U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.3.17 BREEZE( Jazz vocal group ) & 二村 希一( pf. )

3月17日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、男女4声ジャズコーラスグループ BREEZE とピアニストの 二村 希一さんです。

200317001

ジャズを歌い続けるコーラスグループだけでも稀有な存在なのに、男女4声の編成はさらに貴重な存在。
そのBREEZEが、完全生声でライヴを行うのもとても貴重とのこと!
今回もBREEZEのすばらしいハーモニーと響きを素のままに、皆さんで味わうことができました♪


BREEZEのライヴの各セットは、共演者の方のソロ演奏で始まります。
1stセットは、「Strollin'」と「The Dolphin」。2ndセットは「Looking Up」。
二村さんらしい選曲とフレージングはいつも愉しみです。

BREEZEのオープニングナンバーは、名画「シェルブールの雨傘」の劇中歌のひとつ「Watch What Happens」。
Watch What Happens」を筆頭に、1stセットはロマンティックな気分のスタンダードがずらりと選曲されました。
BREEZEのレパートリーとして、いつもここちよい気分に浸らせてくれるナンバーがひとしきり続いたセットの最後は、高校野球のブラスバンド演奏でいろんな高校が採用しているラテン曲「El Cumbanchero」。こちらはカフェ・ユーでは初!二村さんのピアノがブラスバンドに扮して、エールを贈るようなBREEZEの熱唱で、活力をいただきました!

2ndセットはさらにBREEZEのカフェ・ユー初ものが織り交ぜられました。
ブロードウェイのショーを彷彿とさせるような選曲も織り交ぜられて進んだセットのラストは「New York, New York」。

4人の声のハーモニーとパフォーマンスと和やかなMCで、繰り広げられるジャズ・エンターテインメントのひととき♪
愉しい時も、そうでない時も
笑顔を絶やさず、そして聴く人を笑顔にしてくれるBREEZEと二村さんの演奏。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ステキなハーモニーと響きと笑顔に満ちた音楽のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Strollin'
2. The Dolphin
3. Watch What Happens
4. Blue And Sentimental
5. Bei Mir Bist Du Schön
6. Night And Day
7. Misty
8. Eleanor Rigby
9. El Cumbanchero

<2nd Set>
1. Looking Up
2. Route 66
3. Straighten Up And Fly Right
4. Smile
5. All Blues
6. Basin Street Blues
7. Puttin' on the Ritz
8. New York, New York

<Extra>
Fly Me To The Moon

1st-1,2,2nd-1:ピアノソロ by 二村 希一さん

【Salone report】 2020.3.14 写真家 後藤徹雄さんとのフリートーク会

3月14日は、3月の壁面ギャラリー の写真展「城壁 ~石積みの肖像~」の写真家 後藤徹雄さんとのフリートーク会を開催しました。
参加下さいました皆さま、ありがとうございます♪

200314001

なぜ城壁を撮ることになったのか?
どうやったらこのように撮影できるのか?
などについて、後藤さんが、現在、壁面展示中の写真を中心に、同じ城壁の異なるアングルの写真と比較しながら解説くださいました。

後藤さんが実際に城壁写真で撮影で使われているカメラやレンズも観せて下さり、レンズ選びの大切さを教えてくださったり。
構図の選び方、そしてシャッターチャンスをじっと待つ大切さを、実際のエピソードを交えて下さりながら教えてくださったり。
また今回のパネル化したお城を観に行った際のオススメのご当地食も紹介くださったり。 

お城に興味ある方にも、撮影に興味ある方にも、得がたいお話がいっぱい聴けました。

写真展は、4月末まで開催しております。
どうぞ、じっくりとご覧下さいませ。 

【Salone report】 2020.2.12 「自分をしあわせにする生き方術」講座

3月11日は、スペシャルサローネ「自分をしあわせにする生き方術」講座を開催いたしました。
ご参加くださいました皆さま、ありがとうございます。

200311001

本講座では、講師を務めてくださる芸歴44年、歌って踊って話せるマルチタレントとして、またプロ和太鼓チーム「太鼓打 魁」の主宰として活躍されている よしだもみじ さんが自ら経験して感じ取られたこと、実践されていることを惜しげもなくお伝えくださいます。

本日の講座も盛りだくさんの智慧をお伝えいただきました♪

今回も今までお伝えくださった「しあわせになるための智慧」のおさらいから。
質問形式で、改めてお伝えくださったことを再確認するのと同時に、実践しているかどうかの確認もされます。

また、今月も毎月の筆記課題の質問がありました。それは、
自分が幸せだと感じること/思うことをひとつ
自分自身がこうしたい/こうなりたいと思うことをひとつ
自分のできること/得意なことをひとつ
最近見た夢
自分にとって一番大切な人
そして、
よしだもみじさんに聞いてみたいこと
です。

今回はいま巷で話題となっている件に関する質問が多く出ました。


今までの講座でよしださんがお話くださった内容のおさらいのあと、今回の講座で新たにお話くださったのは
・自分で自分を“〇〇がいい”と思うことのすすめ
・自分の目の前に起きているコトの捉え方
などのお話がありました。

“自分のもの”にしさえすれば効果が確実に現れる智慧がたくさん盛り込まれた講座。
日々是実践♪

次回は3月11日です。
「自分自身を幸せにしたい方」、お待ちしております♪

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.3.10 丹精(tap)&堀 秀彰(pf.)

3月10日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、タップダンサーの 丹精 さんとピアニストの 堀 秀彰 さんです。

200310001

丹精さんのプロフィールには“タップダンサー”とあります。
ですが実際にライヴを聴いてみると、丹精さんは、タップ、クラップハンヅ、ボディー、そしてヴォイス、そのすべてを使ってサウンドを奏でる、言うなれば“タップミュージシャン”、といった感じでした。

もちろんタップダンスなので、華麗なステップ、そしてショーアップ要素たっぷりな魅せるダンスもあります。
ですが、それ以上に丹精さんが大切にされていること。
それは他のミュージシャンやお客さまに届く“”、“歌心”。
そう、丹精さんのステップは“歌っている”ように聴こえるのです。

それが、歌心溢れる堀さんのピアノとセッションすることで、より一層、音楽性が高いコラボレーションが次々と繰り広げられるのです。

丹精さんのタップに呼応して堀さんも鍵盤の上を踊るように指が躍動し、堀さんの繊細でありながら情熱的な音に呼応して丹精さんのいろんな音をセレクションして、とお互いがいい刺激を受け合うさまは、まさにセッション!

チック・コリアの「Windows」やブルース、スウィングといった、タップダンスと親和性の高そうな曲のみならず、メロディーのうつくしいモダンジャズ、そしてビバップの名曲もと、音楽性で愉しませる選曲を奏でることからも、丹精さんと堀さんのセッションが“音楽”であることが伝わるのではないでしょうか?

丹精さんはオリジナル曲も作曲していて、今回のライヴでも堀さんのデュオで演奏くださいました。

そんな丹精さんのオリジナル曲でライヴセットのラストに演奏された「Land Song」。
ヨーロッパのダンスとアフリカのリズムの融合で生まれたタップダンス。
ヨーロッパの音楽とアフリカのリズムの融合で生まれたジャズ。
このふたつに共通する“アフリカのリズム”、さらには風や動物の鳴き声など、タップダンスとジャズの根底にあるアフリカのサウンドを彷彿とさせる曲、そして演奏でした。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、タップダンスとピアノによる歌心溢れるジャズセッションのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. How My Heart Sings
2. The Shell (堀 秀彰さんオリジナル曲)
3. Blues on the Corner
4. Blame It On My Youth
5. 返ってくる (丹精さんオリジナル曲)

<2nd Set>
1. Improvisation
2. Windows
3. Mr. Cedar Walton (堀 秀彰さんオリジナル曲)
4. 凛 (丹精さんオリジナル曲)
5. Land Song (丹精さんオリジナル曲)

<Extra>
Ornithology

1st-4:堀さんソロ
2nd-1:丹精さんソロ 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.3.3 「カプマリ」 すずきあゆみ(perc.)、藤枝 貴子(arpa)&池山 由香(arpa & vo.)

3月3日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、パーカッショニストの すずきあゆみ さんとアルピニストの 藤枝 貴子さん、そしてアルピニストでありソプラニストでもある池山 由香さんのラティーナ・トリオ・ユニット「カプマリ」です。

200303001

カフェ・ユーの3月恒例の「カプマリ」ライヴ。
2020年も開催致しました。

奇しくもこの日は3月3日の“ひなまつり”。
オープニングは「うれしい ひなまつり」、そしてそこから“春の童謡”がメドレー形式で演奏されました。
三姉妹のように仲睦まじい「カプマリ」は、笑顔と笑いがあふれる和やかな雰囲気で店内を満たしながら、ライヴが進行します。

1stセットの選曲は「夜」、そして「春を待つ」というテーマ進行に。
涙にくれる夜もあれば、誰も見ていないふたりだけのロマンスもある夜。
そして、いろんなことがあっても人の気持ちを高めてくれる春の到来を待ちわびる想い。

曲そのもののイメージと、その時々の状況から感じるイメージが重なって、本当に音楽とは不思議なものです。


2ndセットはお客さまからのリクエストされたフォルクローレの初演奏もありつつも、「カプマリ」定番の選曲。
すずきあゆみさん作曲の「カプマリ」のためのオリジナル曲も、すっかりと「カプマリ」レパートリーに組み込まれました。
パーカッションが居てこそのタンゴ。
ソプラニストが居てこその歌モノ。
そして、2台のアルパがあってのパラグアイのアルパ曲。

アンコールは、アルパのために作られた有名曲「Moliendo Café(邦題はコーヒールンバ)」で締め。
今回も「カプマリ」ワールドをたっぷりと愉しませてくださいました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ステキな歌と響きの音楽で世界を舞い遊ぶひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. うれしいひなまつり~さくらさくら~荒城の月
2. Luna llena
3. Llegada
4. Como Llora Una Estrella
5. Mis Noches Sin Ti
6. A Whole New World
7. 春よ、来い
 
<2nd Set>
1. Part Of Your World~Under The Sea
2. La Cumparsita
3. La Mariposa (すずきあゆみさんオリジナル曲)
4. Tus Mentiras de Amor
5. You Raise Me Up
6. Pajaro Campana
7. さくら

<Extra>
 Moliendo Café

1st-1(2),5, 2nd-5:Vocal by 池山 由香さん  
ガレリアカフェ ユー憲章
今月の展示

小西淳子 挿し絵展
小西淳子さんの絵画展です
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード