽、というと陽気で賑やか、というイメージがありますが、サンバは悲しみとともにあるといわれ、タンゴは悲恋の歌に溢れるなど、じつに多様な感情があります。

また、一言で“ラテン”といっても、そのリズムは、演奏される場所によってさまざま。
そんな多彩なラテンのリズムを、日本人演奏者だからこそ可能となる「ひとときの生演奏でひとつ」にしてしまいます。

今回も、ジャズの巨匠が作曲したルンバに始まり、フランスのミュゼ、マンボといった、さまざまなラテンのリズム音楽が演奏されました。

典型的なタンゴの名曲「El Dia Que Me Quieras」では、アコーディオンとパンディロが踊りあい、
ブラジルのショーロの名曲「Santa Morena」では、本場ブラジルでは聞くことができないアコーディオンの音色で紡がれる。

また、タンゴの独特なリズムで創られた「Escualo」、
ブラジル人ピアニストの独特な展開の曲「Yatra-Ta」など
互いの革新的なミュージシャンの曲も演奏するなど、伝統のみならず革新までも愉しませてくださいました。

Maria Cervantes」では、見谷さんの指導によって来場くださった方みなさんが手拍子にて“クラーベ”のリズムを刻んでの共演。まさにミュージシャンとお客さまとのセッションとなりました。

互いのフィールドを共有しあい、そしてさらにラテン全体にも挑みながら、
熱く情熱的な演奏のひとときでした。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、さまざまな南米音楽のリズムを愉しむひとときをご一緒できて嬉しいです♪ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<Set>
1. Armando's Rhumba
2. Made In France
3. Mambo Influenciado
4. Desierto (土屋 恵さんオリジナル曲)
5. Libertango
6. El Dia Que Me Quieras
7. Maria Cervantes
8. Escualo
9. Tango M (土屋 恵さんオリジナル曲)
10. Santa Morena
11. Yatra-Ta
 
<Extra>
Tangaria

【Live Report】 Afternoon Tea Live 2021.7.23 「アルコウ」 岸 淑香(pf.)& 佐野 まゆみ(vc.)

7月23日は、祝日の午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏をお楽しみいただく「アフタヌーンティーライヴ」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの岸 淑香さんとチェリストの 佐野 まゆみさんによりますデュオ・ユニット「アルコウ」です。

210723001

チェロとピアノ
クラシックの室内楽の趣漂う編成をベースに、岸さん、佐野さん、それぞれの感性を活かした表現で、それぞれの経験から着想を得たオリジナル曲を、「アルコウ」では演奏します。

バッハ作曲の「主よ人の望みの喜びよ」は佐野さんのアレンジ、アルコウの演奏。
聞き馴染みのあるフレーズをベースに展開されるフリージャズのような演奏は、まさにアルコウならではの味付け。


二人のトークに岸さんがピアノで音効を加える、さながらラジオ番組のような進行もまた「アルコウ」の生演奏の愉しみのひとつ。

岸さんのキューバで見舞われたトラブルからの思わぬホームファミリーとのエピソード。
佐野さんの人生経験で、自らの人生観が一変したエピソード、そして格言。
それが曲になり、さらにアルコウの二人で演奏となり、
音楽に加えて、その曲が生まれるきっかけとなったエピソードを知ることで深まる奥行き。


2ndセットでは、岸さんが作った曲で最近は歌詞も付いて各所で演奏している曲「Asas Blancas」もオンリスト。アルコウでは初演とのこと。

曲名「Asas Blancas」はポルトガル語で“白い翼”の意味で、これは“飛行機の翼”を指しているそうです。
飛行機に乗って、雲の上を飛びながらいろんな景色を見てみたい。
そんな岸さんの想いが込められた曲を、アルコウサウンドで愉しい遊覧飛行のような音の旅で彩ってくれました。

アンコールに応えてセレクトされたのは、今日の抜けるような青空にぴったりの「空のアオ」。


クラシックのエレガントさから、ブルージーだったり、ファンキーだったり、はたまたアップな感じとさまざまなエモーショナルな表情を見せる「アルコウ」の音楽世界。
今回は「夏」らしさも織り込まれた演奏でした。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、自由自在に音楽世界を旅する生演奏のひとときをご一緒できまして嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. 海の向こうがわ
2. 主よ人の望みの喜びよ(J. S. Bach)
3. ぼうけんのしょ
4. Life
5. 今日と明日のあいだ
 
<2nd Set>
1. 花が咲くまで
2. up to you
3. 背中
4. Restart
5. Asas Blancas

<Extra>
空のアオ

1st-2,4, 2nd-3,4:岸 淑香さん on Melodion

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.7.20 「丹精ssion」 丹精(tap)&小林 鈴勘(尺八.)&山中 一毅(sax.)

7月20日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、緊急事態宣言モードにて開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日は、タップダンサーの 丹精 さんがいろんなミュージシャンとセッションを繰り広げる「丹精ssion」本日は尺八奏者の小林 鈴勘さんとサックス奏者の山中 一毅さんとのセッションでした。

210720001

本場NYで得て、類稀なる音楽性をタップで表現するタップダンサー丹精さん、
自身の音楽性を活かしたユニットを結成して活動を続ける傍ら、日本全国縦断ツアーを行いながら、さまざまなミュージシャンとのセッションを行う活動も精力的に行っています。それが「丹精ssion」。

音楽性はもとより、日々の生活などへの考え方などの親和性も重視する丹精さん。
山中さんとは、音を聴く前に、交わした会話で一緒にやることに結び付いたそうです。

山中さんはモダンジャズの本場ニューヨークで7年間過ごし、日本に拠点を移し活動をされています。
そして現在、オリジナル曲、そして即興セッションに重点をおいて音楽活動を行っています。

そんな山中さんの音楽観にリスペクトして、今回のセッションでは山中さんのオリジナル曲、そしてフリーの即興セッションと続けてくださいました。

即興では、恣意的でないのにリズムが生まれ、ハーモニーが生まれ、移ろい、変化し、何も決まっていないのに、あらかじめ決まっていたかのような調和が維持され・・・
いつまでも尽きず終わることなく続けることができるような、三人の親和性と独創性と共感が感じられました。

小林さんは尺八はもちろん、ピアノ、そしてギターとアカンパニストとしてもセッションを形作りました。尺八のサイドマン的なアプローチも含めて、セッション全体にふくよかさと和みを注ぎ込んでいました。
 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、その場限りの一期一会な生セッションのステージをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
1. Invisible Dance
2. improvisation
3. What Makes You Human
4. Land Song

【Salone Report】 2021.7.17 お茶 de フローライフ習慣

7月17日は、サローネ「お茶 de フローライフ習慣」を開催しました。
参加くださいました皆さま、ありがとうございます♪ 


「フロー」という状態は、
最高にリラックスしていながら、意識もはっきりしていて、かつ集中して行動ができている状態」を表す言葉で、その状態の時は心と身体と脳がしっかりと連携して、そしてその状態こそが「本来の状態」というのが私たちの解釈で、同義な言葉として広く知れ渡っている言葉に「マインドフルネス」があります。


マインドフルネス」状態に誘う手法にはヨガや瞑想、座禅などさまざまにありますが「喫茶」も有効な手段の一つです。

お茶 de フローライフ習慣」では、「喫茶」のティーとして「おひるねヨガ」ナビゲーターの鈴木 めゆさんと共同開発したオリジナル・ブレンド・ハーブティ、“飲むヨガ”こと「フローティ」をお出ししています。

フローティ」1杯につき、飲む方に“今”必要なメッセージが書かれたカードが1枚付きます。

参加くださった方には、「自分がマインドフルネスになった」と感じた時点で、ご自分の手で1枚カードを引いていただいています。

集まったみなさんで交わす「おしゃべりカフェ」では、前回から今回までの間に体験したこと、から始まって、いろんな会話を交わします。


今回は、この「お茶 de フローライフ習慣」で自分のマインドセット確認にお勧めしている“ジャーナリング”について、実践し、実生活でも好ましい変化が顕れている参加者に、
「どうやっているのか?」
といった、実践するにおいて気になっていることを質問する
という形式で進めていきました。

今回の“おしゃべり”で特にお伝えしたのが、「快楽」と「幸福」の違いです。


これはジャーナリングをしていく時でも、とても大切な見極めとなります。

そして、今回もジャーナリングを実践するうえで経験したこと、疑問に思っていることをお互いにシェアしあいました。


いろんな経験から得た気付きを分かち合う機会としてのお茶 de フローライフ習慣」。
次回は8月21日(土)に開催致します。


210717001


この日の采食顕美メニューは、“セビーチェ”でした。

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.7.13 山口 友生(gt.)&山本 裕之(b.)

7月13日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を、緊急事態宣言モードにて開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 山口 友生 さんとベーシストの 山本 裕之さんです。

210713001

“爪弾き”スタイルでとてもここちよい響きを放ち、心までうっとりと寛ぎに誘う山口 友生さんと山本 裕之さんのデュオの生演奏。
山口 友生さんの生演奏では、“4つ”の異なる弦楽器の響きでジャズを愉しむことができるのですが、緊急事態宣言モードでも4つの異なる音色で演奏くださいました。

ひとつは、山口 友生さんの代名詞のひとつ「ウクレレでスウィング」。
今回はボサ・ノーヴァの演奏もなさる山口 友生さんらしい選曲そして演奏での「One Note Samba」。ウクレレのサウンドとボサ・ノーヴァのマリアージュは最高でした♪

そして山口 友生さん自らD.I.Y.されたアコースティックギターにエレキギターのピックアップをハイブリッドギターは、曲に合わせてはもちろんのこと、曲中でもアコースティックギターサウンドからエレキギターサウンドに切り替えできるスグレモノ。
今回は山口 友生さんのオリジナル曲「これでいいのだ!」で、痺れるほどのブルースフレーバー満載のスウィングを奏でてくださいました。

またハイブリッドギターでは、山本さんのベースをフューチャーした「James」で、アカンパニストとしての山口 友生さんの魅力も聴かせてくださいました。
ベースが主旋律を担うアレンジもまた山口 友生さんと山本さんのデュオならではの心地よいアンサンブルです。

そしてもうひとつがアコースティックギター。
ハイブリッドギターに比べて柔らかい弦を使用しているため、よりまろやかなサウンドが響くアコースティックギター。加えて山口 友生さんは爪弾きでさらに、繊細でかつここちよいギターサウンドになります。


山口 友生さんのうつくしいギターの音色にぴったり、と山本 裕之さんが提案したバラードで、このデュオでは欠かせない曲となってきた「Verrazano Moon」。
ギターとウッドベースの編成だから
ではなく、山口 友生さんと山本さんのデュオだから、聴きたい曲、アンサンブル。
この曲はまさにそのひとつです。


耳心地の良い音色で、まろやかで落ち着きのある響き、ふくよかなサウンド、そしてここちよいスウィング。
アンコールに応えて演奏くださった山口 友生さんのかっこいいアレンジでの「男と女」。
元々オシャレな曲がさらにステキなスウィングにアレンジされた「男と女」は、まるで、山口 友生さんと山本さんのアンサンブルの絡みのようです。

緊急事態宣言の最中でも、山口 友生さんと山本 裕之さんとの2弦のアンサンブルは、至福のサウンドで店内を満たしてくれました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ふくよかでうつくしい2弦の響きによる心地よいスウィングなひとときをご一緒できて嬉しいです♪ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<Set>
1. I'll Be Seeing You
2. The Look Of Love
3. The Gentle Rain
4. One Note Samba
5. James
6. Verrazano Moon
7. これでいいのだ! (山口 友生さんオリジナル曲)
 
<Extra>
Un homme et une femme

set-4 :Ukulele by 山口 友生さん
set-5, 7:Hybrid guitar by 山口 友生さん
ほか:acoustic guitar by 山口 友生さん
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード