U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

【Live Report】 みんな de ライヴ 2018.8.26 「ぽよDuo」 坂上 領(fl. etc. ), 帆足 彩( vl )

8月26日は、日曜日の午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴをお楽しみいただくアフタヌーンティーライヴ「 de 」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

日曜日に開催するアフタヌーンティーライヴ。
本日出演くださいましたのは、フルート奏者の 坂上 領さんとヴァイオリニストの 帆足 彩さんによるデュオユニット「ぽよDuo」です。

180826003

「脱力系ラテンバンド」チャランガぽよぽよの中心メンバーの坂上さんと帆足さんによるデュオ。

本日のライヴのオープニング演奏は、坂上さんと帆足さんのデュオでは定番となってきました「ソプラノリコーダーデュオ」による「メヌエット」でした。

180826004

1stセットでは、“攻めの演奏”、そして“ぽよ色強め”がコンセプト。
いままで聴いたことも無いような「ノルウェーの森」はまさに“攻め”の姿勢。

そして急峻な坂道などで見かける2重の丸いリングを帆足さんのオリジナルワードから生まれたぽよDuoのためのオリジナル曲「まるぼっち」。
先ごろ原作者が他界された“チェブラーシカ”に捧げるようにチェブラーシカ縁の曲を3曲などなど、“チャランガぽよぽよ”のアルバム収録曲が続々登場。

1stセットのラスト曲「チャランガぽよぽよ」では、来場くださっていた野口 茜さんがピアノで共演されました♫

180826001


2ndセットのオープニングは、これも恒例となっている、帆足さん:ヴォーカル&坂上さん:ピアノによる演奏。

180826005

夏にふさわしい曲ということで今回帆足さんが選んだ曲は「少年時代」でした。
そしてボッサ調で演奏されました。

2ndセットでは、モーツァルト作曲とされているもともとはヴァイオリン二重奏のための「鏡のカノン」、この曲は同じ楽譜を上下ひっくり返して同時に演奏するのですが、それをフルートとヴァイオリンで演奏されたり。

180826002

Tequila」では、「〇〇と言えば」対決を繰り広げたり。
ちなみに今回は、ぽよDuoで今年四国ツアーを行った振り返りということで、対決のお題は
「高知といえば」、「愛媛といえば」、「徳島といえば」
でした。

ぽよDuoのライヴ本編のラストテーマとなりつつある「Mas Que Nada」終了後、
アンコールとして演奏されたのは、これもぽよDuoで恒例の「クラシックのオーケストラ曲を二人で演奏する」シリーズでした。
今回は「ラデッキー行進曲」でした。


メロディー楽器のデュオでいて、メロディーと伴奏をスイッチしたり、和音を重ね合わせたり。
坂上さんと帆足さんの見事なまでのアンサンブルを今回もたっぷりと愉しませてくださいました。

去りゆく夏を愉しむアフタヌーンティーライヴ。
夏の締めくくりに坂上さんと帆足さんは「浴衣」で演奏。
そして浴衣で来場くださった方には、帆足さんからステキなプレゼントがございました♫


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、愉しくてかつすばらしいアンサンブルのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Menuett(Johann Sebastian Bach)
2. Norwegian Wood
3. まるぼっち (ぽよDUOオリジナル曲)
4. ワニのゲーナのテーマ
5. 誕生日の歌
6. チェブラーシカの歌
7. アタラシイオト (坂上 領さんオリジナル曲)
8. チャランガぽよぽよ

<2nd Set>
1. 少年時代
2. Der Spiegel(Wolfgang Amadeus Mozart)
3. Schön Rosmarin(Fritz Kreisler)
4. 雨上がりの空 (帆足 彩さんオリジナル曲)
5. Tequila
6. 鉄腕アトム
7. Mas Que Nada 

<Extra>
Radetzky-Marsch(Johann Strauss I)

1st-1:ソプラノリコーダーデュオ
2nd-1:帆足さん on Vocal、坂上さん on Pianoforte
2nd-3:Violin solo by 帆足さん
1st-8:pianoforte by 野口 茜さん

【Salone report】 2018.8.22 「自分を表現する生き方術」講座

本日は、スペシャルサローネ「自分を表現する生き方術」講座を開催いたしました。
ご参加くださいました皆さま、ありがとうございます。

講師を務められたのは、芸歴42年、歌って踊って話せるマルチタレントとして、またプロ和太鼓チーム「太鼓打 魁」の主宰として活躍されている よしだもみじ さんです。

本講座でよしださんが仰るのが、
 「自分の発する言葉は「自分自身にとって表現したいもの”」のはず。
 それが伝わらないことはとてももったいない。」
です。


よしださんの講座では毎回、課題に沿って思うことを書き出す時間がとられます。
アウトプットすることでより一層思っていることを大切にするようになる、からです。
本日の講座でも、まず最初に3つ、書き出す課題が出されました。

ひとつめは「自分が幸せだと感じること/思うことをひとつ
ふたつめは「自分自身がこうしたい/こうなりたいと思うことをひとつ
そしてみっつめに「自分のできること/得意なことをひとつ
でした。

180822001

アウトプットに関して、今回は「できなくても“できる”と思うこと」、「デフォルメをしてでも“いいこと”を書くこと」というアドバイスをいただきました。
そうすることで、アウトプットが“目標”になるから、です。


また本日の講座では、「仕事のことについて」と「自分のことについて」を教わりました。

仕事について
では、“プロ”は“最初に断ってはいけない”と教わりました。
それは「自分ですべてをやらねばならぬ」というわけではありません。
自分で調べる、できる人に託す、などなど方法を探すことをする、ということでした。

またお釈迦様が入滅される時に弟子の質問に答えた逸話を引用されて、“戒律を大切にする”の本来の意味を教えてくださいました。

自分のことについて
パワーが寄ってくる言葉、逆にパワーが離れていく言葉、の例を出して下さりながら、 自分が吐く“言葉”に意識を向けることの大切さ、を教わりました。
 
今日は、個別のQ&Aの時間を設けていただくなど、より理解をしっかりとできるようにも配慮くださいました。

次回は9月19日です。
「自分自身を幸せにする生き方をしたい方」、お待ちしております♪

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.8.21 堀 秀彰( pf. ) & 増原 巖( wb. )

8月21日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーにて、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 堀 秀彰 さんとベーシストの 増原 巖さんです。

180821001

かつて増原さんリーダーのバンド「What's Up」で一緒に活動されていた堀さんと増原さんのデュオはここカフェ・ユーでだけ。
しかも演奏は、ピアノはもちろんベースも生音です。

今回のライヴで堀さんが凝らした趣向は、「作曲者フューチャリング」。
「作曲には個性が出る」
ということで、1stセットは“Cedar Walton”をフューチャリング。

シダー・ウォルトンは、1960年代の初め、ピアニスト、アレンジャーとしてアート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズに3年間活動したモダンジャズのピアノ奏者であり作曲家。
作曲家としても非凡な才能を持ったミュージシャン。

華やかな雰囲気の「Fantasy In D」 で始まり、堀さんと増原さんのソロのトークがステキな演奏で奏でられた「Martha's Prize」、メローなバラード調での「Clockwise」、ラテンのフレーバーも感じられるような情熱的な「Holy Land」では堀さんがCedar Waltonのライヴを聴きに行った時のエピソードも語られ、そしてロマンチックなバラードの「I'll Let You Know」、そして締めは「Firm Roots」。
多彩な表現と、緻密な構成のCedar Waltonの世界を堪能させていただきました。
「マイナーコードなのに暗くない」のがCedar Waltonらしい、とは堀さんのコメント、でした。 


ブレイクを挟んで、2ndセットは最初の2曲は堀さんのオリジナル曲、次いで2曲増原さんのオリジナル曲をセレクト。
2ndセットのオープニングの堀さんのオリジナル曲「I'll Be Back There」はまだあまりライヴでは演奏されていない曲とのこと。ツアーでのライヴも多い堀さんならではのタイトル曲でした。
2曲目は堀さんが奥さんのために書いた曲「But, She Likes Waltz」。こちらも曲名のエピソードとともに演奏くださいました。
増原さんのオリジナル曲は、ベースの演奏に長けた増原さんの生徒さんの名前に由来してタイトル付けされた「Indigo Blue」、そしてクラシック好きでもある増原さんがチャイコフスキーを連想してタイトルにした「Hope For Pyotr」、この曲はアルコ弾きで演奏されます。

そして最後の2曲は、去りゆこうとしている夏をイメージして「Estate」と「Samba do Avião」がセレクト。

堀さんと増原さんのデュオにて、今宵もジャズが持ついろんな魅力の紹介とともに、うつくしい曲はよりうつくしく、ホットなナンバーは“heart hot, play cool”な演奏で聴かせていただきました♪
聴いているお客さまも、思わず顔がにんまりしてしまうほど、でした。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、”heart hot, play cool"なジャズのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪
 
♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Fantasy In D
2. Martha's Prize
3. Clockwise
4. Holy Land
5. I'll Let You Know
6. Firm Roots
 
<2nd Set>
1. I'll Be Back There (堀さんオリジナル曲)
2. But, She Likes Waltz (堀さんオリジナル曲)
3. Indigo Blue (増原さんオリジナル曲)
4. Hope For Pyotr (増原さんオリジナル曲)
5. Estate
6. Samba do Avião

<End>
If I Were A Bell

【Salone Report】 2018.8.19 人生を愉しくする「脳のお片付け」習慣

2017年9月に開催されました「RUN伴2017文京」をきっかけにご縁がつながった

 お茶を飲みながら、くつろいでお話できる空間を提供するガレリア カフェ ユー。

 「認知症サポーター養成講座」できる認知症キャラバンメイトでもあるキャリアカウンセラー。

 子どもさんから認知症の方へのヨガなど、ヨガをするのが難しい方々にもヨガを伝えるナビゲーター。


この4名が一緒になって、「自分とつながる みんなとつながる」をモットーに立ち上げた「サローネ グラツィエ」が提供するサローネ、「人生を愉しくする「脳のお片付け」習慣」。

このサローネでは、「認知症の予防実践を体得」していただきながら、さらに参加くださった方が日常生活で自分のやりたいことに気付いたり、自分が愉しむことを実践したり、「“自分の人生も愉しむ”方法を見つけることにつながるかも?」という習慣を体験していただいています。



本日は、「リラックス」がキーワードでした。

まずは鈴木めゆさんによる「おひるねヨガ」を実際に行っていただきました。
おひるねヨガ」は認知症の方へのヨガ、小学校低学年のヨガ、赤ちゃんや小さな子とお母さんのヨガ、妊婦さんなど、ヨガをするのが難しい方々でもできるヨガとして、めゆさんが伝えているヨガで、「お昼寝をしながらするヨガ」。ではなくて、「おひるねをするように、自分にいろんなことを許してあげるヨガ」です。

本日は「リラックス」ということで、「おひるねヨガ」実践の前に、鈴木めゆさんによる「“ハウルの動く城”から観る“リラックス”とは」解説がありました。
めゆさん曰く、「リラックスとは“ありのままの自分で戻っている状態”」 、そして「“リラックス”は周りの人にも伝染る」ということです。
今一度、そんな視点で“ハウルの動く城”を観てみようと思いました。 


180819001

写真は「おひるねヨガ」の恒例の動作のひとつです。
「リラックス」の代名詞的なものとして脳波の“アルファ波” があります。
“アルファ波”優勢にする方法はいくつかありますが、そのひとつが「目を閉じる」です。 
起きている状態で目を閉じることはなかなかないのが実情ではないでしょうか?

おひるねヨガ」では「1分間目を閉じる」ことを行います。

慣れないうちは1分が長く感じられることと思います。
 


おひるねヨガ」のあとは、食による脳のお片付け習慣「徳し人メニュー」 とともに「おしゃべりカフェ」。

本日の「徳し人メニュー」 は「アボカドのチーズケーキ」を実食していただきました。


180819002

ビタミンEを豊富に含むアボカドは“若返りの果実”とも言われます。
リラックス”という観点から言えば、その色、「グリーン」による色彩効果です。
グリーンには鎮静作用で緊張を緩和したり、安心、安定を表しココロとカラダの疲れを癒す事によりリラックス効果があります。

おしゃべりカフェ」では、本日集まった方ならではの話に花咲きました。
「偶然は必然」という言葉はよく見聞きしますが、「おしゃべりカフェ」ではそれをよく実感します。
おひるねヨガ」で創られた「リラックス」した雰囲気の中、おしゃべりをすることでご自身にも、そして周りの方にも気付きが起きる。
おしゃべりカフェ」では毎回、そんなことを感じます。

【Salone Report】 Wine Lovers Club 2018.8.17

本日は、「ワインのことをもう少し識りたい」方に向けて開催しております体感型ワイン・テイスティング講座、「Wine Lovers Club」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

7月からは新たに、「スペイン」の生産地域と葡萄品種の関係にフォーカスしたテーマでワインをセレクトしています。
今回からは「スペインワインの産地を巡る」と題して、スペインワインの「地域」にスポットを当てて、ワインを取り上げていきます。
その初回として取り上げました地域は、「カタルーニャ地方」です。

180817004

カタルーニャ文化圏はスペインのカタルーニャ州とフランスのルーション地域とにまたがっています。
カタルーニャ州はスペイン北東部の地中海沿岸に位置し、地中海性気候の影響を強く受けます。
そのワインの歴史は古く、帝政ローマが支配するよりも数百年前にフェニキア人がワインの生産を導入していた物証が出土しています。

1870年にはホセ・ラベントスがペネデス地域のサン・サドゥルニ・ダ・ノヤでシャンパーニュ製法によるスパークリングワインの生産に成功しました。今ではカヴァ(Cava)と称しているスパークリングワインです。
DOカヴァの認定自治体はカタルーニャ州以外にも存在しますが、スペインで生産されるカヴァの95%がカタルーニャのペネデスで、そのペネデスで生産されるカヴァの85%がサン・サドゥルニ・ダ・ノヤで生産されています。

またスペインのワイン法で“原産地呼称ワイン(DO:Denominacion de Origen)”の中から厳しい基準で昇格が認められる特選原産地呼称ワイン(DOCa:Denominacion de Origen Calificada)は現在2地域が承認されていますが、ひとつはリオハ、そしてもうひとつがカタルーニャ地方のプリオラートです。
あまりにも過酷な土地ゆえに、過疎化が進んでいた地域、プリオラート。
しかし1980年代後半に、この土地のポテンシャルに注目した新進気鋭の4人がこの土地を一変させました。

またカタルーニャには「キング オブ スペイン」と称される、個人所有のワイナリーとしては世界最大の生産量を誇る“ミゲル・トーレス”もこの地に本拠を置きます。

カタルーニャ地方は、スペインで初めてステンレス製発酵タンクを採用したワイン産地として、世界の高品質ワイン生産の舞台に登場したスペインワインの先鋒として立った地域でもあります。

そんなカタルーニャのワインを3種類セレクトして、テイスティングしていただきました。


今回テイスティングしたワインのノートは下記のとおりです。
 
180817001

180817002

180817003




 
ガレリアカフェ ユー憲章
営業スケジュール
今月の展示

-Photos in September- たけださよ(SA-NYA)&輝血庵 展
写真を撮ること、日常の小さいけれど大切な記憶を残すことの素晴らしさを伝えたい。
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード