U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

【Live Report】 Tuesday Night Live 2018.6.12 須田 晶子( vo. ) & 中嶋 錠二( pf. )

6月12日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユウで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴォーカルの 須田 晶子さん とピアニストの 中嶋 錠二さんです。

180612002

須田 晶子さんはカフェ・ユウでは、さまざまなミュージシャンの方とともに出演下さっていますが、中嶋 錠二さんはカフェ・ユウ初出演でした。

須田さんのヴォーカルを耳にされたことがある方はご理解くださると思いますが、須田さんの歌声は唯一無二の声、響きがあります。

ゴスペルクワイアーのような透明感、厳かさ、慈しみ・・・慈愛に満ちた声。
そして今回のライヴの告知で須田さんが「中嶋 錠二さんの、世界に音を捧げるような次元に入って私も旅をしたいと思います。」とおっしゃってた理由も、本日のライヴを聴いて納得しました。

1stセットのセットリストだけをみれば、ジャズのスタンダードを演奏したんだな、とご理解されるかと思いますが、「Waltz For Debby」にしても「I Got Rhythm」にしても、未だかつて聴いたことがないような音楽世界でした。

須田さんの歌に寄り添いながらも、ソロアレンジで一気に曲の世界を昇華させ、そしてその高みにまた須田さんの歌が乗る。
ジャズというジャンルさえも凌駕するような洗練されたサウンド。
それでいながら、根底に感じる熱気とパッション。
曲が終わるごとに、しばしの静寂の後に拍手が起きるのは、まさにその世界に引き込まれていたからではないでしょうか?

2ndセットは、須田さんならではの選曲。
“play”するよりも“pray”するような歌い方。
至上の悦びを歌うような表現で、すぅ~っと光が差し込んでくるように言葉が伝わってくる。

うつくしいものを歌に、言葉に、そして音として表現していく須田さんのヴォーカルと中嶋 錠二さんのピアノ。
まさに世界に捧げられる音の世界でした。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、慈愛に満ちた音のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Skylark
2. Waters Of March
3. Little Red (須田 晶子さんオリジナル曲)
4. Waltz For Debby
5. My Bells
6. I Got Rhythm
 
<2nd Set>
1. The Kiss
2. Little B's Poem
3. Time After Time
4. No More
5. Hang Gliding (Among The Clouds)

<Extra>
One Note Samba

【Salone report】 2018.6.12 茶論トーク 英米児童文学の愉しみ

本日は、翻訳家 谷口 由美子さんが自ら手掛けられた英米児童文学の魅力をお伝え下さる茶論(サロン)トーク、「茶論トーク 英米児童文学の愉しみ」を開催致しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

180612001

本日谷口さんがご紹介くださった英米児童文学はルイザ・メイ・オルコット作の「若草物語」です。
「若草物語」は4巻ありますが、その第一巻である「Little Women」は1868年に出版されています。
つまり、今年は「Little Women」出版150周年の記念年にあたります。

ちなみに「若草物語」という書名は、矢田津世子さんによる翻訳の時、初めて使われたそうです。
この本の初版発行は1934年で、キャサリン・ヘップバーン主演による映画「若草物語」の日本公開に先がけて出版された本のタイトルです。
日本で最初に翻訳本が出版されたのは、良家の3人の女性の合作(北田秋圃はその3人の名前からそれぞれ一字をとって付けたそうです)で1906年(明治39年)に、『小婦人』の名で翻案のカタチで出ています。

「Little Women」は、19世紀後半のアメリカを舞台に、ピューリタンであるマーチ家の四人姉妹を描いた物語で、「Little Women Married, or Good Wives」、「Little Men」、「Jo's Boys」と続き、姉妹の成人・結婚やその後の生活が描かれています。

原題となっている「リトル・ウィメン」はルイザの父親が実際にルイザを含む4姉妹の娘たちを呼称するのに用いた言葉で、単なる幼い少女ではなく一人の立派な女性であるという意味合いで用いていたそうです。
このように、「若草物語」のシリーズには、ルイザが経験したさまざまな自伝的要素が散りばめられています。
ルイザ自身も4姉妹の次女で、その性格は話の中のJoに色濃く反映されています。
また、実際に若くしてなくなった3女のベスだけは話の中でも“ベス”の名前で描かれています。

ルイザは2度の渡欧経験があるのですが、その一回目は1865年、ルイザは従軍看護婦の仕事の経験もあることから、良家の娘さんが渡欧する際の付き添い看護婦として渡欧しています。

その時にスイス レマン湖のほとりで宿泊していた時にポーランド人の青年と出会っています。
その経験は、作品中で4女エイミーと結局は結婚するローリーに反映されているそうです。

谷口さんが監修された「若草物語―ルイザ・メイ・オルコットの世界」は、「若草物語」の著者ルイザ・メイ・オルコットの生涯を豊富な写真や資料で紹介しています。
その中では、ルイザの日記や手紙からの引用も含まれているのですが、ポーランド青年とのロマンスはルイザが存命の時に処分をしてしまっているために、秘されているそうです。

今年出版150周年を記念して、谷口さんの訳による「若草物語」の愛蔵版が出ることになっているそうです。


【Salone report】 2018.6.10 「映画音楽カミクダキ」

本日は、スペシャルサローネ、日本アカデミー賞最優秀音楽賞受賞の作曲家 周防 義和さんによります「映画音楽カミクダキ」を開催いたしました。
ご参加くださいました皆さま、ありがとうございます。

映画音楽カミクダキ」では周防 義和さんが、周防さんと一緒に活動されている作編曲家のJirafaさんとともに、周防さん、Jirafaさんが手がけられたCMの映像を映画を題材に、おもしろエピソードを交えながら、映像音楽の創られ方や効果について解説してくださいます。

180610001

本日の「映画音楽カミクダキ」も2部構成。
1部はコマーシャル音楽編。
CMは15秒、長くても60秒。その中で、その商品のコンセプトなど伝えたいことが凝縮されています。
その伝えたいイメージを大きく担うのが、実は映像音楽。

今回紹介くださった題材では、例えば「化粧品」のCM。
「くすみの原因を消しちゃうの」というキーワードをきっかけに、「肌が明るくなる」ような感じを曲調でも表現したり。
「なんのCMだろう」と興味を引くような音楽で始まったり(CMは見てもらうことが大切なので)。

また「お出汁」のメーカーのCMでは、「忙しい朝でも味噌汁くらいは飲みましょう」というメッセージを伝えるために、CM内の女優さんはバタバタしているけれど、音楽はしっとりゆったりすることで、伝えたり。

などといった工夫のカミクダキをしていただきました。


また今回もピアノを使って、スケールの解説や、ほかにも参加くださった方が愉しめるような趣向も盛り込まれていました。

180610002

周防さんとJirafaさんがサングラスをしているのは、実は「マイナーコード占い」のため。
4つのパターンのどのマイナーコードが好きかで恋愛のパターンが分かるのだとか!
実際に参加くださった皆さまも、ご自分の回答とJirafaさんの解説を聴いて納得されていました。


ブレイクをはさんで2部は、周防さん、そしてJirafaさんも劇伴奏音楽を担当された映画の中の音楽効果のカミクダキ。

取り上げられた映画は、松竹映画製作で、2014年6月21日に全国252スクリーンで公開された、本木克英監督、主演には佐々木蔵之介さんや深田恭子さんがキャスティングされた時代劇。

江戸時代の参勤交代の参勤(江戸に出向くのが参勤、江戸から国元に帰るのが交代と言うのだそうです)を題材にしたストーリーで、舞台は福島県いわき市に実在した湯長谷藩。

今回もテーマ音楽のアレンジの意味だったり、音の入れ方、またはセリフを際立たせるために敢えて音楽を抜いた場面など、カミクダいていただきました。


また、映画冒頭で、国元に帰ってきた途上のお殿様が、国の百姓さんが取ったばかりの大根をかじって
「よい土になってまいった」
と声を掛け、そしてラストの方では、時の将軍と殿様が差しで会話をするところで、
「いわきの土を汚すでないぞ」
と声を掛けられ、
「とこしえに」
と応えるシーンがあります。

これは、暗に込められた福島県の現状のメッセージです。
それを識った上でもう一度この映画を観ると、また違った鑑賞ができることと思います。

「映画には無駄なシーンはひとつもない」
と、周防さん。
だから、まずはすべてのシーンを、主役の後ろの方で動いている人の動きまでもちゃんと観ること。
そうすると、その映画で伝えたいことがもっと受け取ることができる。
そんな映画の鑑賞方法もカミクダいていただきました。


今回の「映画音楽カミクダキ」のあとも、お時間ございます方とともに、アフターアワーを愉しみました♪

次回は11月25日に開催致します。 

【Salone Report】 2018.6.7 Express Yourself in English!

Today, We held English discussion activity "Express Yourself in English !" which is intended to enjoy small talk "Zatsu-Dan" in English, through listening to, talking about and singing a song in English, which lead by Yuko-san, a Jazz singer.
All of you who participated, thank you.

Today's theme song was "Tennessee Waltz".

180607001

"Tennessee Waltz" is a popular country music song with lyrics by Redd Stewart and music by Pee Wee King written in 1946 and first released in January 1948.
The song became a multimillion seller via a 1950 recording – as "The Tennessee Waltz" – by Patti Page. As of 1974, it was the biggest selling song ever in Japan.


All versions of the lyrics narrate a situation in which the persona has introduced his or her sweetheart to a friend who then waltzes away with her or him. The lyrics are altered for pronoun gender on the basis of the gender of the singer. The song is self-referential, in that it is a song about itself.


The popularity of "Tennessee Waltz" also made it the fourth official song of the state of Tennessee in 1965.


Yuko-san was interesting that we discussed "Did the person introduced stole her sweetheart ?
or did s weetheart have changed the mind ?".


In the discussion, We practice the using of the expression
"What woud you do, if you were...?

If you were a queen/king,
If you won a lottery of 1 billion yen,
If you were an actress,
               what woud you do?


And our discussion also became deeply today!


The next is July 5.
See YOU Next time ! 

【Salone report】 2018.6.6 「自分を表現する生き方術」講座

本日は、スペシャルサローネ「自分を表現する生き方術」講座を開催いたしました。
ご参加くださいました皆さま、ありがとうございます。

講師を務められたのは、芸歴42年、歌って踊って話せるマルチタレントとして、またプロ和太鼓チーム「太鼓打 魁」の主宰として活躍されている よしだもみじ さんです。

本講座でよしださんが仰るのが、
 「自分の発する言葉は「自分自身にとって表現したいもの”」のはず。
 それが伝わらないことはとてももったいない。」
です。

180606001

よしださんの講座では毎回、課題に沿って思うことを書き出す時間がとられます。
アウトプットすることでより一層思っていることを大切にするようになる、からです。
本日の講座では、3つ、書き出す課題が出されました。

ひとつめは「自分が幸せだと感じること/思うことをひとつ(できれば仕事を絡めずに)」
ふたつめは「自分自身がこうしたい/こうなりたいと思うことをひとつ
そして最後(これが本題とのことでしたが)は
自分のできること/得意なことをひとつ(仕事以外で)」


また本日の講座では、「幸せのために“やってはいけないこと”」をご紹介くださいました。
そのリストは数にして13個。


また最後に、よしださんから出された質問は
「世の中で人として一番大事なこと」

その答えも教えていただきましたが、それを行うには「自分がしあわせであること」が必要とのこと。
そしてそれを行うのに、ほんの1、2秒でできることがある、と教えていただきました。 

次回は7月18日です。
「自分自身を幸せにする生き方をしたい方」、お待ちしております♪
ガレリアカフェ ユウ憲章
営業スケジュール
今月の展示

小西淳子絵画展
テンペラ画などさまざまな手法で創られた絵画アート展
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード