U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.6.16 黒沢 綾( pf. & vo. ) & 小林 宏衣( pf. & vo. )

6月16日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニスト&ヴォーカルの 黒沢 綾 さんとピアニスト&ヴォーカルの 小林 宏衣 さんです。

200616001

黒沢さんと小林さん。ふたりの弾き語りニストの共演。
実はお二人が“直に”対面されるのは、前回2月のカフェ・ユーでの生演奏以来、とのこと。

生演奏の度にさまざまなヴァリエーション&演奏で魅了されたお二人の生演奏ですが、今回は
1stセットは小林さんがピアノを担当、2ndセットは黒沢さんがピアノを担当、と時節柄も考慮してのシンプルな役回りで、ですが、表現のヴァリエーションは遺憾無く発揮くださいました。

オープニングはカーペンターズの「Rainy Days And Mondays」。
実は、梅雨の時期、ということもあって、雨の日にふさわしい曲をセレクトされていたお二人。
ところがこの日はピーカンの青空の日。
それでもご用意された雨にちなんだ曲を演奏されるお二人に奇跡が・・・

前回の生演奏のアンコールでアカペラで演奏くださった「And So It Goes」や、ブラジルのうつくしいバラードの英語ヴァージョンでの「Bridges」。
そして、黒沢さんと小林さんのデュオの代名詞的な曲「His Eye Is On The Sparrow」は今回もしっかりとリストに入っていました。

小林さんの雨にちなんだ新曲からJ-Popとして竹内まりあさんの曲を小野リサさんのカヴァー・ヴァージョンで、と二人ならではの選曲と表現と演奏。

そしてブレイクに外を見ると雨が降っていました!

2ndセットは位置を交代。

200616002

2ndセットのはじまりは、「はじまりはいつも雨」。
「男性ボーカルのJ-Pop」はお二人の生演奏でのひとつの魅力で、お二人のヴォーカルで聴くとまた詩情豊かになります。

小林さんが初めて歌った黒沢さんのオリジナル曲や、懐かしのJ-Pop、さらには黒沢さんアレンジの「My Favorite Things」など、新たな局面もどんどん増えていく黒沢さんと小林さんのデュオ。

今回の生演奏では、黒沢さんも小林さんも、
“生演奏”の時間をともに分かち合っている悦びが表情に現れて、思わず心の声がマイクにも乗って、
その悦びは聴かれている方の表情にも現れていました。


選曲の妙、アレンジの妙。
聴かせ、響かせ、引き込む演奏。
そして笑いで弾けるMC。
ゆったり、まったりしていながら、熱く、そして愉しい二人の創りだす生演奏がまた戻ってまいりました♪


アンコールはこれも定番となりつつある、黒沢さんと小林さんのアカペラ。
曲は「Over The Rainbow」でした。
そして、生演奏の時間が終わる頃には雨も上がっていました。

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、愉しさのうちにゆったりまったりと時間が過ぎていく生演奏のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪
 
♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Rainy Days And Mondays
2. And So It Goes
3. Bridges (Travessia)
4. His Eye Is On The Sparrow
5. R & F(小林さんオリジナル曲)
6. 人生の扉
 
<2nd Set>
1. はじまりはいつも雨
2. Sunrise
3. Luck And Pluck! (黒沢さんオリジナル曲)
4. 優しい雨
5. My Favorite Things
6. 傘ひとつから (黒沢さんオリジナル曲)

<Extra>
Over The Rainbow

1st:小林 宏衣さん on pianoforte、黒沢 綾さん on vocal
2nd:黒沢 綾さん on pianoforte、小林 宏衣さん on vocal
Extra:a cappella by 黒沢 綾さん&小林 宏衣さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.6.9 加納 奈実(sax.)&ハクエイ キム(pf.)

6月9日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、サックス奏者の 加納 奈実 さんとピアニストの ハクエイ キムさんです。

200609001

20世紀になってから生まれた楽器“サックス”は同じく20世紀に生まれた音楽“ジャズ”に取り入れられることで、ジャズの花形役者としての地位を獲得しました。
今回も加納 奈実さんのサックスとハクエイさんのピアノの生音サウンドで、ジャズをたっぷりと堪能させていただきました♫

今回はジャズの“スタンダード曲”中心の編成での生演奏。
ジャズのスタンダードは、その他の音楽と違い、テンポ、調、アレンジなど、演奏される方の手腕によって、いかようにも味付けが変わります。

ほどよく抑えの効いたバラード調の「Body And Soul」から始まって、今回も、加納 奈実さんとハクエイさんならではのアレンジの連続でした。
甘く、そして危うさと儚さが混在するようなバラード調の「Stella By Starlight」、幻想的なイントロから独特な調での「Someday My Prince Will Come」。
メロディーラインをモチーフに軽やかに遊ぶような「Straight, No Chaser」に、愉しげなスウィンギーなアレンジの「Have You Met Miss Jones?」。などなど。


今回、初めて加納 奈実さんとハクエイさんの生演奏を聴かれた方が、
「自分の持っていたジャズに対するイメージが、いい意味で壊されました」
とおっしゃったように、やさしさとうつくしさと、そこにたまにあやしさやはかなさも織り交ぜられる加納 奈実さんとハクエイさんの奏でるジャズの世界。

お聴きになられた方が、新しい扉が開かれたことがとても嬉しいです♪
人に限らず、音楽とも“出会い”は大切ですね♪
これからも、体全体で感じる“音楽との出会い”の時間を、ミュージシャン、そしてお聴きになる方と創っていきたいです。

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、美にひたりふけるジャズのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Body And Soul
2. Alone Together
3. Straight, No Chaser
4. Stella By Starlight
5. Someday My Prince Will Come
 
<2nd Set>
1. It Could Happen To You
2. Footprints
3. Have You Met Miss Jones?
4. Mysterious Dress (加納 奈実さんオリジナル曲)
5. Days Of Wine And Roses
6. Oleo 
 
<Extra>
The Girl From Ipanema

全て alto sax by 加納 奈実さん 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.6.2 堀 秀彰(pf.)

6月2日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 堀 秀彰 さんです。

200602001

緊急事態宣言が解除されて以降は、今までとは違う意識で、複数の方と生演奏を愉しむスタイルが求められます。
物理的な距離の取り方、自然換気、アルコール洗浄の常備などを考慮しつつ、生演奏に触れる魅力をできるかぎり損なわないように。
ミュージシャンの方、そして来店くださるお客さま、みなさまの協力があって実現するスタイル。
この日が初めての機会でしたが、みなさまの協力にて実行することができました。

常々。
「生演奏はミュージシャンの演奏をお客さまが聴く」というよりも、「奏でるミュージシャンと愉しむお客さま、みんなで創り上げている」と思っておりました。
ウィズ・コロナでは、「安心への配慮」も含めて、より一層、その場に居合わせるみなさまで創っていくものになったと感じております。


前置きが長くなりました。

今回の生演奏は、急遽、堀さんのピアノソロ演奏となりました。
堀さんにとってもこの日は、緊急事態発令以降、聴く方と同じ空間に居合わせて奏でる初めての演奏とのこと。


ジャズのスタンダード曲に加えて、堀さんのオリジナル曲、アメリカで今起きている騒動に想いを馳せてのスティングの曲、など、それらの曲にあったエピソードの話とともに、楽器が奏でる生の音をずっと愉しみにされていた方のために、たっぷりと奏でてくださいました。

たっぷり演奏いただいたそのあともなお、アンコールの拍手にお応えくださって演奏されたのは「What A Wonderful World」。
この世の自然のうつくしさ、そして営まれる人間の何気ない日常、それがとてもすばらしく感じる・・・
なんでもないような幸せが、本当に幸せなこととして、多くの方とずっと営まれていきますように。 

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、生演奏に触れるひとときをご一緒できて幸せでした♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Singing To The Sky (堀 秀彰さんオリジナル曲)
2. Quarter Man (堀 秀彰さんオリジナル曲)
3. Moon River
4. Days Of Wine And Roses
5. Englishman in New York
6. Just One Of Those Things
7. East Of The Sun And West Of The Moon
8. On Green Dolphin Street 

<2nd Set>
1. Chan's Song
2. C Minor
3. But, She Likes Waltz (堀 秀彰さんオリジナル曲)
4. Don't Blame Me
5. This Is New
6. O Grande Amor
7. Love Letters
8. Summer Night

<Extra>
What A Wonderful World

【Galleria U_U】 藤木晴行 写真展「記憶を超えて」

6月のガレリア・ユーの展示は、藤木晴行 写真展「記憶を超えて」を開催致しております。

数年に渡ってカフェ・ユーで作品を展示している藤木さん。
モノクローム、フィルム…という自身の写真の原点からはブレずに、その表現方法を模索し続けている藤木さんの表現方法の変化を感じられる作品展となりそうです。

今回の写真展のタイトルは「記憶を超えて 〜見えないもののその先を見つめて〜

藤木氏コメントより
~~~~~~~~~~
写真とは、「見えているモノの、その先にある見えないものを如何に感じていただくか」そこに面白さがあると思います。
今の私は、その表現方法を模索している段階にあると考えています。そして今回は、模索している過程における、いくつかの写真を作品としました。
未だ模索中であり未完成かもしれないですが、数年にわたる作品の発表を通して、その変遷を感じていただきたいと考えています。
~~~~~~~~~~

目には見えないその過程、その先にある 今・そして未来 へと続く ”作品として「見えているモノ」”、そして ”その先の「見えない何か」” 。作品を通して、藤木さんの中にある見えないもの、をどうぞお愉しみください。

200531001

200531002

200531003

200531004
 

展示は6/30(火)まで開催します。

写真で見る自然との対話、どうぞ、お愉しみください。 

大塚店地図
東京都文京区大塚3-5-4 茗荷谷ハイツB1F
Tel/fax 03-3944-2356

東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅下車
2番出口を出て左折 徒歩5分


※来店の折にはカフェオーダーをお願いいたします。
※休館日時がございます。詳しい情報はこちらの“Event Schedule”ご覧いただきますか、
 03-3944-2356 ガレリア カフェ ユーにお電話にてご確認ください。

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.3.31 「もにじん」 マツモニカ(c-harm.)&長澤紀仁(gt.)

3月31日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、クロマチックハーモニカ奏者の マツモニカさん とギタリストの 長澤 紀仁さんによりますデュオ・ユニット「もにじん」です。

200331001

小さな音の楽器の代表格、アコースティックギターとクロマチック・ハーモニカ。
その小さな音が最大限に活かされる(と言って良いと思うのですが)木質空間の中で、その繊細な音を“素のまま”に表現してくださる「もにじん」。
その音色をカフェ・ユーでは“生音”演奏でお愉しみいただけます。

今回の「もにじん」ライヴは、いろんな意味でスペシャルでした。
もにじん」といえば“ブラジル音楽”・・・ですが、オープニングは“The Beatles”、さらには“Carpenters”の楽曲の演奏が続きました。

もにじん」のお二人はブラジル音楽を主に演奏していますが、ブラジル音楽と出会う前には日本の歌謡曲や洋楽のロックやポップを聴き馴染んでいらしたそうで、そんな思い出話やちょっと演奏してみたりといったMCとともに演奏されました。

“The Beatles”にしても“Carpenters”にしても選曲の妙となるのは「インストゥルメンタルで演奏してもうつくしい曲」かどうかでセレクトしているから、とのことでした。


そして「もにじん」と言えば“インストゥルメンタル・・・”ですが、今回は長澤さんの弾き語り&マツモニカさんのコーラスでの演奏もありました。カフェ・ユーのライヴでも、時折コーラスをされる長澤さんの美声を聴くことができましたが、今回は2曲、フルで弾き語りを堪能できました。


そしてそして、季節は春。
今年はとても早い開花を迎えた桜。先だっての雪にも耐え、桜色で街を彩っています。
そんな中、「もにじん」の春限定のレパートリーである「桜色舞うころ」が演奏されました。
長澤さんがこの曲を聴いて「うつくしいなぁ」と思って「もにじん」ヴァージョンにアレンジ、春のライヴでのみ演奏しているそうで、カフェ・ユーでは初披露となりました。


アンコールはお客さまのリクエストで、“Carpenters”。
もにじん」のいろんな側面をたくさん愉しめたライヴとなりました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、うつくしい曲をうつくしい演奏で堪能する音楽のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Here, There and Everywhere
2. Your Mother Should Know
3. We've Only Just Begun
4. Kid Cavaquinho
5. Esperança No.1 (マツモニカさんオリジナル曲)
 
<2nd Set>
1. Lamentos
2. Canção Do Amanhecer
3. Triste Madrugada
4. 桜色舞うころ
5. Garota de Ipanema
6. Brigas, Nunca Mais 

<Extra>
Rainy Days And Mondays

1st-4,2nd-3:Vocal by 長澤 紀仁さん
ガレリアカフェ ユー憲章
今月の展示

切り師 『長屋 明』 奇跡の切り絵展
長屋 明さんの切り絵展です
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード