U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

【Salone Report】 2020.7.26 人生を愉しくする「フローライフ」習慣 特別編

7月26日は、サローネ「人生を愉しくする「フローライフ」習慣」をスタイルを変えて開催しました。
参加くださいました皆さま、ありがとうございます♪ 


「フロー」という状態は、
最高にリラックスしていながら、意識もはっきりしていて、かつ集中して行動ができている状態」で、それが「本来の状態」というのが私たちの解釈です。



通常ですと「おひるねヨガ」によって「頭を占め続けるモヤモヤ」がすっきりさせて、自分のやりたいことや、自分を大切にすることに気付いた状態で、「おしゃべりカフェ」をするという流れで行っておりますが、折しも予定日は4連休の最終日で、東京都の情勢を鑑み、公式にはサローネを中止といたしました。

ですが、初参加をご希望されていた方が、私がこの日の「人生を愉しくする「フローライフ」習慣」で話そうと思っていた話題にご興味を持ってくださっていたので、「おしゃべりカフェ」として開催いたしました。


おしゃべりカフェ」への導入として、「おひるねヨガ」ナビゲーターの鈴木 めゆさんと共同開発したオリジナル・ブレンド・ハーブティ「フローティ」を使った「お茶の瞑想」を行いました。


200726001


フローティ」は、Yogaがもたらす「”マインドフルネス”感覚」を飲むだけで体験できたら? という発想から生まれたハーブティです。

1杯につき、飲む方に“今”必要なメッセージが書かれたカードが1枚付きます。
この日参加くださった方には、ご自分の手で1枚カードを引いていただいたのですが、それぞれに思うところのあるメッセージが渡ったようです。


おしゃべりカフェ」では「“欲張り”と“受け取り上手”の違い」というお話を私からさせていただきました。
私は、このサローネに参加される方は、どちらかというと“受け取り下手”な方ではないか?と感じています。
そしてそれはきっと、自分に巡ってきたものを受け取るときに、「これを受け取るは“欲張り”なのではないか?」と感じる方なのではないかな?と思いましたので、この違いの話をしました。


その話の流れから、集まったみなさんで「おしゃべりカフェ」で展開していきました。
一緒の空間に集まって、会話を交わすことで、自分だけでは気付けないことがあったりします。
このような気付きを分かち合う大切な機会として、「フローライフ習慣」をしばらくはこのスタイルで開催致します。
次回は8月22日(土)に開催致します。

【Salone Report】 Wine Lovers Club 2020.7.17

7月は、「いろんなワインを味わいたい/ワインのことをもう少し識りたい」方に向けて開催しております体感型ワイン・テイスティング講座、「Wine Lovers Club」を、希望者個別にテイスティングするスタイルで開催しました。
テイスティング下さいました皆さま、ありがとうございます♪

ただいま、「フランス」の生産地域と葡萄品種の関係にフォーカスしたテーマでワインをセレクトして開催しております「Wine Lovers Club」。
フランスの“ワイン産地”にフォーカスして、さまざまなフランスワインの産地を巡っています。

フランスワイン産地を巡る旅の第10回目は「アンジュー・ソーミュール」でした。

200619001

フランスワイン産地を巡る旅の第9回目からは「ロワール」に入っています。
ロワール河は、フランス中央山塊に源を発して北上、パリの南西方向に100Km離れたオルレアンの町で大きく西に向きを変え大西洋に注ぐ、約1,000Kmのフランス最長の大河。その大河流域周辺一帯の産地を総括して呼ばれるのがロワール地方です。
日本で言えば、関東地方ほどの面積の地域に、60を超えるアペラシオンが存在し、ブドウ品種もシュナン・ブランやカベルネ・フラン、ミュスカデ・・・など、多品種から多彩なワインが生み出されています。

ロワール河流域のワイン産地は通常、河口周辺のナント周辺地区、下流域のアンジュー&ソミュール地区、中流域のトゥーレーヌ地区、上流域の中央フランス地区の4地区に大別されます。

今回は「アンジュー・ソーミュール」のワイン3種を取り上げました。

アンジュー・ソーミュール地区はロワール地方西部にあるアペラシオンでロワール河下流域のワイン産地の1つ。同じく下流域にある産地ペイ・ナンテ地区とは県を境界としていますが歴史的にはブルターニュとかつてイングランドまでをも支配したアンジュー帝国のあったアンジュー、2つの国の国境でした。その歴史によって現在の栽培品種の違いを生み出しています。
古い城塞都市アンジューの葡萄産地の多くはアンジェ市を中心に西に、ロワール川の南(ロワール左岸)に広がります。

アンジュー地区は海洋性気候に属しており、温暖かつ日照量が多い特徴を持っています。平均降雨量約500mm,南仏以外で最も乾燥した土地となります。一方ソーミュール地区はソーミュールの丘陵によって西風から守られている準海洋性気候に属しています。またロワール河から離れるにつれ大陸性気候の影響が強まります。
土壌はアンジュー・ブランと呼ばれる白亜質から変化した白い土壌の地域と片岩、砂利、石灰岩の上にある褐色土のアンジュー・ノワールと呼ばれる土壌が中心にあります。
アンジュー―・ソーミュール地区の白亜質の石灰岩はTuffeau(トゥーフォー)と呼ばれ、石灰岩系の石は築城に使われたと言われています。

アンジュー・ソーミュール地区では赤、白、ロゼから泡、極甘口まで造られており、18のアペラシオンを所有しています。使用される品種は白ワインでシュナン・ブラン、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブランが使用されていますがシュナン・ブランが主体のワインが多く造られています。赤ワインではカベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ドニス、ピノ・ノワール、ガメイ、コットが使用され、メインとなる品種はカベルネ・フランです。ロゼも赤同様の品種が使用されています。

多種多様でかつ良質でありながら価格も手頃なアンジュー・ソーミュール地区のワインの中から、今回は、白、ロゼ、極甘口の3種をテイスティングしていただきました。


今回取り上げましたワインのノートは下記のとおりです。

200717001

200717002

200717003

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.7.28 丹精(tap)&堀 秀彰(pf.)

7月28日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、タップダンサーの 丹精 さんとピアニストの 堀 秀彰 さんです。

200728001

丹精さんは、タップ、クラップハンヅ、ボディー、そしてヴォイス、そのすべてを使ってサウンドを奏でる、言うなれば“タップミュージシャン”。
華麗なステップ、そしてショーアップ要素たっぷりな魅せるダンスとともに、他のミュージシャンやお客さまに届く“”、“歌心”を大切にされている丹精さんのパフォーマンスと、歌心溢れる堀さんのピアノと、お互いがいい刺激を受け合うさまは、まさにセッション!


丹精さんのタップはどちらかというとジャズのルーツに近いもの、とおっしゃいます。
それがとても現れていると感じるのは、今回の生演奏でもセットに組み込まれた丹精さんのオリジナル曲「Land Song」。
ヨーロッパのダンスとアフリカのリズムの融合で生まれたタップダンス。
ヨーロッパの音楽とアフリカのリズムの融合で生まれたジャズ。
このふたつに共通する“アフリカのリズム”、さらには風や動物の鳴き声など、タップダンスとジャズの根底にあるアフリカのサウンドを彷彿とさせる曲、そして演奏なのです。

お互いのソロも交えつつ、そしてお互いのオリジナルも交えつつの生演奏。

今年を象徴する時期、その時期に生まれた堀さんのオリジナル曲と丹精さんのオリジナル曲もセットに組み込まれました。

堀さんのオリジナル曲は、あの期間に私たちのお店とのエピソードも含めてお店に捧げる曲としてタイトルにもお店の名前を入れていただいた「A Song For U_U」。お店の雰囲気が、あの期間においても、この曲の醸し出す雰囲気であったことがとても嬉しいです♪

丹精さんのオリジナル曲は「What Makes You Human」。“人をヒトたらしめるモノ”といった意味です。
あの期間に、それ以降にも起きているさまざまな出来事を見るに、丹精さんが感じたことが曲になり、そしてこの日のパフォーマンスとなりました。


セットのラストの曲はジャズ・スタンダードでありながらも、終わり方がとても印象的なアレンジでの「Summer Night」。
お互いの感性をベースに、創発性にあふれたステージパフォーマンス。
今回も堪能させていただきました。

本日も、来場くださいました皆さまにとともに、タップダンスとピアノによる歌心溢れるセッションのひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Broadway
2. The Shell (堀 秀彰さんオリジナル曲)
3. A Song For U_U (堀 秀彰さんオリジナル曲)
4. A Ghost Of A Chance
5. 返ってくる (丹精さんオリジナル曲)

<2nd Set>
1. Improvisation
2. Land Song (丹精さんオリジナル曲)
3. Mr. Cedar Walton (堀 秀彰さんオリジナル曲)
4. What Makes You Human (丹精さんオリジナル曲)
5. Summer Night

<Extra>
Cantaloupe Island

1st-4:堀さんソロ
2nd-1:丹精さんソロ 

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.7.20 「THINGS」 浅見 卓矢(gt.)&田島 岳(pf.)&藤正 裕太(vo.)

7月21日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日は、ギタリストの 浅見 卓矢 さんとピアニストの 田島 岳さん、そしてヴォーカリストの藤正 裕太さんによるトリオ・ユニット「THINGS」に今回はスペシャルミュージシャンとしてドラマーの長良 祐一さんも加わっての出演でした。

200721001

このようなご時世。
生演奏を愉しんでいただくために、今回はセットを3回に分けて、換気のための休憩時間回数を増やしての開催となりました。

3回のセット構成、オープニングとなる1stセットはヒップホップ、R&B色濃厚な選曲とアレンジ、演奏コーナーでした。藤正さんのヴォーカル人生に影響を与えたミュージシャンやジャンル、曲を中心に、アフリカン・アメリカンのノリノリ・グルーヴ全開のセット。

2ndセットはJ-Popも取り入れての構成。
「THINGS」はyoutubeチャンネルを持っていて、トリオでの演奏をコンテンツとして定期的にアップしているのですが、そのyoutubeコンテンツとして演奏した曲を中心に取り上げてのセット。
配信のための演奏とはまたひと味もふた味も違う。藤正さんがMCでも語られていたように、この日の演奏は、生演奏の空気感が加味されてのもので、まさにこの日、この瞬間の演奏で、それはきっと二度と聴くことができない演奏。それこそがまた、生演奏の魅力、なのでしょう。

そして3rdセットは「THINGS」のオリジナルソング、という構成でのライヴでした。
ステイホーム期間にできた、まさに本邦初公開のオリジナル曲、カフェ・ユーでは初めての演奏となる曲なども含めて、まさに「THINGS」ならではの歌詞と曲と世界観が詰まったセット。

今の時代、それはこれからも続いていく時代。
そんな中でも。
私たちは生きていかなければならない。生きていくことを選択していきたい。
生演奏当日、急遽演奏リストに取り入れられた「生きる」には、そんな「THINGS」からのメッセージが、演奏にも込められていました。

アンコールは、カフェ・ユーで浅見さんが初めて田島さんとデュオで生演奏を行ったとき、ゲストヴォーカルとして1曲飛び入りで藤正さんが歌った「If I Ain't Got You」。
あの日の出来事から歯車が動き始めて、「THINGS」として歩み続けている。
これからがますます愉しみです。
 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、歌に酔いしれる生演奏のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. 24K Magic
2. How Deep Is Your Love
3. Human Nature
4. Shape Of You
5. Lately

<2nd Set>
1. はじめてのチュウ
2. Smells Like Teen Spirit
3. 接吻
4. Turning Up
5. We've Got Love

<3rd Set>
1. くだらない
2. Lover's Rock
3. Colorful
4. Words
5. 今日から僕らは
6. Best Of Your Life
7. 光
8. 生きる

<Extra>
If I Ain't Got You

2nd-2:藤正 裕太さん on Vocal & 田島 岳さん on Pianoforte

【Live Report】 Tuesday Night Live 2020.7.14 BREEZE( Jazz vocal group ) & 二村 希一( pf. )

7月14日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、男女4声ジャズコーラスグループ BREEZE とピアニストの 二村 希一さんです。

200714001

ジャズを歌い続けるコーラスグループだけでも稀有な存在なのに、男女4声の編成はさらに貴重な存在。
そのBREEZEが、完全生声でライヴを行うのもとても貴重とのこと!
“あたらしい日常”もBREEZEのすばらしいハーモニーと響きを素のままに、皆さんで味わいました♪


BREEZEのライヴの各セットは、共演者の方のソロ演奏で始まります。
1stセットは、水の季節にぴったりな演奏でのバラード「Midnight Mood」と軽快なタッチでのブラジル音楽「Sambou Sambou」。
2ndセットは明るいスウィング調での「Oh! Look At Me Now」とうつくしいバラード調での「If You Could See Me Now」。
二村さんらしい選曲とフレージングはいつも愉しみです。

BREEZEの今回のオープニングナンバーは、愛らしくてかわいい「A Tisket A Tasket」。

いつの時代でもステキな歌ですが、こんなご時世だからこそまたステキなメッセージを与えてくれる「Smile」。
クールでかっこいい「Puttin' On The Ritz」や、4声コーラスBreezeのためにステキにアレンジされている「Night And Day」など、Breezeのハーモニーのうつくしさとすばらしさを存分に堪能させていただきました。

選曲も、メキシコのボレロに日本のバラード、ジャズの巨匠の名曲もあれば、ブラジル音楽、さらにはハワイアン、と世界のさまざまな音楽をコーラスで愉しませてくださいました。

そしてそして、プレスリーの名曲にサッチモが登場する曲にアメリカの有名なハイウェイの曲と、カフェ・ユーでみんながいつも愉しみにしているラインナップもしっかりと織り交ぜてくださいました。


テクノロジーの進化・発達は凄まじいものの、コーラスのハーモニーはやはり同じ空間での発声でないとできない、という現状なのだそうです。
同じ空間で発声することによって生まれる4人の声のステキなハーモニーとパフォーマンスを、和やかなMCも交えて堪能しましたひととき♪

どんな時でも、聴く人を笑顔にしてくれるBREEZEと二村さんの演奏♪


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ステキな声のハーモニーと響きと笑顔に満ちた音楽のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Midnight Mood
2. Sambou Sambou
3. A Tisket A Tasket
4. Smile
5. Puttin' On The Ritz
6. Night And Day
7. Bésame Mucho
8. 見上げてごらん夜の星を
9. All Blues

<2nd Set>
1. Oh! Look At Me Now
2. If You Could See Me Now
3. Like a Lover
4. Mais Que Nada
5. Aloha `Oe
6. Can't Help Falling In Love
7. Basin Street Blues
8. Route 66
9. I'm Glad There Is You

<Extra>
Fly Me To The Moon

1st-1,2,2nd-1,2:ピアノソロ by 二村 希一さん
ガレリアカフェ ユー憲章
今月の展示

カリグラフィーアート「一言一縁」展
縁文師雅子さんのカリグラフィーアート展です
記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード