U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユウ)の日々を綴るblogです

ガレリア カフェ ユウが大切な場所だと思って下さる皆さまへ 重要なお知らせと率直なお願い

Galleria Caffé U_U20061022日にオープンしました。

当初は壁面を天然木にしてそこに展示したアートをドリンクを愉しみながら見ていただけるカフェギャラリーで、カフェメニューはドリンク中心でした。徐々に美味しい食材との出会いや、それを望む人達との出会いなどが広がり、そば粉や玄米を使った食事を加えるなど”身体に心にやさしいメニュー”が確立しました。

同時に、ギャラリーを見に来てくださる方、たまたまカフェに入ってくださった方から広がるご縁から、ギャラリーも徐々に洗練されてゆき、より質の高いアートを展示していただけるようになりました。

そしてお客様と交流するうちに自然発生的に様々な教室を始めることになり、そこで先生方や参加される方々との出会いが更に広がってきました。

 

そんな人との出会いが私たちを少しずつ変えてくれました。

 

20113月の震災の少し前からホンモノのアート・・・手をかけ心をかけた作品が「心を育む」ことに気づきはじめ、「心を育む」ことが現代に起こっている様々な問題の解決の糸口になることに思いを馳せるようになりました。

 

そのような心の変化が起きてきた中で発生した大震災。

 

今私たちに出来ることは何だろう・・・それは「普段の生活を大切にすること」でした。

震災後に日本を覆った様々な停滞ムード。私たちは「普段通り」を心がけ、何時来てもここには平穏な空気が漂っていて、悲しみや不安にさいなまれた方達が来ても安心して「普段通り」の時間を過ごせること、

それが大切なことではないか、と感じてのことでした。

 

そして震災前から思いを馳せていた”ホンモノのアートは「心を育む」”と言うことは、アートも含めた普段の生活を愉しむことに繋がりました。それが日々の精神的充足感を得ること、つまり「心豊かな人生」を創造することになる。

 

そこで、震災前から準備していた「サローネ化」計画を予定通りスタートしました。

 

最初に立ち上げたのは20114月。「アンサンブル」「ワイン」や「食」「手作り」に関するサローネ、続けて6月には「英語」や「健康と美容」に関するサローネを立ち上げました。

さらに9月からは当初は月1回の開催だった「音楽ライヴ」をスタートしました。

 

これらは全て、人が集まって皆で愉しめるコト、そして生活に潤いを与えてくれるキッカケとなるもの、つまり「心豊かな人生」に不可欠なコトです。

 

この転機が今の「Galleria Caffé U_U」の基盤となっています。

 

ところが、「心豊かな人生」を過ごすコトをご提供するべく店を運営するためにも、現実的には「お金」が必要です。

 

日頃ご愛顧くださる方々に「ここがあって良かった」「ここで自分の愉しみが広がった」等々、嬉しいお言葉をたくさんいただきます。たまたまお立ち寄りくださってカフェとしてご利用くださった方々にも「良いお店ですね」「心地よかった」とお言葉をいただくこともたくさんあります。

 

 

こういったお氣持ちが私たちを支えてくれました。そんな言葉に何度も救われました。その度に頑張ろう!と勇氣とやる氣をいただき、何度も元氣づけていただきました。本当に有り難いことです。

それでも私たちの力不足のために資金が続かず、このままだと9月末日には閉店を選択せざるを得ない状況になってしまいました。

 

とても不甲斐なく、私たちの店を愛してくださった皆様には恩返しが出来ずに申し訳ない気持ちで一杯です。

ご愛顧くださっている方々がお店を通じて感じてくださる「人生の愉しみ」をストップせざるを得ないこと、

それに貢献が出来なくなることは、私たちにとってもとても残念な結果です。

しかし、それも自分達の力不足がもたらした結果以外の何ものでもなく・・・苦渋の選択ですが閉店やむなし、という結論に至りました。

 

ついてはご愛顧くださる方々に徐々にお知らせしてゆかねば・・・と、その事をとある方にお話ししました。

すると、驚きの声とともにあるご提案をいただきました。

それが「サポーターを募集すること」具体的には、支援金を呼びかけてはどうか?と言うことでした。

 

最初は、もし支援金で一時的にお金が集まっても、継続してゆけなければサポートくださる皆様には貢献出来ず逆にがっかりさせてしまうことも考えられる、そんな不誠実は絶対にしたくない!と言う氣持ちが大きく、あまり積極的になれませんでした。

それでも、私たち自身の出来れば継続したいと言う強い氣持ち、続けて欲しいと言う方々の有り難い声、を真剣に考える内に、あるアイディアが浮かびました。

 

私たちお店にとって、皆様が実際にご来店くださり飲食を愉しんだり、アートをご購入くださったり、

ライヴやサローネに参加してくださったり、飲食やアートと言うモノ・サローネで愉しむコト、その対価としてお支払いくださるお金が支えになります。

そしてそこから、原材料を提供してくださるサプライヤーや、アーティストやミュージシャンや講師の方々へお支払いが出来て、はじめて「循環」が起こります。

 

この循環が永続的に行われることが、私たちお店はもちろん、そこで活動くださる方々への長いスパンでの支援となります。

 

もし私たちが「サポーターを募集する」のであれば、私たちのみならず、ここからの循環全体を支援してくださるサポーターを募集したい。そう考えるに至りました。

 

そのサポーター制度は次のような内容です。

ただし、ご支援が期限までに集まらなかった場合は、当初の予定通り9月末日に閉店せざるを得ません。

期限は、急に決心したことなので95日(月)まで】と言う大変短い期間となります。

これまでに一定額に到達しなかった場合は閉店となりますため、その場合ご支援金は全額返金致します。

どうか、「続けたい」と「続けて欲しい」の氣持ちが大きな結果を生み「心豊かな人生」の循環が広がり続けますように・・・。

皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。

 

2016815

Galleria Caffé U_U

民谷 直幹

愛希子



【1.サポーター
's チケット(一部プリペイド式のチケット)

・ご利用は継続が確定した日以降からご利用可能となります。

・あくまでもご支援いただく内容なので、大変申し訳ないことですが割引がないこと、払い戻しは致し

かねることを予めご了承くださいませ。

・循環が継続してゆくために、完全プリペイドではなく一部プリペイドという内容であり、ご来店の回数を積み重ねていただくというご支援が含まれています。

・特典としては、当店が発行する「U_U's LETTER」メールの配信、クローズドのパーティへのご参加権利、をご用意します。

・7サローネチケットは各サローネを知って体験していただくこと、その結果、ミュージシャンや講師の方々も循環の輪に入っていただけるよう、当店の7つのサローネを各1回ご利用いただけるものです。

freeサローネチケット(2万円以上のチケットに添付)のみ、アートご購入時にご利用出来ることとし、アーティストの方にも循環の輪に入っていただけるものです。

 

160815000

      すべて有効期限無し。無記名式(本人以外の使用も可能)。

     注1)1回あたりの使用枚数制限無し。

   例えば1回のご来店で10品ご注文→1,000円分として使用可能。

     注2)7サローネとは、当店で開催している7つのサローネ各1回ずつ使用可能なチケット。

    ライヴ→Tuesday Night Music Club
    (*Music Lovers Clubメンバーは併用不可。Jazz for Ladyに振替。)
     Jazz for Lady ※男性お一人でも参加可能とします。

     その他→中国茶品茶会、英米児童文学の愉しみ、Wine Lovers ClubExpress Yourself in English徳し人のすすめ

     注3)freeサローネとは、上記のどのサローネでもご利用可能なチケット。
   freeサローネチケットのみ、当店で20,000円以上のアートをご購入時にご利用可能。

ただし1度に使用できる枚数はご購入金額によって異なります。

20,000円~29,999円→2枚、30,000円~49,999円→3枚、50,000円~99,999円→5枚、
    100,000円以上→10枚)

 

【2.ご支援金】

ご遠方などの理由で、店には何度も通うことは出来ないのでチケットは不要だけれど、ご支援くださりたい方がいらっしゃれば、ご支援金のみも受け付けさせていただきます。

お礼として、当店が発行するレター「U_U's LETTER」メールを配信します。また、クローズドのパーティへのご参加権利を差し上げます。

金額・回数はご支援のお氣持ちに応じてお願い致します。

 

【お申込方法】

1.2ともにご支援いただける場合は、申込み用紙をご用意しておりますのでご記入いただけますようお願い致します。店内または[u_u_info]宛てのメールにて承ります。

サポーター’sチケット代金またはご支援金は、お振り込み、または、直接現金にて承ります。

お振り込み先はお申込時にお知らせ致します。

 

1、2ともに、お振り込みまたは現金での受付の期限は
95日(月)まで】となります。

 

以上

【翻訳家 谷口由美子の茶論トーク】 2016.8.30 「赤毛のアン」シリーズの著者 L.M.モンゴメリがプリンスエドワーズ島を舞台に書いたもうひとつの児童文学のお話

「大草原の小さな家」シリーズをはじめ、「赤毛のアン」、「若草物語」、「サウンド・オブ・ミュージック」など、多くの英米児童文学の翻訳をされている谷口 由美子さんにお越しいただき、それぞれの作品にまつわる魅力的なエピソードをお話いただくお茶会、
翻訳家 谷口由美子の茶(サロン)論トーク 英米児童文学の楽しみ

物語の世界と実際の原作者の生活との関係性や、
舞台化または映画化されるにあたって変更された部分やその理由などなど。

今でもその瑞々しい魅力を持ち続ける英米児童文学が、もっともっと読んでみたくなる♪
そんなお話に溢れるお茶会です。

大人の方はもちろん、これから英米児童文学に出会うお子さんにも参加して頂けたらと思います。
本日、8月30日 14:00 から、L.M.モンゴメリ作『パットの夢』を紹介いただきます。

この本は、「赤毛のアン」で日本でも人気の作家モンゴメリの「パット」シリーズの完結編にあたります。
「赤毛のアン」でも舞台となったプリンスエドワード島が舞台の小説で、パットシリーズでもそのうつくしい自然描写が随所に出てきます。
そのうつくしい風景を残したい!と願う主人公パットの物語。
その魅力をお伝えいただきます♪

お問い合わせまたはお申し込みは、03-3944-2356 ガレリア カフェ ユウにお電話いただくか、もしくは[u_u_info]宛てにメールにて、ご一報くださいませ♪

160830001

map500


【Tuesday Night Music Club】 2016.8.30 ピアノとベースのデュオによるクールでメロディアスなジャズライヴ

火曜日の夜の音楽のひととき♪
第一線で活躍されているミュージシャンによりますリヴィングルームスタイルのライヴ「Tuesday Night Music Club」♪

第一線で活躍中のミュージシャンに登場いただきまして、天然木材で囲まれた小さなスペースならではの臨場感溢れる演奏を、お好きなドリンクを飲みながら(もちろんフードもオーダーできます)お楽しみいただくライブです。
もちろん、当店はライヴ中も禁煙です。

8月30日(火)は、ピアニスト 堀 秀彰さん と、ベーシスト 増原 巖さん によるジャズ・セッションです。
ポップスのようにメロディーラインが活き活きしているジャズを生み出す堀さん。
クールなバンドサウンドを生み出す増原さん。
スタンダードナンバーにそれぞれのオリジナル曲も織り交ぜながら演奏される堀さんと増原さんのデュオライヴ。
堀さんの丁寧な曲解説によるジャズ・ナンバーへのエスコート。
そして、増原さんがリーダーを務めていたバンド「What's Up?」の曲のデュオ演奏など、堀さんと増原さんのデュオならではの演奏も愉しみなライヴです。
シンプルな構成にしてパーフェクトな組み合わせ!
ぜひ、美しい音のひとときを、完全生音の環境にてお楽しみください♪

開演は19:30より2ステージ(入れ替えなし)
開場は18:30からご入場頂けます。
MCは¥3,000(+オーダー)
テーブル席数は12
ご予約の方から優先してテーブル席をご用意させていただきます。

ライヴの詳細情報は下記をご覧ください。
お問い合わせまたはお申し込みは、03-3944-2356 カフェ ェ バール ユウにお電話いただくか、もしくは[u_u_info]宛てにメールにてお受けいたします。
ご予約の無い方でも、ご都合付きましたらぜひお立ち寄りくださいませ♪

また「Tuesday Night Music Club」をより楽しんでいただけますようにと、メンバーズカードをご用意致しました。
詳細はこちらをご覧ください。

TNMC Duo Header
130702000
map500

【Salone Report】 切り絵ワークショップ

本日は、Kiri-shi 長屋 明さんによります「切り絵ワークショップ」を開催いたしました。
ご参加くださいました皆さま、ありがとうございます。

道具はすべて長屋さんが使用しているものと同じものをお使い頂き、デザインは長屋さんの作品のデザインを少し優しくしたものを使用して行う切り絵ワークショップ。
今回のデザインは「金魚」でした。

160828001

まずは、長屋さんより、カッターの使い方、デザインから紙を切り抜くコツなどのレクチャーをいただいて、皆さん早速切り絵にチャレンジされました。

今回は小学生の方もチャレンジ。
小学生の方は少しやさしいデザインのものを、でもたくさん仕上げられました。
今回参加くださった皆さんも、ステキに切り絵を完成されていました。

ワークショップの最後に、長屋さんがポストイットでデモンストレーションを行ってくだいました。

160828002

こちらはチューリップ。
下絵なしでス ス ス っと仕上げられました。

参加くださった皆さまの今回の切り絵との出会いで、今後また新たな切り絵作家が現れるでしょうか?
皆さまの切り絵との愉しいお付き合いが始まると嬉しいです。

【切り絵ワークショップ】 2016.8.28 「奇跡の切り絵」 Kiri-Shi 長屋 明さんによります「切り絵ワークショップ」を開催いたします。

ガレリア カフェ ユウの8月の展示は、「奇跡の切り絵」のアーティスト Kiri-shi 長屋 明さんの個展です。
前回の個展の時に開催し、好評いただきました長屋 明さんによります「切り絵ワークショップ」。
8月の個展開催期間にも開催いたします。

8月28日(日)は、13:00から開催いたします。
参加費は、¥3,500+カフェ・オーダー。
定員は、10名です。
材料・道具はこちらでご用意いたします。
ワークショップへのご参加は、ご予約をいただきました方をご優先とさせていただきます。

お問い合わせまたはお申し込みは、03-3944-2356 ガレリア カフェ ユウにお電話いただくか、もしくは[u_u_info]宛てにメールにて、ご一報くださいませ♪

160828000
map500


営業スケジュール
今月の展示

「奇跡の切り絵」展
「紙を線にする男」 Kiri-shi 長屋 明さんの切り絵展。
Tuesday Night
Music Club

8月30日
出演:
  堀 秀彰(Pianoforte)
  増原 巖(Bass)
  Jazz

9月6日
出演:
 「大筒小筒」
  井出 慎二(Sax)
  岡部 量平(Percussions)
  Original

9月13日
出演:
 「Dos Sones de Corazones」
  Makoto(Vocal&Percussions)
  mucho(Guitar&Vocal)
  Cuban Roots Music

9月20日
出演:
  タイロン 橋本(Vocal&Guitar)
  橋本 啓一(Pianoforte)
  Afro American Music

Jazz for Lady

9月11日
出演:
 上杉 優(Trombone&Vocal)
 小泉 清人(Guitar)
  Jazz&Bossa Nova

Salone


8月30日(火)14:00

翻訳家谷口由美子の茶論トーク英米児童文学の楽しみ


9月2日(金)20:00

Express Yourself in English!


9月11日(日)19:00

ジャズ歴史講座


9月16日(金)20:00

Wine Lovers Club


9月17日(土)19:00

徳し人<うつくしびと>のすすめ


9月24日(土)19:00

馨華 中国茶品茶会

記事検索
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード