U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユウ)の日々を綴るblogです

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.4.24 「Pick&Lips」 河野 文彦( gt. )&フクムラサトシ( s-sax. )

4月24日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ギタリストの 河野 文彦 さんとソプラノサックス奏者の フクムラサトシさんによるデュオユニット「Pick&Lips(ピクリプ)」です。

180424003

ピックを使って演奏するギターとリップを使って演奏するソプラノサックスの編成されたデュオ「ピクリプ」。
「世代を超えて愛される名曲をこころがほっこりと温かく音色で奏でる」コンセプトどおり、今回のライヴでも随所に「ピクリプ」のカラーが見られました。

オープニングナンバーは、「ピクリプ」のライヴでは1曲目に演奏することが多いという「On The Sunny Side Of The Street」。
外がどんな天気でも、身体が温かく、そして心が晴れやかになる「On The Sunny Side Of The Street」。
「ピクリプ」の音色やハーモニーもまさに太陽の光のように、聴く人の心を温かくしれくれます。

今日のライヴでは、選曲は事前にしてあるものの、演奏順番はお客さまとで創る雰囲気で決める、という方式で進められました。

1stセットは河野さん、フクムラさんのオリジナルから「春らしい」曲、それも店内の展示の鳥の絵とコラボレーションするような曲。
そして、テレビ東京系ドラマ『孤独のグルメ』の音楽制作のため、原作者である久住昌之さんを中心に集まった音楽制作家集団「The Screen Tones」としても活動されている「ピクリプ」の二人ならではの「孤独のグルメ」のテーマ曲、がセレクトされました。

今回で7シーズン目を迎えたTV版「孤独のグルメ」。
フクムラさんはテーマ曲のメロディーをシーズン1から担当されていますが、タイトルも決められています。
そのタイトルは「孤独のグルメ」にちなんで「Alone」が入ったタイトル名としているそうです。
シーズン7は、マイルス・デイヴィスのあの名曲のフレーズから付いたタイトル、でした。

1stセットは、春、ということで選曲された日本の童謡「」のあと、河野さんのジプシージャズプレイをイメージしてフクムラさんが作曲したスウィンギーなナンバー「ラピスラズリ」で締めとなりました。


2ndセットは、ニューヨークの煌びやかさがサウンドになった名曲「Take the 'A' Train」 でスタート。
続いて、ニューヨークがタイトルに入ったソプラノサックスがキーチューンの曲「Englishman In New York」 。

ボッサ調、日本の原風景のイメージ、そしてジプシースウィングと、「ピクリプ」のオリジナル曲。
そしてイタリアの名画と日本の映画のナンバーの「ピクリプ」ヴァージョン。

シーンが浮き上がってくるような演奏。
うつくしい曲をよりうつくしいメロディーとアレンジで奏でる「ピクリプ」サウンドに、店内は至福のひとときで満たされました。

もちろん、ジプシージャズタイムも登場。
熱いスウィングでもお客さまを魅了されました♪ 


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、うつくしい名曲の数々をうつくしい演奏とともに愉しむひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. On The Sunny Side Of The Street
2. 4月のワルツ (河野文彦さんオリジナル曲)
3. The First Flight (フクムラサトシさんオリジナル曲)
4. ツバメのワルツ (河野文彦さんオリジナル曲)
5. Stay Alone (久住昌之さん&フクムラサトシさん共作曲)
6. So Alone ? (久住昌之さん&フクムラサトシさん共作曲)
7. 花
8. ラピスラズリ (フクムラサトシさんオリジナル曲)
 
<2nd Set>
1. Take the 'A' Train
2. Englishman In New York
3. Sunrise Sunset (フクムラサトシさんオリジナル曲)
4. 故郷の景色 (河野文彦さんオリジナル曲)
5. Swing 56 (河野文彦さんオリジナル曲)
6. New Cinema Paradise Medley
7. いつも何度でも
8. The Girl From Ipanema
9. スイートホーム (フクムラサトシさんオリジナル曲)
10. Очи чёрные(黒い瞳)

<Extra>
L-O-V-E

【Salone report】 茶論トーク 英米児童文学の愉しみ

本日は、翻訳家 谷口 由美子さんが自ら手掛けられた英米児童文学の魅力をお伝え下さる茶論(サロン)トーク、「茶論トーク 英米児童文学の愉しみ」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

180424002

本日はまず、2017年の12月に谷口さんの翻訳で出版された「大草原のローラ物語 パイオニア・ガール」に関連した動きのお話から始まりました。

出版後、今年の2月には教文館でイベントを開催されたり、新聞などで取り上げられたり、注目を集めている「大草原のローラ物語 パイオニア・ガール」。
5月には増版も決まったそうです。
そして今後も各地でイベントが開催されていくそうです。

そして、本日谷口さんがご紹介くださった英米児童文学はキャロル・ライリー・ブリンク作の「小さいママと無人島」です。
原題は「Baby Island」 、1937年に出版された本です。

この本の主人公は12歳と10歳の赤ちゃん大好きな姉妹。
この姉妹が父の居るオーストラリアへと、アメリカから乗船した船が嵐に遭遇
2歳から4ヶ月の4人の乳幼児とともに無人島に漂着するというお話。

この話は、作者のキャロル・ライリー・ブリンクさんがまだ子供だった頃は、近所の赤ちゃんを預かってあやすということが日常的だったことがベースになっています。
そして本が出版された1937年当時のアメリカでは、そのような光景が少なくなってきていたそうです。
12歳の女の子は兄弟姉妹ではない赤ちゃんの面倒をみることができる。
そんなメッセージも込められた作品なのでしょうか?

子供たちだけで無人島でどうやって暮らすのか?
それは本作を読んでいただくとして、今回のお話では「翻訳苦労話」を紹介くださいました。

「英米児童文学の愉しみ」でも何度か話題になっていますが、英米児童文学は時に原作をそのまま訳せない場合があります。 
時代背景の違いなどもあるのかもしれませんが、特に子供向け文学では「言葉の表現」が難しい場面がしばしば登場するそうです。

「知る」ことで「そうよね」と理解する人もいる一方で、「書いてあることをそのまま受け取ってしまう」人もいる。
それが懸案となって、言葉選びが慎重になってしまうことも、時には本の内容に変更が加えられることもあるそうです。

ただ、「理解する」ためにはまず「知る」ことから始まるのも事実。
たくさんの多様な文学と出会うことも、多様な世界を理解する一助になると思います。 

【Live Report】 みんな de ライヴ 2018.4.22 「PAN-P-PAN!」 見谷 聡一( pandeiro )、小林 由佳(pf.)、さねちかゆりえ( steel pan )

4月22日は、日曜日の午後に、スイーツとドリンクとともに、第一線で活躍されているミュージシャンによりますライヴをお愉しみいただくアフタヌーンティーライヴ「 de 」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、パンディロ奏者の 見谷 聡一さんとピアニストの 小林 由佳さん、そしてスティールパン奏者の さねちかゆりえ さんによるトリオ・ユニット「PAN-P-PAN!」です。

180422001

見谷さんが叩く、ブラジルのサンバには欠かせない音程が出せる打楽器“Pan”deiro。
さねちかさんが演奏する、トリニダード・トバゴで生まれたドラム缶から作り出された音階が出せる打楽器Steel “Pan”。
この2つの中南米楽器をつなぐのは小林さんが演奏する鍵盤打楽器“P”ianoforte。

3つの楽器の編成で演奏されるのは、トリニダード・トバゴ発祥のカリプソだったり、パンディロ発祥のブラジル音楽だったり、ジャズだったり、そしてメンバーのオリジナル曲もあったり。
それが、南国の心地よい響き、そしてリズムで奏でられます。

さねちかさんは「キリン好き」で有名ですが、今回のライヴでは今回の展示作家さんのポストカードを購入して、ご自身のスティールパンに貼って演奏。
もちろん、さねちかさんのオリジナル曲「ジラフ」も演奏されました。

また「Moon River」は、小林さんの弾き語りにシェイカーとスティールパンの演奏。
そして、PAN-P-PAN!では新曲となるさねちかさんのオリジナル曲「KURAGE」では、ふわりふわりとした感じというリクエストで、見谷さんがウドゥを使ってぽわんとした音色で演奏。

中南米の曲はもちろん、ジャズの曲もPAN-P-PAN!が演奏すると南国のしあわせなイメージになります。
たとえば、「Ladies In Mercedes」は街中を疾走するクールなイメージから、PAN-P-PAN!モードでは、うつくしいカリブ海を臨む海岸線を走るメルセデス・ベンツのオープンカーのイメージに、私は感じました。

終始にこやかに過ぎていくPAN-P-PAN!のライヴ。
音楽も、そしてトークでも、心を緩ませて、笑顔にしてくれるPAN-P-PAN!。
昼下がりにぴったりな編成と音楽でした♪


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、心地よい響きとリズムで愉しませてくれる音楽のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. PAN-P-PAN!のテーマ
2. Bibbidi-Bobbidi-Boo
3. ジラフ (さねちかゆりえさんオリジナル曲)
4. Old Lady Walk A Mile
5. Ladies In Mercedes
6. Moon River
7. Tombo 
 
<2nd Set>
1. Samba de Uma Nota Só
2. KURAGE (さねちかゆりえさんオリジナル曲)
3. PAN-P-PAN!のテーマ
4. Niceness
5. 秋風 (見谷さんオリジナル曲)

<Extra>
RAIN-O-RAMA

1st-6:vocal by 小林 由佳さん
1st-4:小林 由佳さん&さねちかゆりえさんによるデュオ演奏 

【Salone Report】 Wine Lovers Club 2018.4.20

本日は、「ワインのことをもう少し識りたい」方に向けて開催しております体感型ワイン・テイスティング講座、「Wine Lovers Club」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

1月からは新たに、「ドイツ」の生産地域と葡萄品種の関係にフォーカスしたテーマでワインをセレクトしています。
ドイツには13の指定生産地域があります。
今回ピックアップした生産地は「ラインガウ地方」です。

180420004

ラインガウは、大河ラインが、マインツあたりにさしかかるころ、急に西に直角に方向転換する、その北岸、真南に向いたタウヌス山腹の一面にあります。従って、ライン河に沿う約40kmに渡るその葡萄畑は総て真南に向いています。 
ライン河はこの地域でその河幅を一層広め、最大1.2kmに達する所もあり、この大河の恵みを十二分に受けます。また、背後のタウヌス(Taunus)山系によって荒々しい北風からも守られ、まれにみる好条件の葡萄畑が生み出され、昔から大銘醸ワインの数々を世に送り出して来ました。ドイツにおける最も高級な歴史的ワイン産地がラインガウです。

ラインガウ地方は、全生産地のうちでリースリングの栽培比率が最も高い地域で、ほぼ90%を占めるほか、輸出率が高い地域でもあります。酸味が豊かな辛口あるいは中辛口のリースリング、ふくよかなシュペートブルグンダーの産地として知られています。土壌の地質学的条件やライン川流域の理想的な気候条件は葡萄の生育に最適で、夏場にも充分な湿度が保たれています。
カール大帝が、対岸のインゲルハイムの王宮から、ラインガウを見やり、その雪解けの早さから、その暖かさを知り、葡萄栽培を奨励したと言う逸話は良く知られています。


今回取り上げた生産者は、2つ。

ひとつは英国のヴィクトリア女王が自らの名前を与えた銘醸畑ホッホハイマーを擁するドイツ最高レベル、かつ入手困難な蔵、「ヴァイングート・ヨアヒム・フリック」です。

ドイツワイン、特にドイツのリースリングのことをイギリスでホックと呼ぶのは、この銘醸畑「ホッホハイマー」に由来します。王室の紋章がワインのラベルに使われることなど無いことですが、ヴィクトリア女王がこの地を訪れ感動したことから、女王の名にちなんで畑を「ケーニギン(女王)・ヴィクトリアベルク」と名づける許可を得、大英帝国の紋章がラベルにデザインされるようになっています。そして1850年以来、ヴィクトリアベルクのワインは王室の式典でも愛用されています。 

もうひとつは12世紀以来一度として途切れることなくワイン醸造が営まれてきたラインガウの銘醸、「クロスター・エーバーバッハ醸造所」です。

エーバーバッハ修道院と醸造所から成るクロスター・エーバーバッハはもともと1135年創立のシトー派の修道院で、1803年に俗化した後は州立醸造所となり、1998年には財団法人となって醸造所も完全に独立運営されることになりました。
クロスター・エーバーバッハ醸造所が所有する畑の中でも修道僧たちによって開墾され、1230年代に完成されたとされるオルツタイルラーゲ「シュタインベルク」24ヘクタールは最も有名で、シトー派の修道士の故郷ブルゴーニュのクロ・ド・ヴージョと様式を同じくする高い石の塀に囲まれた特別な区画です。 
また、ドイツ ピノ・ノワールの銘醸地として最も古く最も優良な土地として知られるアスマンズホイザー・ヘレンベルグを所有。ブルゴーニュに匹敵する美しいワインを産み出しています。 


今回テイスティングしたワインのノートは下記のとおりです。
 
180420001

180420002

180420003
 

【Salone report】 2018.4.18 春の晩餐会 Banchetto di Primavera

本日は、“ワインと料理のマリアージュを愉しむ”スペシャルサローネ「春の晩餐会 Banchetto di Primavera」を開催いたしました。
ご参加くださいました皆さま、ありがとうございます。

今回セレクトしましたワインは以下の3種類です。
イギリス 「ハッティングレイ・ヴァレー ブリュット ロゼ 2014」 
フランス アルザス 「ゲヴェルツトラミネール ヒューゲル クラシック 2014」
日本 岩手県花巻市 「ツヴァイゲルトレーベ 栽培者個別醸造ワイン 2017」 

180418001
 
最初のワインとして選んだのは「ロゼの泡」。
泡ワインの生産国として密かに注目を集めているイギリスの中でも、英国王室にも愛飲される高品質スパークリングワインメーカーとして話題のハッティングレイ・ヴァレーの辛口ロゼをセレクトしました。

これに合わせたのは、「春野菜の盛り合わせ」。

180418002
 
タケノコは皮付きのものを皮付きのままオーヴンで蒸し焼きに、そのほかの野菜は塩で水分を引き出した蒸し焼きにしたシンプルな調理で。
春野菜のほのかな苦味と甘味と、ロゼの軽やかなタンニンを合わせてみました。

2本目には白ワイン。
「ライチの香りがする品種」として、女性にも人気の高い品種「ゲヴェルツトラミネール」。
その特徴である“ライチの香り”がする特徴がよく現れるアルザスの中でも名門中の名門、ヒューゲル社のワインをセレクトしました。

これに合わせたのは、「カジキマグロのロースト フルーツソース添え」

180418003

 ゲヴェルツトラミネールの持つ華やかな香りとスパイシーな味わいに相乗効果するような調理として、フレッシュなフルーツソースに塩・胡椒を効かせたタンパク質のローストを選びました。
この品種には、マグロや鶏モモ肉、豚のロース肉などあまり主張をしないけどヴォリュームがありかつ華やかなフルーツソースに合う肉のローストがお薦めです。
付け合せはキノコのコンフィを添えました。


3種類目は、岩手県のワイナリー エーデルワインのツヴァイゲルトレーベ。
それも、お店の「Wine Lovers Club」のメンバーのご主人が造った葡萄だけで造られたスペシャルヴァージョンのワイン。2017年がファースト・ヴィンテージです。

これに合わせたのは、シュークルート。

180418004
 
果実味と酸味が際立ったワインの味に、酸味が心地よい調理を合わせてみました。

ワインは料理とともに味わうことで、感じる味に発見があったりする飲み物。
料理との組み合わせを愉しむのもワインの愉しさです。 
ガレリアカフェ ユウ憲章
営業スケジュール
今月の展示

中村貴代美 創作デコパージュ『春』
古来の技法をきちんと手間をかけ時間をかけて細部に至るまで丁寧に創作したデコパージュを展示します。
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード