U_U 's blog

東京都文京区小日向のGalleria Caffe U_U(ユー)の日々を綴るblogです

【Salone Report】 Wine Lovers Club 2021.4.16

4月16日は、「いろんなワインを味わいたい/ワインのことをもう少し識りたい」方に向けて開催しております体感型ワイン・テイスティング講座、「Wine Lovers Club」を開催しました。
テイスティング下さいました皆さま、ありがとうございます♪

2021年1月より、「イタリア」の生産地域と葡萄品種の関係にフォーカスしたテーマでワインをセレクトして開催しております「Wine Lovers Club」。

アルプス山脈の南側から地中海に張り出した細長い地形のイタリアは、温暖で日照にも恵まれ、ブドウ栽培に適した環境であるため、国土のほとんどの地域で昔からワインが造られてきました
イタリアワインの魅力はなんと言ってもその多様性500種を超えると言われる土着品種に特化したり、国際品種を上手に取り入れながら、多様な気候と相まって土地の個性を表現したワインが生み出されています。

イタリアワイン産地を巡る旅の4箇所目は「アブルッツォ」を取り上げました。

210416004

アブルッツォ州は、イタリア半島中部に位置し、西にアペニン山脈を背負い、東はアドリア海に沿った比較的南北に長い州です。西はラツィオ州、南はモリーゼ州、北はマルケ州に接しています。
海あり、山ありと大自然いっぱいのアブルッツォ州はその3分の2が山岳地帯で、残りも丘陵地帯で、平地はわずか1%しかありません。
アブルッツォ州はアペニン山脈の最も険しい部分にあたり、グラン・サッソ山(2914m)やマイエッラ山(2795m)が堂々たる山容を見せています。

 アブルッツォ州は中央イタリアに位置していますが、1860年にイタリア王国に統一されるまではナポリ王国の領土であったため、歴史的にも文化的にもイタリア南部に近いと言えます。
ローマからの高速道路が整備されてからは、ウインター・スポーツを中心に観光客が訪れるようになり、ローマっ子のスキー場となっています。また、リゾートの“山派”にとっての避暑地ともなっています。

アブルッツォ州のブドウ畑は海と山に挟まれた丘陵地帯に広がっています。穏やかな気候の土地であることから、古代ローマ以前のエトルリア人によって始められたと言う古い葡萄栽培の歴史があります。DOC(G)ワインの生産は8.7%で、20州の5番目と少ないですが、だからといって、他の州よりも劣っているというわけではありません。

基本的に夏は暑く乾燥し、冬は温暖で雨が多い地中海性気候ですが、内陸部の標高の高いエリアは冷涼です。ただ、アドリア海から内陸に入るとすぐに丘陵地帯で、30〜50kmで山岳地帯となるため、ほとんどのブドウ畑は海と山の両方の影響を受けます。

アブルッツォ州はもともとブドウ栽培に適したテロワールのため、それほど努力しなくても良いブドウが栽培できました。多くはバルクワインとして州外に売りに出され、長年にわたり質より量を重視したブドウ栽培が行われてきたのです。

しかし近年は、自ら瓶詰めするドメーヌ型ワイナリーが増え、豊かな自然を背景に、テロワールを全面に打ち出したワインが造られるようになってきました。


州を代表するワインは、モンテプルチァーノ・ダブルッツォトレッビアーノ・ダブルッツォで、日本でも人気のワインです。
 アブルッツォ州のブドウ栽培面積のおよそ8割をモンテプルチャーノ種とトレッビアーノ種の2種が占めていますが、最近はペコリーノやパッセリーナといった固有品種の栽培が増えつつあり、それらから造られる単一品種のワインが注目されています。

今回はアブルッツォに滞在し、活動したドイツの現代美術家ヨーゼフ・ボイスが提唱したアブルッツォの自然を守る運動がきっかけとなってビオ、あるいはビオディナミでワイン生産を続けるワイナリーのひとつのワイン3種を取り上げました。


今回取り上げましたワインのノートは下記のとおりです。

210416001

210416002

210416003









【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.4.13 「東京鮮烈sess!on」 丹精(tap)&大里 健伍(gt.)&稲岡 吾郎(gt.)

4月13日は木質空間のリヴィングルームのようなガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」をまん延防止モードで開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日は、タップダンサーの 丹精 さんとギタリストの大里 健伍さん、そしてギタリストの稲岡 吾郎さんによるトリオ・ユニット「東京鮮烈sess!on」でした。

210413001

本場NYで得て、類稀なる音楽性をタップで表現するタップダンサー丹精さん、
Hiphop,Rock,Popsを中心にドラマや演劇の制作、演奏に引く手あまたのガットギター 健伍さん。
そして作曲やアレンジにも突出し、大物演歌歌手のステージにおいても大活躍中のジャズギタリスト 吾郎さん。
異才なるツインギターが織り成す色彩豊かなハーモニーとタップによる、鮮烈な鼓動、躍動、感動をテーマに、日々新たにステージを創り上げる異色ジャズバンド、それが「東京鮮烈sess!on」。

カフェ・ユーの木質空間に合わせて、今回吾郎さんは“アコースティックギター”での演奏となりました。

凝縮モードの今回のセッションでは、メンバーのオリジナル曲で構成。
丹精さんが健伍さんの協力のもと、バンドのために作曲された新曲「(仮)Zono」も演奏されました。

熱いセッションと和やかなトークが境目なく進行するステージング。
自由でありながら綿密に連携されていく演奏パフォーマンス。
それはまるで、言葉の会話、そして音の会話、ふたつの言語でのフリートークのよう。
まさにその場で生まれ続けている一期一会な「東京鮮烈sess!on」のステージ。


セッション中
今の世情において、丹精さんが感じ、そしてセッションを共に愉しむために集う方に伝えたいコトを語ってから演奏されたのは、2020年に丹精さんが日本の北から南、各地を単独ツアーした時のテーマ曲でもある「What Makes You Human」。
そして、“地球賛歌”のような壮大なパフォーマンスでの「Land Song」へと続いていきました。

 
本日も、来場くださいました皆さまにとともに、今だからこそ創られる一期一会な生演奏のステージをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪  

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
1. 梅雨入り宣言
2. Whistle by
3. (仮)Zono
4. What Makes You Human
5. Land Song

<Extra>
KANPAI

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.4.12 「あゆもにじん」 五十嵐 歩美(vn.)&マツモニカ(c-harm.)&長澤紀仁(gt.)

4月12日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント、「Tuesday Night Live」をまん延防止モードで開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴァイオリニストの五十嵐 歩美さん、クロマチックハーモニカ奏者の マツモニカさん とギタリストの 長澤 紀仁さんによりますトリオ・ユニット「あゆもにじん」です。

210412001

小さな音の楽器の代表格、アコースティックギターとクロマチック・ハーモニカ。
そして、小さいながらも大きな音が出せるヴァイオリン。
この3つの楽器がカフェ・ユーでは“生音”でバランスを取りながら、ブラジル音楽特有のリズムは長澤さんのギターで創り出し、そのリズムにのってクロマチック・ハーモニカとヴァイオリンがメロディーを分けあったり、ハモリあったり、ソロを三人で回しあったりと、「あゆもにじん」にしかできないブラジル音楽アンサンブルを奏でます。


オープニングはアントニオ・カルロス・ジョビンの「Triste」から。

今回のセットでは、ヴァイオリンをフューチャーしたバラード「Passa Por Mim」や、“偶数・奇数”という変わったタイトルのサンバソング「Par Impar」など、カフェ・ユーでの「あゆもにじん」では初となる選曲がいっぱい盛り込まれました。

そのひとつとして。
長澤さんが、映画が上映され、その曲が流れていた当時ではなく、
まったく時期の異なるときに、曲だけに出会って衝撃を受けた、
という日本の曲の長澤さんアレンジバージョンも初披露となりました。
もともとは「もにじん」用にアレンジしたもので、「あゆもにじん」での演奏は今回が初演とのこと。
その曲のオリジナルの良さをベースに、ブラジル音楽のテイストも加味されたステキなアレンジを、ヴァイオリンとクロマチックハーモニカとギターの見事なアンサンブルで愉しませてくださいました。


マツモニカさん、長澤さん、そして五十嵐さんのオリジナル曲も組み込んで、
うつくしい演奏と、愉しいトークで
限りある時間の中でも、たっぷりと愉しませてくださいました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、うつくしい曲をうつくしい演奏で、それも生音で、堪能するひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪   

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
1. Triste
2. Esperança No.1 (マツモニカさんオリジナル曲)
3. Passa Por Mim
4. Par Impar
5. Woman "Wの悲劇"より
6. Porta Bandeila (長澤 紀仁さんオリジナル曲)
7. 津軽 (五十嵐 歩美さんオリジナル曲)

<Extra>
Samba de Uma Nota Só

【Live Report】 Saturday Afternoon Live 2021.4.10 萱原 恵衣(vo.)&上長根 明子(pf.)

4月10日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Saturday Afternoon Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ヴォーカルの萱原 恵衣 さんとピアニストの上長根 明子さんです。

210410001

火曜日の夜に開催する予定でした萱原さんと上長根さんの生演奏。
今回は、土曜日のお昼間に時間を変更して開催となりました。

季節は春
青空広がる午後
場所はカフェ

そんなシチュエーションにぴったりの曲を選曲、演奏くださった午後。

オープニングは萱原さんのバードコール演奏から「Skylark」。

ボサノバの曲や、「Close To You」をサンバ調で歌ったりと、春の午後らしいアレンジがあったり。
カフェにちなんだ選曲があったり。

「世界は愛を求めている」、「そよ風の誘惑」、「恋よ、さようなら」といったタイトルで日本でもお馴染みの曲を取り上げたり。

甘いメロディ、とはうらはらなちょっとビターな歌詞の内容紹介も交えつつ、
ラジオ番組のプログラムのようなトークと演奏が続きます。
ただ、ラジオと違うのは、ナビゲーターとリスナーが同じ空間にいる、ということ。
リアルタイムでの交流が、生演奏とトークに彩を添えます。


セット中、上長根さんのピアノソロでは、このたび新たにリリースされるニューアルバムに収録されている上長根さんのオリジナル曲が演奏されました。
2ndセットの「Walking on air」は、そのアルバムリリースライヴのチラシをみて、お客さまが気になる、とリクエストされた曲。
こんな交流も“生演奏”ならでは。


今の時期
とても大切な通過儀礼を経験する機会を奪われる方もいらっしゃることでしょう。
卒業写真」を演奏されて、聴くことで、改めてその経験の貴重さを感じました。


そんなご時世ではありますが、
それでも“人生って 輝く太陽みたいにもなる”ものなんです。
ご機嫌に過ごすことができるんです。

なぜって?

リズムがある
音楽がある
愛する人もいる
他に何が必要?

アンコールとして演奏された曲「I Got Rhythm」の歌詞から、そんな元気をいただきました。


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、ステキな演奏とともに歌詞の世界をも味わう生演奏のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Skylark
2. Tangerine
3. Have You Never Been Mellow
4. Tea For Two
5. ポロポロ (上長根 明子さんオリジナル曲)
6. What the World Needs Now Is Love
7. One Note Samba
8. If I Had You
9. Close To You

<2nd Set>
1. In My Life
2. I'll Never Fall in Love Again
3. Honey Suckle Rose
4. I Wish You Love
5. Walking on air (上長根 明子さんオリジナル曲)
6. Calling You
7. 卒業写真
8. Like A Lover

<Extra>
I Got Rhythm

1st-5,2nd-5:pianoforte solo by 上長根 明子さん

【Live Report】 Tuesday Night Live 2021.4.6 堀 秀彰(pf.)&増原 巖(b.)

4月6日はリヴィングルームのような木質空間、ガレリア カフェ ユーで行う、第一線で活躍されているミュージシャンによります生演奏エンターテインメント「Tuesday Night Live」を開催致しました。
来場くださいました皆さま、ありがとうございます♪

本日出演くださいましたのは、ピアニストの 堀 秀彰 さんとベーシストの 増原 巖さんです。

210406001

堀さんと増原さんのカフェ・ユーでの生演奏では、いつしか「テーマ」を決めてセットを組むことが恒例となっております。

最初はテーマを秘して、そのオープニングとして演奏されたのは、先ごろpass awayされたチック・コリア、彼の1stアルバムに収録されている曲「Tones for Joan's Bones」でした。

となると、チック・コリア特集
はたまた、チック・コリアとゆかりの深い方特集

などと思いを巡らせていると、演奏が進むごとに「今回のテーマ」が姿を現し始めました。
それは・・・

今回のテーマは、セットを通じて「for somebody」、
“ある特定の人に捧げた曲名”ばかりを演奏する、でした。

堀さんがMCでおっしゃっるに、
今回のテーマに沿った選曲では、普段の堀さんリーダー生演奏では“選ぶことがない曲”が多かったそうです。

「“特定の誰かに捧げた”カタチのタイトル」ということで、選曲もモダンジャズからに留まらず、ラテンジャズ、ビバップの曲、と幅広くオンリストされていました。


堀さんのオリジナル曲からも2曲オンリスト。
ひとつは、堀さんがご自身の息子さんのために書いた「For My Little One」。
そしてもうひとつは、2020年春のパンデミックの時のエピソードがきっかけで作曲くださった「A Song For U_U」がオンリストしました。


今回の生演奏では、堀さんの「A Song For U_U」に応えるカタチで創作しましたイメージング・ハーブティをお披露目。来場くださった方にたくさんオーダーいただきました。ありがとうございます♪


アンコールには堀さんのオリジナル曲「For Our Children」。
次の世代にどんな日本を、どんな世界を渡したいだろう
という想いから生まれた堀さんのオリジナル曲。

音楽を直接肌で感じる機会
これは渡してあげたい
と、私は思います。

誰かのために想って何かを創る
そんな音楽のステキな一面を味わう生演奏


本日も、来場くださいました皆さまにとともに、「誰かのために創られたジャズ」の生演奏三昧のひとときをご一緒できて嬉しいです♪
ありがとうございます♪ 

♪♪♪♪♪♪♪ 本日のセットリスト ♪♪♪♪♪♪♪
<1st Set>
1. Tones for Joan's Bones
2. Waltz for Debby
3. Theme for Jobim
4. For My Little One (堀 秀彰さんオリジナル曲)
5. Blues for Alice

<2nd Set>
1. Song for Darnell
2. Song for My Father
3. A Song For U_U (堀 秀彰さんオリジナル曲)
4. Theme for Ernie
5. Mambo for Roy

<Extra>
For Our Children (堀 秀彰さんオリジナル曲)
アクセス&コンタクト
QRコード
QRコード